« 「大盛りワックス虫ボトル」 | トップページ | 「アリスの国の不思議?」 »

2011/05/25

「バロックの光と闇」

2001年出版の高階秀爾氏の著作book。20ン年前わたくしに絵画鑑賞の本当の面白さshineを教えてくれたのが、高階さんの「ルネサンスの光と闇」でした。似たようなタイトルだったもんだから速攻飛びついちゃいましたcoldsweats01


とはいえ、この本は小学館創立75周年記念出版「バッハ全集全15巻」に「バロックの美術」として掲載されたものをまとめたものなので、内容的には広く浅くカバーされているってカンジ。ちなみにこの「バッハ全集全15巻」は配本形式で全部集めると372、285円+税。おおーcoldsweats02、っと思ったら、5年前の創立70周年記念の「モーツァルト全集全15巻+別巻1」は434、944円+税だった…sweat02。まぁ、全曲聴けるCDcd付きならお安いもんか。


“バロック”と言えば、やっぱバティカンのサン・ピエトロ大聖堂fujiを思い浮かべるわけで、あの吐き気すら催す盛りまくりtyphoonの建築、彫刻が特徴よねー。でもわたくしキライじゃない、ってか、ハッキリ言って好きheart01(実際に大聖堂を見た時は、あまりの豪華絢爛shineぶりにだんだんハラ立ってきたケドcoldsweats01)。


いくつかあるバロック美術の特徴のひとつに「光の扱い」と「神性と俗性の融合」というのがあるのね。この時期、ガリレオの地動説など科学上の発見flairもあったりして、自然主義の萌芽が生まれ、価値観の大転換が起きた。芸術もそういう時代精神と無縁ではいられないわけで、ヨーロッパでもカトリックの影響が少ない地域では写実的な絵画artが好まれたのね。


そんな国のひとつであるオランダ、光と闇の巨匠レンブラントの作品「病者の治癒」におけるキリストの描き方についての高階さんの指摘にチョー納得confident。『中央のキリストが光を発すると同時に、画面の外からの光も取り入れられていて、キリストの向かって右手にひざまずいて両手を合わせる女の影がキリストの衣裳の上に映っているのが認められる。神であるとともに地上的存在でもあるイエスの本性を見事に表現した造形的手法であると言うべきであろう。


そしてバロックの落とし子、ロココcute。ドイツのロココ建築がこれほどカワユイribbonことになってたとは全然知らなかったワ~coldsweats02。ご当地フランスよりも断然カワイイじゃんnote。しかもそれが教会建築だっつーところが、質実剛健イメージのドイツには合わんなぁとsweat01


いや~、それにしてもやっぱり古今東西、宗教のチカラpunchってスゴすぎだわーimpact

|

« 「大盛りワックス虫ボトル」 | トップページ | 「アリスの国の不思議?」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/51767683

この記事へのトラックバック一覧です: 「バロックの光と闇」:

« 「大盛りワックス虫ボトル」 | トップページ | 「アリスの国の不思議?」 »