« 「月夜にランタン」 | トップページ | 「暗い鏡の中に」 »

2011/11/09

「ばらばら死体の夜」

直木賞作家、桜庭一樹氏著book。桜庭さんの作品は初めて読んだけど、なかなか面白いワーfuji


とってもミステリアスmistなプロローグから始まった時は、「ムムッ?これはわたくしが理解できないセカイ?despair」って思ったけど、読み進むに従って、独特の語り口が「センスいいかもーflair」、に変わりましたねup


登場人物の語りが交互に章立てて記述penされるんだけど、女の方は初め、よくわからない人物として現れていたのが、だんだんとその背景がわかってくるにつれて、底の浅さが割れてくる。逆に男の方は、得体の知れなさがどんどん深まって行き、どこまでもズブズブ埋まっていくtyphoon。このあたりの描き方、センスいいなぁgood


ダークな世界の中での適度な滑稽さ、これも極めて現代的な雰囲気で、イイですねぇshine


テーマ的にはありふれたものではあるんだけど、こうやってグイグイdash読ませるところがこの筆者の非凡さ。これってそう簡単に出来ることじゃないからなぁconfident。ナイスですワ~diamond

|

« 「月夜にランタン」 | トップページ | 「暗い鏡の中に」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/53204748

この記事へのトラックバック一覧です: 「ばらばら死体の夜」:

« 「月夜にランタン」 | トップページ | 「暗い鏡の中に」 »