« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012/02/28

「始末に困る人」

藤原正彦氏著book。週刊新潮に連載のコラムをまとめたもの。藤原氏の著作は「日本の品格」以来の2作目だったけど、まー、なんつーか、「安全な場所から好き勝手言ってる空論ジジィ」ってカンジだわね~sweat02


全体的に、“オレ様別格だから感crown”が漂ってるので、読んでてイラッthunderとくる。この感覚、宇宙飛行士の毛利さんの著作を読んだ時のことを思い出すわ~coldsweats01。おまけにすごーいファザコンだし。お父さん(作家の新田次郎さん)はスゴいかもしんないけど、アンタは何様?なカンジ。ひょっとして本職(数学者)で何か目覚ましい実績がある方なんですかear?わたくし、無知なんでよく知りませんケド。


しかし、古市憲寿氏の「絶望の国の幸福な若者たち」と並べてみると、著者らの年齢差からくる「ナショナリズム感」には宇宙的差異があるのにビックリcoldsweats02。まぁどう考えても、もう藤原氏の出番はないでしょうpaper。彼が死守したい日本の国体なるものは「日本人」がいなくなればその実体を失うわけで、少子化の問題が一番切実なはずなのに、藤原氏にはお孫さんはいらっしゃらないようで。まずはご自分のご一族で、持論を実践なさらないとねpunch


奥様とのやりとりや自身をユーモラスに描く様子も、ライバル週刊誌に連載されてる土屋賢二先生の二番煎じ感満載で、しかもあまり「品格」があるカンジはしない、てか明らかに上から目線的eyeで「別格なオレ様がステキなユーモアを繰り出してるゼshine」ちっくな、自己満感が漂っちゃってて全く笑えませんねng。あれ、これがもしかして「側隠」ってやつ?わたくし、理解してなかった?


数学者のくせに「海外留学者数が減ってる」などと印象だけで書いちゃってて、どんな資料を根拠にして言ってんのか明示しないのも「側隠」なのかしら?


まぁTPPについてとか、わたくしも同意する部分もあることはあるんだけど、三橋美智也の美声について語られてもなぁ…gawk。なんか、メンドクセぇ頑固ジジィの話を聞かされてるみたいで、ウザtyphoon、ってのが正直な感想ですワdown

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/25

「森に眠る魚」

角田光代氏の2008年刊の長編book。母親をテーマにした「マザーズ」と比べると、非常にエンターテインメント性が高い作品。芥川賞作家と直木賞作家の違いがよくわかりますsmile


「母子小説」とうたってるけど、子供とのからみの描写はほとんどないのよね。だって、こどもたちはいっつもカワイくてcute、葛藤する必要ないんだもんwobbly。むしろ子供をダシにした「ママ友」同士の通俗的な「女の腹の探り合い小説」ってとこだわねgawk


最初、ミョーにハイテンションupでお友達ごっこをしてた4人の母親たち(しかもそれぞれ類型的down)が、小学校受験にまつわる疑心暗鬼やら生活・文化レベルの違いから、だんだんと避けたり逆に異常に執着したり裏切ったり、とドスぐろーくnewmoonなってくあたりの描写は下世話ながらオモシれ~ってカンジだったけど、誰にも感情移入できなかったせいか、読後にはなーんにも残んなかったempty


う~ん、やっぱ、「マザーズ」を読んだ後にこれ、っていうのがマズかったかな~。ま、どっちにしろ、深度が違うから結果はおんなじか~ng

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/22

「凍裂」

北海道出身、札幌在住の作家、喜多由布子さんの長編book。家庭内モラル・ハザードを描いた作品。湊かなえさんを淡く優しくしたカンジかなhappy01


夫を包丁で刺し、傷害事件を起こしてしまった女性。この女性を知る様々な立場の人々の語りを章立てて並べながら、加害者・水原睦子の人となりと、事件の裏側を描き出していくという流れ。


全然目新しい部分はないんだけどsmile、この加害者の人柄の良さは比類がないくらい。ヘンなハナシだけど、わたくし癒されちゃったspa。事件の原因を作った被害者ですら、ドギツい表現をしない喜多さん。きっと穏やかな方なんでしょうね~tulip

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/19

「聖☆おにいさん 1~3巻」

いやーッsign01ちょーかわいいーッchicksign03中村光さんの2006年から連載が始まったコミックスpen。マンガの師匠Hちゃんが貸してくれたもの。何回読み返したかわかんないくらい、飽きないかわいさimpacthappy02


ブッダとイエスが東京の立川で、下界のバカンスt-shirtを楽しんでるっていう設定のマンガなんだけど、ほんとこのふたりがたまんなくカワユイ~chickchick。なんせ会話の言葉遣いはイマドキthunderなのに、内容が純真heart02で、一人称が「わたし」。


ちゃんとブッダやイエスの生涯の逸話もうまーく織り交ぜながらエピソードを積み重ねていくところもナイスだワ~fuji。絵はそれほどウマくはないけどsweat01、独特のヘタウマ感がイイ味出してるってカンジsmile


