« 「洋菓子店コアンドル」 | トップページ | 後藤純男美術館 »

2011/02/26

札幌交響楽団 第536回 定期演奏会

Img080 いや~、ものすごーく久しぶりにナマを聴いたショスタコの5番、盛り上がりましたねーfuji。やっぱ、面白いわ~happy02


ショスタコーヴィチ「交響曲第5番二短調」。だいぶん昔、どのオケで聴いたのかも忘れたけど、なにを隠そう、わたくしに初めて「ナマオケクラシックっておもしれぇーッimpactsign01」と思わせてくれた記念碑的曲なのよねぇcatface。たぶん、初めて自発的に買ったシンフォニーのCDcdが、バーンスタイン指揮ニューヨークフィルのものだったと思う。あの、一度聴いたらしばらく耳から離れない最終楽章のテーマ、かなり好きheart02。やっぱ、パーカッションがいっぱい入る曲って、スナオにワクワクしちゃうわよねーnotes。今日は、第2楽章のそれぞれの主席のソロもスバラシかった~(ヴァイオリン伊藤さん、フルート森さん、クラリネット三瓶さん)good。スケルツォ、遊びゴコロっていうか、コジャレた歌い回し、ナイスぅ~note。「札響闘うコントラバス軍団punch」もめっちゃノリノリだったしッhappy01sign01だけど、第3楽章があんなに緊張感thunder漂うラルゴになるのも尾高さんならでは、でしょうかねぇcoldsweats01


前半の1曲目は武満徹「ハウ・スロー・ザ・ウィンド」。やっぱりわたくし、現代曲はニガテだけどsweat01、確かに微妙な陰影の変化は感じられた、と思いたい…weep。フルートセカンドの高橋聖純さん、マジよかったっすup。ヴィブラートをヘンにかけない、すぅぅぅーッとしていながら奥行きのある音色が曲の世界にぴたーッと合ってたんじゃないでしょうかshine


で、前半2曲目は、ソリストにミクローシュ・ペレーニ氏を迎えたショスタコーヴィチ「チェロ協奏曲第2番」。ペレーニさんは、お名前は知ってましたが実際に演奏を聴くのは初めてnew。ヒジョーに内省的な雰囲気で、音量は控えめだけど(オケの音がデカすぎね?ってとこもあったりsweat02)、名人芸の気迫と品格を感じましたfuji。うーむ、志ん朝の落語ってカンジjapanesetea?あれ、違うcoldsweats01?リズムセクションや管との緻密な掛け合いもドキドキものheart01で、隣の席のおぢさんの鼻息dashが荒くなるのもむべなるかなconfident。ペレーニさんは、カーテンコールの時も大きな体を丸めるようにして、ほとんど顔も上げずに四方に軽くお礼をしつつ、オケを持ち上げてくれる。舞台袖に去る歩みがやたら早くってrun、かなりシャイなお方とお見受けしましたhappy01。で、この曲でのホルン、ウマかったわ~good。今までわたくしが聴いた札響の演奏のうち、一番良かったカモtulip


で、最後は今回で札響をご卒業される打楽器奏者の真貝さんへ、今日一番大きな拍手。アットホームで暖かいKitaraでした~sun

|

« 「洋菓子店コアンドル」 | トップページ | 後藤純男美術館 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
話によると、土曜日の公演の方が、金曜よりかなりよかったようです(私が聴いたのは金曜日)。
チェロ・コンのホルン、本当にすばらしかったですね!

投稿: MUUSAN | 2011/02/27 09時03分

MUUSANさま、こんばんは~night

はい、土曜日は良い演奏だったと思いますshine。金曜がそれほど良くなかったとは信じられません。土曜のオーディエンスの絶賛ぶりは、前日からの飛躍的な進歩に対する称賛だったんでしょうかcoldsweats01

やっぱり、MUUSANさんもホルン、素晴らしいと思われました?よかった~happy01。私の耳も捨てたもんじゃないですねcatface

投稿: かまど姫 | 2011/02/27 22時06分

 お久しぶりですhappy01
 ブログは拝見させていただいてましたよ!

 札響ですね〜。
 去年の旭川公演、行きました。
 それ以来、ご無沙汰ですthink
 右と左の前!が空いており、コントラバス軍団を近くで?!と思いきや、その公演では彼らは左側だったと…。はずれ。
 

 今回も素敵な軍団(?!)だったんですねheart02
 私は不純な動機で札響に興味を抱きましたが(いや、それだけではないない)、それでもいいですよねcoldsweats01
 またのブログ、楽しみにしておりますcherryblossom

投稿: ぴーこ | 2011/03/04 20時41分

ぴーこさんsun
お久しぶりです~。
お元気でしたか~happy01

去年の旭川公演って、確か高関さん指揮でしたよね。高関さんって右左逆の配置にすることがあるみたいですね。ほんと、クヤシーッpoutsign01って感じですねーcoldsweats01。私も行きたかったんですが、平日の夜の方が却って行きづらかったりして。

わたくし思いますに、動機は不純な方が熱いと思いますsmile。ほんとに。そこから別の魅力もどんどん発見できるflairところがまたイイところだと思うんですよね~。

ご一緒に“不純なファン”で参りましょうッhappy02sign01

投稿: かまど姫 | 2011/03/04 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/50977638

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌交響楽団 第536回 定期演奏会:

» 札響第536回定期演奏会(A日程)を聴いて [読後充実度 84ppm のお話]
 2月25日19:00~、Kitara。 指揮は尾高忠明。チェロ独奏はミクローシ [続きを読む]

受信: 2011/02/28 05時50分

« 「洋菓子店コアンドル」 | トップページ | 後藤純男美術館 »