« 「高台の家」 | トップページ | 「ドアラのひみつ」 »

2011/12/29

「第三の女」(2011年12月2日放映)

ぎゃ~、ラストシーン、イタすぎ~~~~shock。敬愛する作家、夏樹静子さんの作家40年記念の2ドラtv


主演の村上弘明さんが、2ドラ常連の輝く美女優さんたちrougeと繰り広げるミステリーmist。やっぱり夏樹静子作品は面白いワ~happy02。しかしッsign01この作品、演出センスイマイチっつーか、何かヘンdown


その最たるものがラストシーンthunder。物語の冒頭とリンクするパリのお洒落なカフェcafeで待ち合わせる二人、村上さんと菊川怜さん。村上さんの不自然な黒メガネeyeglassと、顔のデカいimpact菊川さんのバカデカイ帽子。そんなバランスの悪いふたりがムードたっぷりheart01に片手を持ち上げて挨拶しあうpaper…ところにフレンチジャズ(?)が流れ………って、パリのカフェで東洋人が何もったいぶってカッコつけとんじゃ……sweat02な、もう思いっきりこっぱずかしい演出sweat01。二人の背景にいたカフェの客役の男性が口元を隠してるのは、きっと笑いを隠すために違いないsmile


村上さんの、「パリの妖しい一夜heart02の女kissmark」を我を忘れるくらいに追い求める姿は、オトコのバカさ加減を滑稽に表現していてカワイイくらいchick。村上さんってかなり不器用な役者さんのようだけど、その無骨さがいいのかもね~wink。そして、高橋かおりさん、秋本奈緒美さん、小沢真珠さんたちはシットリとした女の美しさで輝いてたわ~shine。で、モンダイの菊川さんも最初の登場シーンは、箱根の爽やかな空気感cloverをまとった初々しい可憐な雰囲気で良かったんだけどねぇ~coldsweats01。ヘンなアヤをつけっから笑いモンhappy02になっちゃうのよ~~weep


演出はことほど左様に、なにやらチクハグ感と不自然さが満載だったけど、劇中音楽の選曲は良かったワ~note

|

« 「高台の家」 | トップページ | 「ドアラのひみつ」 »

2時間ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/53600293

この記事へのトラックバック一覧です: 「第三の女」(2011年12月2日放映):

« 「高台の家」 | トップページ | 「ドアラのひみつ」 »