« 五稜郭公園の藤棚 | トップページ | 「カラヴァッジョ 灼熱の生涯」 »

2011/06/13

「劇的?やりすぎ?バロックって何だ?!」(09年11月22日放映)

<バロック>つながりで、NHK教育「日曜美術館」tv。またもや1年以上前に録画して放置プレーだったビデオをひっぱり出しましたcoldsweats01


いや~、ゲストの青山学院大学教授・福岡伸一先生、めちゃカッコイイわ~lovely。分子生物学者である福岡先生の、クレヴァーなしゃべりshine、感覚的な領域にある美術作品artへの科学的で明確な解釈pencilは、MCkaraokeの姜尚中さんとタイはるスマートさッsign01こういう芸術関係の専門家じゃないところの科学者の解釈って、まったく違う視点から作品を照射flairするもので、ほんとーに視野が広がる感じがするのよねfuji。スバラシーsign01bell


これと似たようなことは、ミケランジェロとベルニーニの「ダビデ像」の造形を比較した金沢医科大学教授の篠原治道先生のコメントにも言えてるgood。解剖学が専門の篠原先生はミケランジェロのダビデ像の筋肉を観察してeye、緊張する「胸鎖乳突筋」(首筋)の上に「外頚静脈」が浮いているという部分を指し、ダビデの内面における精神の非常な緊張thunderをバシッimpactっと指摘するわけ。スゲーcatface。それに目をつける篠原先生もスゴけりゃ、そんな表現をシッカリしてるミケランジェロもスゲーcatface。篠原先生は、ベルニーニがダビデに石を入れる袋pouchを持たせ、その足下の竪琴noteから、鑑賞者が一目で何が表現されているかわかるように作品を制作していることを指摘。それって劇場的であるバロックの特性そのもの。それと比較してミケ・ダビデは、彫刻家の意図のみ表現された作品であると。するどーッcoldsweats02sign03


この2体の作品に対する福岡先生のコメントもまたステキなのよね~lovely。はぁ~、エクセレント~heart04。しかし、もっとも愛する画家のひとりがフェルメールってのはフツーだナgawk。ま、その理由がこれまたマーヴェラスdiamondなんだけどサー。チッsign01


それにしても、ルネサンスとの比較でいうと、音楽と絵画、建築はバロックの方がオモシロいのに、彫刻はルネサンスの方が奥深くてよろしい、ってカンジになっちゃうのが不思議よね~typhoon。性格的にバロックなわたくしはcoldsweats01、円満で調和的なルネサンスsunにアコガレるheart02、ってとこかしら~catface

|

« 五稜郭公園の藤棚 | トップページ | 「カラヴァッジョ 灼熱の生涯」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/51936953

この記事へのトラックバック一覧です: 「劇的?やりすぎ?バロックって何だ?!」(09年11月22日放映):

« 五稜郭公園の藤棚 | トップページ | 「カラヴァッジョ 灼熱の生涯」 »