« ピーベリー | トップページ | NHKスペシャル (11月27日放映) »

2011/11/25

「マザーズ」

金原ひとみさんの新刊book。金原さんは初読ですが、もしかして、これ、すッごい傑作shineじゃないでしょうか?


マザーズ。ひとりはクスリをやめられないブっ飛んでるimpact小説家ユカ。ひとりは生真面目なあまり我が子を虐待thunderしてしまう涼子。もうひとりはモデルの仕事をしながら不倫中kissmarkの五月。それぞれ、子供への想いを中心として、夫との関係、親や友人(+愛人)、仕事をめぐる環境は異なりながら、一生懸命に生きていく女たちdiamond。これほどまでに「おんな性」を、媚びることなく描いたpen小説は読んだことがないup


「おんな性」、しかも「子どもを産み、育てる」ということは、美しいばかりじゃないドロドロ、グログロ、ゲロゲロtyphoonなことがたんまりある(んでしょう、わたくし、知りませんがcoldsweats01。)ところを、これでもかッsign01これでもかッsign03と描写しながら、あるいはまた、彼女たちの複雑な想いをそのままグルグルrecycleと描きながら、なぜか、すっごく潔いっていうか、スッパリしてるwaveっていうか、筆致がヒジョーに冷静で地頭の良さshineを感じさせて、とにかくものすごく読後感がいいのよ~good。金原さん、すっごくイイオンナなんだろーなー、って思うconfident


大江健三郎氏は「長編小説には愛と未来への光がなければならない」と言ってるけど、この作品、まさにそれflair。母と子の間のとんでもなく大きな密度が、そのままこの小説の特性になってて、途中、ユカがラリっちまうシーン、涼子が虐待に走るシーン、五月が子どもを失うシーン、それぞれの転機となる場面では特にもう息詰まって、苦しくなって、はぁはぁしながら読まざるを得ないbearing。それなのに、ちゃんとそれぞれのラストには、その転機を経て未来への小さな光が確実に見えて来てるのねbell


ほんと金原さん、タダモンではないですよsun。別に文壇のオッサンたちに可愛がられなくたっていいじゃんbleah。タダのオッサンは、タダモンではないオンナは大嫌いなんだからsmile


さてと、文庫になったら永久保存版にしよーっとtulip(これ以上ハードカバーは増やせないから…weep)。

|

« ピーベリー | トップページ | NHKスペシャル (11月27日放映) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/53333411

この記事へのトラックバック一覧です: 「マザーズ」:

« ピーベリー | トップページ | NHKスペシャル (11月27日放映) »