« 「脱原発社会を創る30人の提言」 | トップページ | 「犯罪小説家」 »

2011/12/15

「館島」

今をトキメク東川篤哉氏、2005年刊の長編ミステリーbook。いや、なかなかヤリますね~good


いつも騙される文庫裏表紙のうたい文句『驚愕のトリックが炸裂する本格ミステリ!に、ほとんど間違いなかったワーhappy02。大がかりなトリック、ほんとによく考えられてマスfuji。まぁ実際にそれが実現可能かどうかはわかんないけどcoldsweats01


美女私立探偵と青年刑事との掛け合いも例によってちょっと古くさいながら、まぁ笑えるし、それでいていささか天然のこの美女探偵がラストで見せる謎解きの鮮やかさshineとの落差もナイスdiamond


小話系の作家かと思ってたけど、ちょっと東川さん、見直したワbleah

|

« 「脱原発社会を創る30人の提言」 | トップページ | 「犯罪小説家」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/53492019

この記事へのトラックバック一覧です: 「館島」:

« 「脱原発社会を創る30人の提言」 | トップページ | 「犯罪小説家」 »