« 「ハタラクオトメ」 | トップページ | 「ロマンス」 »

2011/07/13

札幌交響楽団函館公演

Img103 昨夜、函館市民会館にて開催された創立50周年記念の地方公演note。しかしッsign01な、なんとッ、わたくしお気に入りheart02のコントラバス主席、助川さんがいなくてガックシ…downdowncrying。でもわたくし地方公演は初めてだったんだけど、札響は地方でも全然手ぇ抜いてないことがわかってうれしかったナーhappy01


Kitaraに慣れきった耳earには、確かに音響は全然よくないweep。音が目的なくもわっと広がるカンジ(エアコンの利きが悪いのか空気ももわっとしてたsweat02)で残響はほとんどナシng。ばしゅッと音が切れちゃうhairsalon。マエストロ尾高のヂゴクのピアニシモもここではKitaraほどの緊張感はない。でもなんつーか、地方公演ならではのおおらかさsunっつーかそんなカンジが逆に好ましいかもconfident


オールチャイコプログラムの1曲目。『ヴァイオリン協奏曲 ニ長調』。ソリストは松田理奈さん。スティール写真cameraが、「なんか勘違いしてね?」ってなカンジで、「なんだかなぁ~」なんて思っちゃったせいもあったか、演奏の方もなんだか可もなく不可もなくザンネンな印象down。ただならぬ演奏家がシバシバ迸らせるsweat01天才のキラメキshineみたいなもんも全然感じられなかったbearing。NPO法人から貸与されているとかいうGuadagniniも鳴らし切ってる感がなかったしdespair。オケとのバランスにおいても札響の方が格上upwardright。でも演奏後、コンマスの伊藤さんがめちゃくちゃ満面の笑顔happy02だったのは…catface


2曲目は『交響曲第4番 ヘ短調』。これは去年の定演でも演奏してましたね。あいかわらずクラリネット主席三瓶さん、いい仕事してますねぇbell。席が比較的ステージに近かったせいか、地方公演のオープンさも手伝ってとってもダイナミックで大迫力の熱演でしたnotes。パーカッションチームが若返ってシンバル炸裂impact。わたくしの前に座ってたおばちゃんが、第4楽章冒頭で(文字通り)飛び上がってマシタdash。油断したなsmile


会場の雰囲気chickのせいもあり、どことなくKitaraでの定演よりは張りつめきった緊張感の少ないおおらかな演奏に感じたけど、音楽自体は、ヨーロッパ武者修行公演airplaneを終えてさらにオケ内部の密度が高くなったようですねdiamond。いや~、ぜひステキな音響のKitaraでじっくり聴いてみたいもんですconfident

|

« 「ハタラクオトメ」 | トップページ | 「ロマンス」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

確かに私たちはKitaraの音に当たり前のように「甘えてる」のかもしれないですね。私が学生の頃に定演をやっていた北海道厚生年金会館(いまや、お・値段以上ホール)は、けっこう響きが悪いホールだったなぁ。

今年3月の札響東京公演でも、サントリーホールの音が良くないと感じるほど、Kitaraは別格なんですね。

投稿: MUUSAN | 2011/07/14 09時12分

MUUSANさま、こんばんは~night

ほんとに、Kitaraはクラシックのホールとして絶妙な音響を誇るホールだと思いますnote。残響がなくてもありすぎても良くないですしねng

たぶんこの絶妙な音響が、繊細な音作りへの緊張感を生む要因で、札響にとっては最高の訓練装置になってるんだと思います。恵まれたことですよねーshine

ということで、札幌及び近辺にお住いの皆様には、Kitaraには毎度感謝しながら足shoeを踏み入れていただきたいと思いますsmile

投稿: かまど姫 | 2011/07/14 23時57分

 お久しぶりですlovely
 まずの第一声が、助川さん不在「えっ!?」でした。
 そういうこともあるのですね〜。
 コントラバス軍団の皆様はいかがでしたか?

 私はkitaraで札響の演奏を聴いた事がないのですよ。
 深川、旭川と聴きましたが、kitara、いいんでしょうねheart03いつかの楽しみに…。

 さて、先日、NHKにて、札響50周年番組を録画して観ました、こちらもカメラアングルを含め、興味深かったです。

投稿: ぴーこ | 2011/08/15 18時56分

ぴーこさんsun

お久しぶりです~happy01

そぉーなんですよdown。目を皿にして探してみたんですが、コントラバス軍団の並びもKitaraとは前後入れ替わっていたりして、地方公演は違うんだな~、と思いましたthink。ひょっとしたら助川さん、ソロ活動していらしたかも知れませんねwink

もしかすると、私、その番組tvの最後の最後だけ偶然見たかもしれませんflair。やたら管の人々がクローズアップされていませんでした?50周年の記念番組だったんですね。最初から見たかったなぁ~weep

ぜひぜひ、Kitaraで一度聴いてみてください。スバラシいですよ~shineshine

投稿: かまど姫 | 2011/08/15 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/52198527

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌交響楽団函館公演:

« 「ハタラクオトメ」 | トップページ | 「ロマンス」 »