« 「蜜姫村」 | トップページ | 「お初の繭」 »

2011/01/05

「おそろし 三島屋変調百物語事始」

2発目もコワいハナシィィィィ~shock。しっかし、やっぱし宮部みゆきさん、お見事ですねぇgood。宮部流「百物語」、「聞き手は商家の若い娘、彼女の前に様々な語り手が現れて、一度に一話ずつ語ってゆく」って趣向ですbook


わたくしもしかすると、宮部さんの時代ものは初めてかも。こなれた口跡の、すっきりした語りは粋なカンジも漂っててステキheart02。一話一節の読み切りみたいなものかと思ってたら、五話一巻で一応落とし前みたいなものがつく形になってるようなのもまた手が込んでるのよね~。


そのうちの一話は、物語の聞き手であるおちかちゃんribbonのお話。おちかちゃんは、もともとは川崎宿の旅籠屋のお嬢さんだったのが、結婚話にからんで殺人事件impactがおき、それが元で江戸で袋物pouchを商うおじさん夫婦のもとに預けられる。このおちかちゃんの心の屈折が全体の物語の駆動力になってて、宮部さんの作品に特徴的な“特別な人”になってるわけです(わたくし、宮部作品のこの“特別な人”、好きなのよね~heart04)。


お話それぞれは、時代物の怪異譚らしい妖しさ、優しさ、哀しさ、情け深さが漂ってて、ほんとに“宮部流百物語”なのshine。だけど、そこは宮部流、単なる怪異譚じゃないのよね。人間の心の底の底を覗き込むような暗くて鋭い視線があるわけですcoldsweats02。第五話のクライマックスシーンで(お話の中に出てくる怪異の)屋敷の家守がおちかちゃんに言う「あんた、良助さんのことはどうでもいいんですか。」という言葉は、わたくしの胸にもぶすーーーーッsign03と突き刺さったワthunder。ああ、なんて人間ってテメー勝手な生きものなのかしら。わたくし、しばらく落ち込んじまったわよ…down


んで、この家守とおちかちゃんとの闘いはまだ終わってないようで、続きのお話があるようなのねsoon。次はどんな風にわたくしを落ち込ませてくれるのか、楽しみぃ~happy01、ってか、ちょっとコワいカモ…shock

|

« 「蜜姫村」 | トップページ | 「お初の繭」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
今年もよろしくお願いいたします。

私は宮部作品が大好きなのですが、時代物には手をつけていません。時代物ってなんとなく苦手な感じがして。
でも、かまど姫さんの記事を読むととても面白そうですね。チャレンジしてみようかな。

投稿: MUUSAN | 2011/01/06 15時35分

MUUSANさまbud

こちらこそ、よろしくお願いいたしますhappy01

私も、いわゆる本流(?)本格派(?)の時代小説というのはあまり読んだことはないのですがcoldsweats01、宮部さんのものは読み易かったです。

宮部さんのヒューマンな持ち味sunが時代ものでも、というか、だからそこより「粋な」かたちshineで表われてるように思います。カッコイイですcatface

私も、この「百物語」シリーズのほかの宮部時代ものも読んでみようかな~、と思い始めています。

投稿: かまど姫 | 2011/01/06 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/50503752

この記事へのトラックバック一覧です: 「おそろし 三島屋変調百物語事始」:

« 「蜜姫村」 | トップページ | 「お初の繭」 »