« 「砂漠の悪魔」 | トップページ | 「おそろし 三島屋変調百物語事始」 »

2011/01/03

「蜜姫村」

新年1発目はホラァァァ~shock。乾ルカさんの新刊book。いわゆる伝奇ものっぽいホラーなんだけど、イマイチだったワ…down


日本海側の小さな町からさらに山奥に入った“陸の孤島”と呼ばれる「密姫村」に住む村人だけに伝わる不思議な秘密secret。そこにヨソ者がやってきて…、っていうシチュエーション、わたくし大好きなのよねーcatface。たぶん、めちゃくちゃ風通しのよい北海道ではあまり味わえないものなので、なんとなーく引きつけられちゃうんだと思うの。


で、こういう系統では、坂東眞砂子さんの一連の伝奇もの(「死国」とか「狗神」あたりgood)が記憶に残ってるもんだから、やっぱり期待するところが大きかったのよねぇ。


「メグル」の中でもすっごく不思議なホラーテイストのものがあってshine、こういう作品が生まれるのも不思議じゃないんだけど、やっぱりラストはあったかいヒューマンな味sunが残るわけです。


とすると、グログロのゲロゲロtyphoonを期待していたわたくし的には、ちょっと肩すかし、っていうか、もの足らんってカンジなのよねdespair。後半、ちょっとエロっぽくも繊細な恋物語風heart01になるところが、たぶんこの村の始まりの因縁に呼応してるんだろうけど、それもきちんと細かい部分まで練られてるようには思えなくて(特にお優ちゃんが“下界”へ降りた後の生活の細々した描写が何かの伏線になってるのかってーとなってる風もない。もしかしてお優ちゃんのその後の生活が滞りなくできましたってことの説明なのかwobbly?)、クライマックスシーンもスウィートすぎてcakeどうにも意外性も納得度も低いんだわng


文体的には、ホラーちっくなシーンではかなりイイ雰囲気が出てるんだけどbell、そのちょっとタメのあるスローな語り口は逆に戦いシーンthunderには向いてないのよね。緊迫感が薄い。


う~ん、乾さん、わたくし文章の質は嫌いではないので、その個性により合致した作品を生み出してくれることを願うばかりですconfident

|

« 「砂漠の悪魔」 | トップページ | 「おそろし 三島屋変調百物語事始」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
新年ホラー…すてきです☆(o^-^o)
私も「人里から隔離された村」…ひかれます!
ただ非常にビビリなので実際には自分は行きたくないです(笑)
小説ではないのですが「サイレン」というゲームがこのような
話でかなり怖かったです。(しかも最後は…)
もちろん弟の横で見てましたが〜。

かまど姫さまは本を手に取るときに、何か参考にされるのですか?
それとも直感も??

投稿: 真霄もか | 2011/01/06 00時17分

もかさんsun

今年もお世話になりますsign01
よろしくお願いしますーhappy01

ホラー、実は私も映像モノはダメなんですよ~。コワすぎてshock。ホラー映画はゼッタイ観ませんcoldsweats01。マンガもダメ。でも小説だと、自分の想像力の範囲内でちっちゃく収められるので、好んで読んでますねーsmile

初めての作家さんの本は、新聞とか雑誌の書評で面白そうなのを選んで、ってのが一番多いかな?書店に行くのも好きなので、直感flairもあります。なので、結構ハズしてます…coldsweats01

投稿: かまど姫 | 2011/01/06 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/50483254

この記事へのトラックバック一覧です: 「蜜姫村」:

« 「砂漠の悪魔」 | トップページ | 「おそろし 三島屋変調百物語事始」 »