« 「ネットいじめはなぜ「痛い」のか」 | トップページ | 「日本の問題」 »

2012/04/10

「鍵のかかった部屋」

貴志祐介氏の中編集book。様々なかたちの密室トリックを、マゾっケscorpiusのにじむ防犯コンサルタント・榎本が解いていくハナシ。なぜか必ず登場する弁護士・青砥のお約束の天然ぶりにムフッcatfaceとハナで笑いつつ、気軽に読める4編good


いつも何も考えずに読んで、著者の意図通り最後にビックリcoldsweats02sign01ってなるはずのわたくしも、中の1編ではトリックの一部がわかっちゃった~happy02scissors。だけどこのシリーズのおもしろさは、トリックの内容もさることながら、探偵役榎本が展開する、ミョーに間を持たせた独特なロジック。それに半ば翻弄されつつtyphoon、だんだんと謎が解かれていく過程のココチ良さよtulip


他ではあまり感じたことのないこの独特のイライラ感annoyと解放感fujiを味わえるちょっとマゾっぽい作品、クセになるかも~smile

|

« 「ネットいじめはなぜ「痛い」のか」 | トップページ | 「日本の問題」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/54441944

この記事へのトラックバック一覧です: 「鍵のかかった部屋」:

« 「ネットいじめはなぜ「痛い」のか」 | トップページ | 「日本の問題」 »