« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011/07/29

「天平の阿修羅再び 松永忠興の仕事」

フリーの編集者、関橋眞理氏編集の本book。すごく興味深い内容のはずなんだけど、なんだか編集の仕方が良くないのか、100%そのおもしろさが伝わってこないカンジdown。もどかしぃ~bearing


松永氏は東京芸大の彫刻科を卒業して美術院で40年間に渡り国宝仏を修理、模造をしてきた人。浄土寺の阿弥陀三尊像や興福寺の阿修羅立像などを手がけてきたそう。周りの人の話では、すごーく頑固な人らしい。職人らしいと言えば職人らしいけど、注文主の意向にそぐわないこともしたらしい(模造作品について古色をつけるのを拒否したが、最終的にはこれもアリか、ってことになったらしいけど)ので、やっぱり単なる職人じゃないのよねー。それなのに自分のわずかな経験の中でそんなこと(自分の我)を言うのは職人ではない。職人の世界とはそういうもので、芸術家とは違うんです。だからまた、そこが誇らしいところです。注文に応じたものを造れるわけだから、よっぽど技術がないと造れないですよ。それが技なんです。技の修練というものです。』なんてちゃっかり言っちゃってるし…。どっちなんだよannoy


しかしやっぱり、一級の芸術品にはあこがれる。円成寺の運慶作、大日如来座像についてはこのように。そうです、美術院ではこの像からレーザーで計測を始めたんです。だから像の各部の正格な数値は楽に出せた。でもこの像は、計測では測れないものを秘めていて、それは運慶さんの芸術的表現ですね。』なんせ、芸大の彫刻科ご出身ですからねshine


でも、芸術品としてだけでなく、祈る対象である仏像の本質に迫る仏師の姿勢について語る松永氏の言葉は、はやり修復士ならではの重たいお言葉なのよね。平等院・雲中供養菩薩像(もー、コレ、ちょーラブリーでわたくしダイスキーッheart04sign01)について。『見える、見えないには関係ないんです。やっぱり荘厳していくわけですから。仏像を形に表していくとき、裏側は見えないからという発想がまったくない。荘厳が省略される箇所が多くなるのは江戸時代くらいからです。』江戸人、合理的すぎて手ぇ抜きました…sweat02。(荘厳とは、仏像や仏堂を、天蓋・幢幡(どうばん)・瓔珞(ようらく)などでおごそかに飾ることshine。)


あと興味深かったのは、模造に彩色する日本画家さんのお話。今でも日本は古典材料の入手に事欠かない国で、本当に古墳時代から連綿と使われていた絵の具が、まだ絵具屋で普通に買えるんです。日本画界、すげぇgood


ってなカンジで、わたくし、勝手に「リ編集」いたしました。フフフーcatface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/23

「サウンド・コントロール」

作曲家・指揮者である伊東乾氏著book。サブタイトルは「「声」の支配を断ち切って」。古今東西、権力者による「声」の支配が如何に行われてきたか、その仕組みを解き明かしpencil、裏テーマに「裁判員裁判」に対する危惧を据えたヒジョーに興味深い本bell


もともとは、日本人が西洋音楽notesをやることについて、欧米人からの“軽蔑的批判”を退けるために、彼らですら理解してない、その精神の根元を探るsearchところからスタートしているため、ものすごい執念bombを感じるのよね。その守備範囲は古代ギリシア時代から現代まで、キリスト教の教義から日本の連如まで縦横無尽on。しかも大学時代の専攻が物理学だけあって、実証的なフィールドワークを伴った論考には説得力があるpunch。なんだか大学の教養のコマを取ってるみたい。まぁ、伊東さんに言わせれば、大学出てんならこれぐらい知っとけsign01ってレベルかも知れないケドsweat01


著者の両親が戦争で苛烈な体験をしていること、「地下鉄サリン事件」の加害者の一人が大学&大学院時代の親しい友人で死刑判決が下ったことなどが背景となって、「生命」に対する深い思考がこの作品の根底には横たわっているんだけど、どちらも権力者である「国」によって一個人の生命が危機にさらされる、あるいは「合法的に」奪われる、ということに、わたくしたちはもっと注意深くあらねばならないと警告してますdanger。よく考えろ、と。


ルワンダで行われたジェノサイド、ソクラテスに毒杯をあおらせた民衆裁判、キリスト教を利用してローマ帝国の全てを掌握した高級官僚にして司教のアンブロジウス、猿楽を演じて真宗の教えを強力に広めた連如、江戸時代の「裁き」。その「場」である建築物(メディア)を、ひとの精神に影響を与える「装置」としてとらえ、そのからくりを具体的に提示している。いずれも「声」によって民衆を思考停止に追いやるものだと。いや~、ほんとに今まで何気なく見てたキリスト教の協会内部や、銀閣寺の庭(ダイスキheart02)、時代劇でよく見るお白洲は、実はものすごくよく考えられた洗脳装置だったわけねーcoldsweats02。これで函館の復元された奉行所を見に行く楽しみも増えたってもんねwink。…って、そんなカルイ話でもないかcoldsweats01


