« 「心にナイフをしのばせて」 | トップページ | 「「少年A」14歳の肖像」 »

2012/01/22

大島さゆり&波多野美紀 ジョイント・リサイタル

Img112本日、函館市芸術ホールeventにて開催された(たぶん)毎年恒例のスプリング・コンサートの第1弾、聴きに行ってまいりました~note


もー、大島さん、ウツクシ~~~shineshine。女優の小沢真珠がフルート持って出て来たかと思ったワ~~~happy02。マゼンタピンクのワンショルダー、スッキリしたドレス姿boutiqueでステージに登場された時には、わたくしの斜め前に座っていた中年女性2人組が「おお~impact」と声を上げておりました。女性のソリストの演奏会はこういうお楽しみもあってやめられません。ぐふふcatface。って、中年のオッサンか、わたくしはcoldsweats01


そして、まさに天は二物をお与えになったようで、キラキラshine美しい容姿もさることながら大島さんの演奏は、高い技術diamondに支えられつつ、とってもたおやかな「やまとなでしこ」cherryblossomフレーバーの優しさと、なおかつ若葉cloverのような瑞々しさを感じさせるものだったと思いますhappy01


ソロの曲目はバッハの「ポロネーズ」と「バディネリ」、ドップラーの「ハンガリー田園幻想曲」、木村雅信「変奏曲「函館の…」~西田直道の「啄木の歌」のテーマによる~」、ボルヌ「カルメン幻想曲」の4曲。「函館の…」は、大島さんの恩師の方の作曲だそうで、木村氏ご本人も来場されていました。なかなかに奥ゆかしいお方でしたねsmile。この曲、わたくしの脳裏には、朝靄に煙る鈍色の、静かに哀しい函館の海が漂っておりましたmist。おお、なんと詩的な…moon3。今年は石川啄木、没後100年だそうです。わたくし、詩とか歌の読解はキックimpactしたくなるくらい異常にニガテですが、今年は頑張って少し触れてみようかと思いますcoldsweats01


で、大島さんのピアノ伴奏はこれまた大学の恩師の先生だそうで、この岡本先生が伴奏されながら、ドップラーの時「はい~、高く伸ばして~」ってカンジで、休んでいる右手でひゅるる~sign05って人差し指を思わず上に向けていらっしゃる一瞬をわたくし目撃ッeyesign01師弟演奏会、なんだか微笑ましくて、超絶技巧thunderシーンの最中なのに笑ってしまいました。スイマセンcoldsweats01


そして波多野美紀さんのクラリネット。クラリネットソロの曲はあまり聴いたことがなくて、聴き方がよくわからなかったのですが、最後に演奏されたマルコム・アーノルド「クラリネットとピアノのためのソナチネ」、短い曲でしたが非常に面白かったですconfident。現代曲にもわたくし、だいぶ慣れてきましたscissors。再度聴いてみたいですね。


おふたりのデュエットはショスタコーヴィチの「フルート、クラリネットとピアノのための4つのワルツ」より「手回しオルガンのワルツ」と「ワルツ」。“あの”ショスタコさんとは思えないsmileわかゆい曲たちですねーchick。ショスタコさん、引出しいっぱいありますナー。それにしてもピッコロ(ですよね?)でのトリオで、あれほどまでに「手回しオルガン」風に演奏できるなんてビックリ~。おもしろい~~~sun


さて、実は大島さん⦅わたくしの初めてのフルートの先生(当時は大阪、現在沖縄で講師をされています)に、にこにこ加減happy01や優しいお話ぶりbudなど、なんだか雰囲気がそっくりで親近感cuteを感じてしまいました(勝手にsmile)。⦆は、わたくしに木管アンサンブルの楽しさを教えてくれた木管五重奏団「ポロゴ」のメンバーさんなんですが、メンバー交代した後の昨年の定期演奏会には伺えなくて、今回が初めてのナマ拝聴でした。その定演に友人の姪御ちゃんたちに行ってもらったのですが、彼女に「私もフルート吹いてみたいheart02」と言わしめたのが大島さんでした。アンサンブルもいい~カンジgoodでしたので、3月の定期演奏会がとっても楽しみですbell

|

« 「心にナイフをしのばせて」 | トップページ | 「「少年A」14歳の肖像」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

かまど姫さま
先日は、ご来場どうもありがとうございましたnote
お会いできて嬉しかったですnotes
ブログ拝見させて頂きましたshine
記事にして頂けるなんて、とても有り難いですsign03
これからもどうぞよろしくお願いしますlovely

投稿: 大島です | 2012/01/25 01時24分

大島さまshine

コメント入れてくださいまして、ありがとうございますsign01光栄です~happy02 ナマイキ書いて申し訳ありません~coldsweats01

でも大島さんの音楽が聴けて、あの日は私も幸せな気分heart02で帰路につくことが出来ましたcar。ありがとうございました。

翌日の夕刊にもコンサートの記事が出ていましたね。それにしても上磯小学校、スゴすぎですcoldsweats02

3月にまた演奏を聴かせていただくのをすごーく楽しみにしています~noteよろしくお願いいたします~happy01

投稿: かまど姫 | 2012/01/25 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/53798535

この記事へのトラックバック一覧です: 大島さゆり&波多野美紀 ジョイント・リサイタル:

« 「心にナイフをしのばせて」 | トップページ | 「「少年A」14歳の肖像」 »