« 「謎解きはディナーのあとで」 | トップページ | “ふわふわ”の雪 »

2011/01/18

「イニシエーション・ラブ」

乾くるみさんの2004年刊の作品book。気になってたのをサクッと読んでみました。本文最後から2行目を読んだ瞬間、「んんんsign02」グルグルtyphoon記憶を手繰り寄せた結果、わたくし、またしてもヤラレてしまったわーッimpact(いっつもなんも考えないで読んでるからcoldsweats01sign01


乾さんのメフィスト賞(イロモノ好きなわたくし、結構注目してる賞なんですが)受賞作「Jの神話」のあまりのグロさsadに、この作品もなんとなーく避けてたんだけど、こりゃまた全然違った傾向だわねcoldsweats02


確かに途中ところどころ「なんかヘン…カナ…?」ってチラッと思う瞬間はあるんだけど、高いリーダビリティに、「ま、細かいことは気にしない、気にしない、次行こう、次ッsign03」ってガガッdashと読み進めちゃうのが著者の思うツボ、ズッポリハマってる敗因なわけで、たぶん普段から注意深ーくsearch文書を読んでる人は途中でちゃーんと気づくflairのかも知れないわね~wink


それにしても、読後「ワタシマケマシタワ」とガックリdownくるのと同時に、「やっぱオンナrougeって、恋愛においては100万枚ウワテupwardrightだわね」ってシミジミ思ったことです…think

|

« 「謎解きはディナーのあとで」 | トップページ | “ふわふわ”の雪 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/50623547

この記事へのトラックバック一覧です: 「イニシエーション・ラブ」:

« 「謎解きはディナーのあとで」 | トップページ | “ふわふわ”の雪 »