今、4巻目以降を買おうかどうしようか迷ってるところtyphoon。なんでHちゃん、続巻、買っといてくれなかったのよぉぉぉ~crying

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/16

「絶望の国の幸福な若者たち」

東大大学院博士課程で社会学を専攻しつつ、マーケティングやIT戦略立案もする会社の執行役員でもある、らしい古市憲寿氏26歳の著作book。なんだか読後、たまらなく哀しくなっちゃっいましたヨ…weep


内閣府の「国民生活に関する世論調査」によると、2010年の時点で20代の70.5%が現在の生活に「満足」していると答えている。格差社会や世代間格差と言われながら、日本の若者の七割が今の生活に満足しているのだ。』この著作はここから、データやフィールドワークの結果を並べつつ、若者とナショナリズム、国家について広く眺め渡しながら、「今の若者は覇気がない」だの「内向きだ」だのと自分たちの単なる印象でのたまうおやぢたちとは違った、非常に説得力のある若者論を展開しています(もっとも、著者は、あまりにも現在の「若者」は多様化し過ぎていて、「若者論」はもはや成り立たないと言っているんだけれど)。


確かにわたくしも、この調査結果を見た時「ああ、なんて今の若者はカワイソーなのーッ?こんなに自分たちにキビしい世の中に生きてるのに、そしてキミらより上の世代はアホみたいにやたらイイ思いをしてきたってーのに、こんなレベルで満足してるなんて…weep。」って、バブル世代のわたくし、上から目線eyeで思ってしまった。でも、それってオロカな思い上がりだったのね~sad


この著作を最後まで読むと、彼らがあまりにもモノを知らずせまーい視野のなかで「満足」って思っているっていうわけでは全然なくて、実はもはや達観しまくっちゃってるっていうか、「絶望の国」に生きるためにはそう思わざるを得ないってことがわかってくるのよthink。「不満」であるというのは、未来に希望があると思えるからこそである、と。


現在26歳の筆者が書いているように、とてもじゃないが未来に希望なんかない日本という「国」がぶっちゃけ、なくなっちゃっても別に構わない、ただ自分たちがひとりの人間として生きていければそれでいい、というのは全くその通りなのかも知れない。そして、逆にそう思える今の若者は、上の世代の人間よりもっとずっとしたたかに、しなやかに、どんな世の中になったとしても生き延びて行けるような気がするdiamond


少なくとも、今のこんな世の中を作ったおやぢらで「いまどきの若いモンは…」なんてホザいてるようなのは、何かあった時には真っ先に思考停止してオシマイdangerになっちゃうでしょう(今現在、実際そうなってるし)gawk。ま、日本史上“最もアホな若者”だったわたくしたちバブル世代は問題外だケドdownsmile


こないだ放映されてたワイドショーtvでは、今日本では超高額商品yenやサービスの売れ行きが前年比大幅な伸びupwardrightを示しているとか言ってた。それを「新消費社会の到来か!?」とか脳天気spaに報告してたんだけど、テレビ業界さん、そんなに浮かれてていいのかなぁ~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/13

「グラゼニ 1~2巻」

森高夕次氏原作、アダチケイジ氏漫画のプロ野球baseball漫画pen。「グラウンドには銭が埋まっている」だから「グラゼニ」yen。プロ野球選手の年俸をテーマにしたユニークな作品good。コーハイK君に、「おもしろそーだから買って!貸して!」と命令、じゃなくて、お願いしたものsmile


今シーズン、中日ドラゴンズのマスコットキャラのドアラが、ばくてんの失敗が続いたことにより2軍に落とされたというニュースを見てから、いきなりドアラに夢中になってしまったわたくし(あ、もちろんチームはファイターズを応援してますよ!)、以前にもましてプロ野球をよく見るようになりましたtv


んで、このマンガ。主人公は高卒のプロ8年目、左の中継ぎ、26歳独身、年俸1,800万円の凡田夏之介。彼のやわらかい語りのエッセーマンガっぽい作りなんだけど、とにかくプロのアスリートってほんとーにシビアッsadsign01ってのが、シミジミわかっちゃう。この夏之介のやわらかい語り口調が、情に流されそうで流されるわけにはいかないという、プロとしてのキビシさthunderが余計に際立つ効果を作品に与えてるのねdiamond


それにしても、こんなにセキララに描いちゃっていいのかしらんcoldsweats02?ってカンジなのよね。オトナが読むと別の意味でより試合が興味深く見られるようになると思うんだけど、世の青少年が読んだら夢がぶっ壊れるimpactんじゃないかしら~coldsweats01?でも決してヤなカンジじゃないのよね、これが。むしろ、プロのアスリートへの深い敬意heart01が感じられて、オトナとしてはヒジョーに好感が持てますbell。特にわたくし、胸を打たれたシーンがありましてconfident。大ベテランの、最盛期を過ぎても年俸を下げられずチームの補強がままならないっていうエピソードの最後で、その大ベテランがひとつのきっかけでまた活躍する姿を描き、『これもまた“プロ野球の形”―!「働くオジサン」は別に悪くはないのだ!いいですねぇ、こーゆーのspa


