« 「秘書綺譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集」 | トップページ | 「浅田真央はメイクを変え、キム・ヨナは電卓をたたく」 »

2012/05/31

「薪の結婚」

いや~、スゴい物語だった~happy02。ダーク・ファンタジー好きのわたくしにとっては思わぬ大当たり~impact。ジョナサン・キャロル著、2008年初版の文庫book


なんか、この地味ぃ~なタイトルはどうなのdespair?ってカンジはするけど、この「結婚」、ものすごーく大きな意味のある「結婚」なのよね~。『想い出に値することが起きる度に木片を拾う。人生が終わりを迎えるとき、すべてを火にくべる。それが”薪の結婚”。教えてくれたのは最愛の人。』


前半では、語り手ミランダ・ロマナクの日常や日々の思い、同窓会、新しい恋人の出現なんかが一見フツーに物語られます。特に同窓会をきっかけに懐かしいハイスクールschool時代の思い出を語り合う友人ゾウイとのシーンなんかは、作家自身がまるで33歳独身女性なのかと錯覚するくらい(実際はオッサンですsweat02)、楽しくてきらきらしているshine。でもそこにはなんとなーく気味の悪い違和感が時々ウッスラ顔を出したりもしてるのよcatface


んで、後半で一気にその違和感大爆発ッbombimpactsign01んもー、え?なに?なに?そー来る?そー来る?ってカンジで、めくるめくファンタジックな激流に翻弄されまくるwave、このカイカンhappy02。やめられません。ただ、ファンタジーのくせに説明調のフレーズがちょろっと出てきたりするのがちょっと興ざめdown。分かりやすくていいんだけど、メタファーだらけの世界観には不要だと思うなぁng


これ、映像作品movieにしたら、さらにいろんなイメージがいろんな解釈を許してものすんごくおもしろいものになりそうだワ~flair。わたくしの大好きなテリー・ギリアム監督かティム・バートン監督あたりに作っていただきたいなぁheart02

|

« 「秘書綺譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集」 | トップページ | 「浅田真央はメイクを変え、キム・ヨナは電卓をたたく」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/54844876

この記事へのトラックバック一覧です: 「薪の結婚」:

« 「秘書綺譚 ブラックウッド幻想怪奇傑作集」 | トップページ | 「浅田真央はメイクを変え、キム・ヨナは電卓をたたく」 »