« 「いまファンタジーにできること」 | トップページ | ブローチ&リング »

2012/01/31

「くちぬい」

板東眞砂子さんの書き下ろしbook。わたくしの好きな伝奇もの、だと思うんだけど、なんだか中途半端なカンジだったナ~despair


古来伝わる土着信仰、山間部の集落の掟。のんびりした日本の田舎にロマンを抱いてやって来た都会人がその隠された掟を知らぬ間に破ってしまったのを機に巻き起こるパニックを描いて、日本のジメっとした恐さをうまいこと提示してきた板東さん。ここのところエロkissmarkに走って行ったのでもう読むことはないだろうと思ったけれど、板東さんの伝奇ものが出たと聞くと、こりゃ聞き流すわけにはいかんsign01となっちゃうのは、やっぱり昔読んだ作品のインパクトimpactが強かったせいなのよね~coldsweats01


今作は、従来のジメジメキョーフに、原発事故の放射能恐怖shockも加わった趣向がちょっと新しいnewカンジなんだけど、肝心の「田舎の恐怖」にこれまでのような迫力っていうか、説得力がないのよねdown。もちろん「伝奇もの」だから説得力がないっつったって、リアリティを求めるものじゃないけど、なんつーか、「掟」の背景っつーか、根拠がきちんと描かれてないせいで、その「掟」に従って行動しているという村人も薄っぺらく感じるng。小説の中では、その「掟」が変化しているという設定になっているからこそ、核となる「掟の背景」がしっかりしてないと、もうひとつのテーマであるところの「田舎の変容」もはっきりと浮かびあがってこないと思うのよね~think


もひとつ、放射能汚染を恐れて東京から引っ越してhouseきた麻由子も、都会人の典型ながら重要なキャラなので、もっと突っ込んで描いてほしかったpencil。元々神経質なところ、「田舎の悪意」によってジワジワと追いつめられていくtyphoonあたりをもっとネッチョリと書き込んでほしかった。定年後の夢であった陶芸に打ち込む夫の語りはこの際、バスっthunderと省いちゃって、夫ですら、麻由子の中での宇宙人のひとりになっちゃったりしても面白かったかもsmile


福島第一原発の事故が創作のきっかけのようで、突き動かされるように書かれたのかもしれませんが、なんだか全体的に練り込み不足で、わたくしとしてはイマイチ満足できなかったワ~pout

|

« 「いまファンタジーにできること」 | トップページ | ブローチ&リング »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/53870835

この記事へのトラックバック一覧です: 「くちぬい」:

« 「いまファンタジーにできること」 | トップページ | ブローチ&リング »