それにしてもなんとなく、あの選手やこの選手の顔が思い浮かんだりして、特に契約更改の時期のニュースはかなりオモシロかったワーcatface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/09

「無痛」

久坂部羊氏の2006年刊の長編book。いやはや、相変わらず異様な医療ミステリーものだわね~coldsweats02。だいぶん落ち着いた感はあるけど。ん?やっぱ全然落ち着いてないかsmile


これまでの作品と同じように、現在の医療への逆説的批評精神を発揮する内容で、今作では「混合診療」がひとつのテーマになってるのね。今、TPP問題にからんで話題になってるけど。


そしてもうひとつのテーマが、「人間にとって痛みとは?」というかなり根源的な問い。登場人物のひとりが「痛みの感覚を持たない」という先天性無痛症という設定なんだけど、彼の描き方が何とも言えず、哀しいのweep。この人物、違った角度から捉える作品にしたらもしかすると大傑作になりそうなカンジgood


で、この2つのテーマにおいて狂信的に活動する、久坂部作品特有の超ハイテンションupキャラが、白神医師hospital。でも残念なことに、彼は主役ではないのでなんか中途半端で終わっちゃった~。自閉症の少女サトミとのエピソードなんかもハショり過ぎだし、っていうより無くてもよかったかも、なカンジbearing。本物の主人公、天才的能力を持つペシミスト為頼医師を自分の病院に引き入れたかったようなんだけど、本当は彼をどうしたかったのかもあいまいな説明で終わってたしなぁtyphoon


でも、無痛症の男イバラの“解剖シーン”は圧巻impactsign01久坂部さん、やったことあんのーッsign02ってくらいshock。…あ、でも昔はこういう手術もあったのか…sweat02。いや~、このシーンは、医師である作家の知識と想像力をミックスしたオリジナリティあふるるものだったわー。スゴイですdash


主人公為頼医師が沸点の低い人だから、全体的に落ち着いた印象ではあったけれど、わたくし、久坂部さんのチョーハイテンションupキャラがお気に入りなので、次も期待してますsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/06

「北海道警察 巡査の休日」(2011年10月24日放映)

う~ん。大好きな財前直見さん主演の2ドラtv、すごーく楽しみにしてたのに、財前さんはじめ、キャストの持ち味が全然活かされてない、ぴりッthunderとしない演出だったなぁ…down。北海道出身の直木賞作家、佐々木譲氏の作品が原作。


北海道警生活安全課の警察官を演じる財前さんが、よさこいソーラン祭りeventを背景にストーカー被害者を守り抜くっつー内容で、彼女がよさこいソーランのコンテストにどうしても出たいというので、ものすごい人出sweat01の中で警備をしなくちゃならなくなる、ってのが目玉のひとつのはずなのに、このダンスシーンの描き方がとにかくヌルすぎるッangrysign01カット割にもカメラワークにも全く何の工夫もないから緊張感なくたーだダラダラ続く印象なのよッpunchsign01本物のよさこいソーランのダンスはスゴい迫力impactだし、ましてコンテストで入賞するようなチームがこんな低レベルでいいのかッsign02って部分もあったし。わたくし個人的にはよさこいソーラン祭りは好きじゃないけどcoldsweats01、こんな描かれ方だとなんだかちょーっとカワイソーかもsmile


財前さんも、事件の背景にDVがあるせいでなんか中途半端に深刻なキャラで、ニンじゃないのよね~bearing。わたくし、財前さんの「スチュワーデス刑事」シリーズがチョー大好きhappy02だったので、なんだかなぁ…なカンジgawk。高田純次さんももったいなかった。高田さんのキャラとの落差を意識させるなら、思いっきりカッコイイ上司goodにしてあげてほしかったなぁ。同僚刑事役の鈴木一真さんとのコンビもイマイチしっくり来てなかったしぃ~(鈴木さんは、アニメ「最強武将伝 三国演義」での周瑜の声がチョーウルトラ素敵だったのよぉ~lovely)。それにしてもダンスチームのコーチ(葉山レイコさん)の、あのミョーに意味アリゲcatfaceな描き方はいったいなんだったんだろう…typhoon??


でも、わたくし一番疑問だったのは、“ストーカーの被害者は加害者のケータイメルアドを登録しているものなのか”ってことthink。着信mailtoした時にはっきりわかるようにするためなのsad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/04

ブローチ&リング

なんだか毎日寒いのでsnow、より寒くなる2品を作ってみましたcoldsweats01

PhotoPhoto_2素材は全部クリスタル系shine。水晶と、スワロフスキーガラス、チェコガラスと透明丸小ビーズをワイヤーでまとめました。

Photo_3リングを装着してみたの図ring

ワイヤーなので、立体的にアレンジしたりもできますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »