« 「「少年A」14歳の肖像」 | トップページ | 「くちぬい」 »

2012/01/28

「いまファンタジーにできること」

アーシュラ・K・ル=グィンさん著book。オリジナルのタイトルは「CHEEK BY JOWL」。密接して、という成句。主に人間に使われるcheek、動物に使われるjowl、共に「頬」という意味なんだけど、すなわち“人と動物が入り交じって生活する”といった含みを著者は持たせているようです。


そんな感じで、未知の世界、異なる価値観を持つ世界、そういった想像力が必要とされる世界を提供する良いファンタジーが人間の成長には必要なのだ、と言ってるわけねconfident


数年前に読んだ「幸福に驚く力」という本に、わたくし、とってもとっても感動させられましたheart02。清水眞砂子さんという大学の先生の講演をまとめたもので、児童文学について語っています。基本コンセプトは「児童文学の神髄は『人生は生きるに値する』ということ。本当に慧眼だと思いましたshine。子ども時代にそいう物語を徹底的に読ませる。「大きくなるってすてきなこと」が信じられるような物語を。で、その清水さんが、ご自身で翻訳された「ゲド戦記」について高く評価されていて、その「ゲド戦記」の作者がこのル=グウィンさんなわけです。結局「ゲド戦記」はまだ読んでないけどcoldsweats01


この清水さんの本が出版された当時は、少年犯罪が続発していて、そういう面でも耳earを傾ける価値のあるものだったと思います。んが、今の日本では「大きくなるってすてきなこと」とは到底思えない社会状況になってきており…weep


そこで、この本。様々な価値観や他者の視点eyeを知ることによって、生きるための判断が出来るようにするのがファンタジー(物語)である、と。それにはたとえばトールキンのような本物のヒロイック・ファンタジーを読まなければならないけれど。『ティーンエイジャーたちは、自分の住む世界を理解し、意味を見出し、その中で生き、道徳的な選択をするために猛烈な意識的努力をする。その苦闘は往々にして、ほんとうに死に物狂いのものだ。彼らは助けを必要としている。思いのままに使えてもっとも適応性に富む道具は、おそらく物語だろう。物語を使ってわたしたちは現実をつくり直し、出来事を語り直す。ほかの選択肢を想像し、自分の欲望やニーズに応じて生きる術を見つける。物語の真実は事実ではない。物語は人間的な真実を語り、倫理的な問いただしや、人間同士の結びつき、霊的な憧れに奉仕する。』『わたしたちの現実が見せかけの愛国心と独りよがりの残忍さへと堕落してしまったように思われる、このアメリカで、想像力による文学は、今もなお、ヒロイズムとは何かを問いかけ、権力の源を検証し、道徳的によりよい選択肢を提供しつづけています。戦いのほかにたくさんの比喩があり、戦争のほかにたくさんの選択肢があります。そればかりか、適切なことをする方法のほとんどは、誰かを殺すことを含んでいません。』


しかしアメリカでは(アメリカに限った話なのかどうかは知りませんが)、ファンタジーがこれほどまでに学問分野で差別、というか蔑視されていたとは知りませんでしたcoldsweats02。わたくしなんぞは学生時代、同級生に児童文学を研究していた人がいたくらいで、ファンタジーこそが文学の最高峰だfuji、くらいに思ってましたが。しかしそれも今思うに、イギリス文学を学んでいたから、ってことだったのかも知れませんthink。懐の深いヨーロッパ文学spade。神話や古典の隠喩が深い教養を示す世界bell。なので、わたくしはどちらかと言えば“おとなのくせにファンタジー好き”な人間ですhappy01


そんなわけで、数年前に「ハリポタ」ブームが起きた時、昔からファンタジーを読んでいた人たちは「ほとんどRPGゲームの世界で中身なし」と言っていたけれど、ファンタジーを読んだことのない人たちには衝撃的impactだったそうで。これについては、ル=グウィンさんは、まぁ、ファンタジー読者の年齢層が広がったことはよかったのではないか、程度のご発言ですcoldsweats01


ところで、ファンタジー文学について学びたいと願う人は、トールキンの評論集「怪物たちと評論家たち」のなかの「妖精物語について」という論考を読め、という部分で、このタイトルについて『のちにティンカー・ベルの系統の愛らしい小妖精に殺意に近い憎悪を抱くことになるトールキンが、すでに受け入れられていた「ファンタジー」あるいは「幻想文学」を使わず、「妖精物語」という表現を使った理由は、わたしにはわからないが、彼はそうしたのである。大学教授というのは皆、狂気の気味があるものだ。』というところに大笑いimpacthappy02。いったい彼に何がtyphooncoldsweats02


でもほんとに、ファンタジーを書く作家さんだけあって、文章にものすごくユーモアnoteがあって、ウィットdiamondがあって、めちゃくちゃチャーミングなんですcherry。ステキ~heart04


では、わたくしも「指輪物語」のオリジナルに挑戦してみようかな~punch。もちろん日本語でsmile

|

« 「「少年A」14歳の肖像」 | トップページ | 「くちぬい」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/53847487

この記事へのトラックバック一覧です: 「いまファンタジーにできること」:

« 「「少年A」14歳の肖像」 | トップページ | 「くちぬい」 »