« 「ルポ 下北核半島」 | トップページ | 「脱原発社会を創る30人の提言」 »

2011/12/07

「エロイカより愛をこめて 37巻」

「No.22聖ヨハネの帰還 Part.3」。ビザンチンの至宝をめぐる伯爵とミッションを完遂せんとする少佐のクンズホグレツtyphoonの大立ち回りはまだまだ続くー、ってカンジですねぇ~happy01


今回はイタリア、ドイツの各地を目まぐるしく移動するairplane忙しい展開。でも各地の美しさを例によって繊細なペン遣いpenで描出していて眼福~heart01。ベネツィアの水の都ぶり、15Pの水浸しになったサン・マルコ広場の美しさよ~(って書くと、全然美しくないわねぇ、おかしいわ…coldsweats01)。


宝塚ファンにはおなじみの皇妃エリザベートさんも登場crown。イタリアのトリエステの駅前広場に銅像が建てられているよし。長くハプスブルクの保護領だったせいでイタリアでありながら中欧の雰囲気を持つ街だそうですcute。我らが少佐にかかると、エリザベートさんも『放浪癖のある職務放棄の困ったヨメさん』となるわけね(爆sign01)。


しかし、その強面少佐もイタリアンマフィアのボロボロンテさんには翻弄されまくり。そんな少佐のお姿もちょっとカワイくってナイスchick。もっとやっちゃえーッsmilesign03


冷戦が終了したものの、NATOとロシアの旧KGBはいまだにお互い警戒し合ってimpact、同じ方向性の任務でも、コドモのように相手を出し抜こうとしつつ、でもなんとなく部下同士のやりとりがホンワカspaしてるのよね~。今回はこれまで何となく人間性が感じられなかったミーシャの部下たちがラブリーpenguinだったりして。


さて、わたくしが今回最もウケたhappy02シーン。167ページ、4コマ目。「白クマ」と話し合った部長が電話で少佐に、ロシア情報機関に協力するよう指令を出すと、少佐が『おれに指図せんでください。』…って、あんた、部下じゃんimpacthappy02


で、わたくし、意味がイマイチよくわかんないシーンもあったのよね。68ページ、2コマ目、ボロボロンテさんについて少佐が部長に説明した後の部長のひとりごと『少佐に熱い友情を押しつけてよいのはわしだけなのだっ』って、つまり、部長も少佐のことが好きheart04ってことなの?複雑な「男心」なのね~coldsweats02


あぁ、それにしてもジェームズ君が女のコに変装するとどーしてこーもカワイイのかしら~ribbon(132ページ4コマ目)。とてもゴミ男とは思えないぃ~catface

|

« 「ルポ 下北核半島」 | トップページ | 「脱原発社会を創る30人の提言」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/53428112

この記事へのトラックバック一覧です: 「エロイカより愛をこめて 37巻」:

« 「ルポ 下北核半島」 | トップページ | 「脱原発社会を創る30人の提言」 »