« 「悪の教典」 | トップページ | 「王様ゲーム」 »

2012/04/28

「日本一のチームをつくる」

「持ってる社長」crown、北海道日本ハムファイターズ前社長、藤井純一氏著book。この手の著作としては「自慢のヤラシさ」度が低めで、さらっと読めますsmile


見た目、じみぃ~な“あの”元社長coldsweats01が、短期間でセレッソ大阪と日本ハムファイターズを単独黒字化させた敏腕経営者だとは知りませんでしたcoldsweats02。人は見かけによらないもんですねぇbleah


今や、地域密着型球団baseballのお手本のようなファイターズ、やはり熟女kissmarkのみなさまがたを味方につけたのが大きかったのではないでしょうか。そこいらへんのスーパーでのトークイベントkaraokeに、レギュラー級の選手をバンバン派遣してしまうフットワークshoeの軽さとサービス精神が、古めかしいプロ野球界において全くもって斬新だなぁthunder、と思ってました。ほんと、おばさま方の狂いっぷりupったら、ハンパないですからねぇcoldsweats01


その地域密着型サービスと合理化を、球団のあらゆるフェーズで徹底的に押し進め、ついに日本一にまでしてしまったのが藤井氏なんだけど、そこには関西人らしい茶目っ気winkというか遊びゴコロpenguinが感じられるのが、「自慢のヤラシさ」度が低い理由なんじゃないかと思うのよね(私がこれまで読んだ中で「自慢のヤラシさ」度MAXfullだったのは、宇宙飛行士の毛利さんでした…bearing)。


この著作を読んでいてとっても納得だったのは、去年のドラフトで菅井投手を指名したこと。某オレ様球団との熱愛関係heart04をぶった切るthunderように指名した日ハム球団に「空気を読め」と言った人間もいたとかいなかったとかgawk。そんな「空気」は読む必要なし、というのが藤井イズムだったんでしょう。しっかり受け継がれてますねgood


初めて知った興味深いこともありました。いわば「野球バカchick」の選手たちに、社会人として必要な一般常識をはじめとする様々な知識をレクチャーする講座pencilを開いたり、選手たちの能力を客観的に数値化して把握する「ベースオペレーション・システム」なんかを知ると、日本ハムファイターズって、選手そのものも大切にするし、それがひいては球団のメリットにもなるっていうことをよくわかっているヒジョーにクレヴァーshineな球団なんだな、とconfident


毎年ドラフトで獲得した選手を見るにつけ、日ハムって能力が同じくらいなら「イケメンhappy02」を穫ってるんじゃないかとわたくし疑ってるんだけど、それもアリだわよねーnote。ますます熟女のハートheart02(とサイフmoneybag)をワシ掴みッrocksign01プロ野球界の常勝アイドル軍団shineを目指して、ブ細工オッサン球団なんか吹っ飛ばしてしまえーッdashsign03ってなカンジで、ひとつsmile

|

« 「悪の教典」 | トップページ | 「王様ゲーム」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/54582957

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本一のチームをつくる」:

« 「悪の教典」 | トップページ | 「王様ゲーム」 »