以上をふまえ、様々な演出が加えられる「声」の洗脳を脱するためには、一度テキストmemoにして黙考する必要がある。そのテキストに、思考錯誤しながら自ら「息を吹き込む作業」が必要なんである、と。でもそこまで行くにもかなりの知的レベルが要求されると思うんだけどねwobbly


しかしこの伊東さん、「衆愚」ってワードがお好きらしく結構「上から目線」eyeなのが気になるbearing。そのくせ死刑確定の友人との話になると、急にベッチャリ湿っちゃうrainとこが、どーにもちょっと居心地がワルいのよねーdowndown

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/18

「ロマンス」

柳広司氏著。昭和8年の日本、華族の世界を舞台にした小説book。なんだかなーgawk、が正直なトコロ。


主人公は、ロシア人の血を引く眉目秀麗な子爵(若い男)drama。なかなかに複雑な生い立ちに加えて、かなわぬ恋の痛手heart03も重なってものすごーくニヒルな、っつか、わたくし的にはひとっつも魅力が感じられない人物down。だいだい、「華族の苦悩」とか言われたって、庶民のわたくしには「は??」だし。虚無感に浸ってるヒマがあんなら、労働しろっつーのッsign01汗かきながら農業しろッsign03


ってなことはとりあえず置いといてcoldsweats01、昭和初期の有閑華族の退廃的な雰囲気やら、脳にあんまり血が行ってない華族のご子息、ご息女たちの共産思想かぶれの様子、暴走の予感をはらんだ軍隊の気持ち悪さなんかがこの作品の通奏低音になってて、そこいらへんはよく描けてるな~ってカンジなんだけど、それが主人公の虚無感newmoonとからまって、もー、思いっきりどよ~ん感満載cloud


ただ、主人公が、自分の苦悩の元凶であるところのものを破壊しようと思い詰め、準備をしていくあたりの、静かに狂ってくカンジはちょっと良かったかなgood。ミステリー色はほとんどないので、このまま狂って破滅の道を突き進むっつー文芸ものの王道を行った方がまだ良かったような気がするthink


ま、いずれにしろ、なんで今、こういう作品なのか、全ッ然わからん…sweat02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/13

札幌交響楽団函館公演

Img103 昨夜、函館市民会館にて開催された創立50周年記念の地方公演note。しかしッsign01な、なんとッ、わたくしお気に入りheart02のコントラバス主席、助川さんがいなくてガックシ…downdowncrying。でもわたくし地方公演は初めてだったんだけど、札響は地方でも全然手ぇ抜いてないことがわかってうれしかったナーhappy01


Kitaraに慣れきった耳earには、確かに音響は全然よくないweep。音が目的なくもわっと広がるカンジ(エアコンの利きが悪いのか空気ももわっとしてたsweat02)で残響はほとんどナシng。ばしゅッと音が切れちゃうhairsalon。マエストロ尾高のヂゴクのピアニシモもここではKitaraほどの緊張感はない。でもなんつーか、地方公演ならではのおおらかさsunっつーかそんなカンジが逆に好ましいかもconfident


オールチャイコプログラムの1曲目。『ヴァイオリン協奏曲 ニ長調』。ソリストは松田理奈さん。スティール写真cameraが、「なんか勘違いしてね?」ってなカンジで、「なんだかなぁ~」なんて思っちゃったせいもあったか、演奏の方もなんだか可もなく不可もなくザンネンな印象down。ただならぬ演奏家がシバシバ迸らせるsweat01天才のキラメキshineみたいなもんも全然感じられなかったbearing。NPO法人から貸与されているとかいうGuadagniniも鳴らし切ってる感がなかったしdespair。オケとのバランスにおいても札響の方が格上upwardright。でも演奏後、コンマスの伊藤さんがめちゃくちゃ満面の笑顔happy02だったのは…catface


2曲目は『交響曲第4番 ヘ短調』。これは去年の定演でも演奏してましたね。あいかわらずクラリネット主席三瓶さん、いい仕事してますねぇbell。席が比較的ステージに近かったせいか、地方公演のオープンさも手伝ってとってもダイナミックで大迫力の熱演でしたnotes。パーカッションチームが若返ってシンバル炸裂impact。わたくしの前に座ってたおばちゃんが、第4楽章冒頭で(文字通り)飛び上がってマシタdash。油断したなsmile


会場の雰囲気chickのせいもあり、どことなくKitaraでの定演よりは張りつめきった緊張感の少ないおおらかな演奏に感じたけど、音楽自体は、ヨーロッパ武者修行公演airplaneを終えてさらにオケ内部の密度が高くなったようですねdiamond。いや~、ぜひステキな音響のKitaraでじっくり聴いてみたいもんですconfident

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/11

「ハタラクオトメ」

最近のわたくしのお気に入り作家さんbell、桂望実さんの新刊book


弱小腕時計watchメーカーに勤務するOLたちが、なーんも考えてないとおぼしき取締役の思いつきで出来た女性rougeだけのプロジェクトチームで、苦労しつつ新商品を企画して、商品化に成功するまでの物語。予定通りのプチサクセスストーリーながら、ヘンに盛り上げたりせずに、じんわり感動heart02させる手腕は桂さんならではの味だわね~good


チームメンバーは、総務や営業など“シロート”の6人。ヒロインの北島真也子、157センチ100キロ、明るいデブキャラのココロの声がとっても素直で笑えるhappy01。そのほかのメンバーもそれぞれ個性的で、特に若いコたちribbonの描写がとってもカワユイcute。でもわたくしの一番のお気に入りは、ラッパーさん。歌うようにしゃべる宣伝部員だから“ラッパー”notes。チームの精神的支柱となる前向きな先輩なんだけど、さすがは宣伝部員、社内プレゼンの場ではデータの裏付けで説得力を持たせてくれて、頼りになるぅ~catface


この作品の中では、カッコイイshineのは女子ばかりで、唯一シッカリしてる男子が工場の町村さんのみclub。まー、現実世界でも仕事するスタンスが「カッコイイ~lovely」って思えるオトコはまずお目にかかんないもんねぇsmile。ここでも、わけのわからん社内根回しtyphoonが描かれてて、そこが「日経ビジネス Associe」に連載されてた(あるイミ)弱みかな~、なんて思っちゃうのよねーcoldsweats01


わたくし、ハタラクオトメの一員として、この一番クダラないdownのに一番労力を注がなければならないdowndown「社内営業」っつーものを思いっきりブッ壊すimpactpunch小説を読みたいわーthunder。スカーッとしたいのよ、スカーッとッsign01ハァハァ…dash。あら、タマリ過ぎsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/01

「やさしいダンテ《神曲》」

作家、阿刀田高さん著book。ヘタレなわたくし、詩歌を読むのがチョー苦手sweat02なので、もとより原典(っていうか、翻訳したやつ)を読む気はサラサラないわけで、手っとり早くさらっちゃえーっってカンジでcoldsweats01


後のヨーロッパ芸術に多大な影響を与えたといわれてる「神曲」、断片的な知識しかなかったんだけど、この本でよーッくわかりましたsign01すなわち、21世紀に生きる凡人である日本人のわたくしには、その神髄は全ッ然わかんないッbearing、ってことをpunchimpact


そりゃ~そ~だわよね~、1300年代に生きたイタリア人の識者が、徹底的にキリスト教の世界観で歌った死後の世界が描かれてるんだもん…。当時、ダンテさんが置かれてたフィレンツェでの政治的立場やら、彼が心酔する神学者・政治家・キリスト者の著名人やら、ローマ・ギリシャ神話やら、とにかくそういった背景を熟知してないと、なにひとつ読み解くことができないのよ~typhoon


しかも、今キリスト教信者じゃない人間が読むと、「なーんかヘーンなのーcoldsweats02」ってなっちゃう。キリスト以前の人たちは全部「地獄」の入り口に放り込まれてる(つまりキリスト教信者以外は全部ダメダメng、なわけ)のに、ダンテの案内人はキリスト以前のウェルギリウスで、地獄でダンテくんが迷ったりすると、アリストテレスの言葉を思い出せsign01とか言う。アリストテレスって古代ギリシャの哲学者じゃん。なんでーsign02


だけど、「地獄」におけるいろんなゲロゲロ、グログロ的描写thunderはかなりスゴくて、作者ダンテの卓越した想像力と創造力が伺われるわけで、傑作と言われる要素のひとつなんだろうなぁ。わたくしが14世紀の読者だったら、もー、恐ろしすぎてshock、ゼッタイ生活態度変えるッsign03それにひきかえ、「天国」の描写は、ホントーにスバラシいトコロなんだろーなー…fuji、とは思うものの、イマイチピンflairと来ない。これでもかこれでもか、と繰り出される光輝くshineshine魂の描写に、なんかだんだん、飽きてくるgawk。…あぁ、こんなことを思ってる段階でわたくし、速攻「地獄」に付き落とされるんだろうなぁdownbomb。ただ、ちょっと心に残った一文があって、それは「天国」でのアダムが言ったこと。『人間の理性が創り出すものなんか天体の動きに左右され、長続きするものではない。


ま、そんなこんなで傑作「神曲」はわたくしが立ち向かえる作品じゃあない、ということはわかったんだけど、面白いのはこのダンテくん、狭い世俗世界の(フィレンツェの政治的な)ことでぐぢぐぢぐぢぐぢグチってたりdespair、「地獄」のあまりの恐ろしさに何回も気を失ったりbearing、聖女とも崇める最愛のベアトリーチェちゃんribbonにメロメロだったりlovely、結構ナサケナいオトコなのよね~chick。それなのに、なにゆえ神の寵愛heart02を受けて生きながらに死後の世界巡りshoeができたのかッsign02…ナゾだ…snail

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »