« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012/06/28

「ギャラリーフェイク」 全23巻

細野不二彦氏の美術品・工芸品についての蘊蓄あふれまくりのコミックpen。「真」にアートを理解するということはどういうことか、を教えてくれるスゴいマンガですね~bell。先日UPした徳川美術館にはここで扱われているような作品がザクザクあってめちゃ興味深かったんだけど、なんせ時間が…weep


マイブームの断舎離の一環にて、蔵書(少なくないマンガ)も整理しちゃえってなことで、一気読みdash。実は数年前書店でビニ本状態になっていた文庫版を大人買いmoneybagしてしまい、扱うテーマはモロストライクgoodながら、絵柄がどーにもこーにも気に入らなくてsad、10巻まで読んで放り出していたもの。女性rougeはそれなりに描かれてるんだけど、オトコはイケメン風なのが主人公のフジタと調香師の香本(コイツもソートーのヘンタイだけどcoldsweats01)以外全然いないという、かなりハードな状態なもんだから、わたくし耐えられなくてdown


でも、元N.Y.メトロポリタン美術館のキュレーターという箔がついてるフジタのキャラクターはかなり魅力的なのよね~(しかしセリフの語尾が「~ですぜ。」はないわよねぇ~sweat02)。サラちゃんがホレちゃうのも無理ナシcatface。チョイワルなのに美術品を観る目はホンモノdiamondで、修復技術も特級品shine、オンナにヨワいけど人情の機微もバッチシわかる人間味溢れるイイオトコheart02。でもコドモみたいなところもあったり、って理想のオトコじゃんcoldsweats02。実はこのドラマ、美術品の蘊蓄を語りながら、人間の「真贋」をも描くものなのよね~confident


でもラスト、フジタのホント(真)の気持ちがわかって、サラちゃんよかったねーsun


ああ~、しっかし~、この絵柄さえ繊細shineで美しかったら永久保存作品なのにぃ~~~~weep。くぅぅぅ~~~~~bearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/25

どあらネイル♪

Dvc00003親指だけドアラにしてみました~happy02


聖地ナゴヤ・ドームbaseballのショップで買ったぷくぷくシール(どこに貼るんじゃ~って自分に突っ込みつつ、つひつひ買ってしまった…coldsweats01。)を、いつもお願いしているネイリストさんに、「貼ってください~heart04。」とお願い。耳がデカすぎてかなりギリなところ、丁寧にジェルで埋めてくれましたshine


ネイルサロンからそのまま元町のあるショップに行ったところ、そこの店員さんが早速気付いてくれて「かわいいーッsign01モンチッチですかーッsign02」……モンチッチ、青くないってばsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/23

名古屋市美術館

ナゴヤシリーズ⑤。


Photoここも時間watchがなくて常設展(「名品コレクション展Ⅰ(後期)」)をザザッdashと観て回っただけだったんだけど、“ピリリとカラいコツブの山椒”の如き佳い作品たちdiamondがあるところでした~happy01


対外的な目玉商品は、モディリアーニの「おさげ髪の少女」のようですが、わたくし的には「メキシコ・ルネサンス」コーナーのフリーダ・カーロとその夫・ディエゴ・リベラ、「現代の美術」コーナーの草間弥生さんの実物が観られたのが思いがけない喜びでしたーheart02


草間さんは現代美術の巨匠ですが、実物を拝見したのは初めてで、いやー、やっぱ現物はものすごいパワーimpactを発散してますねー。「ピンク・ボート」という作品なんだけど、ほんもののボートに、素材ははっきりわからなかったけどサテンのようなツヤツヤした布で作られた大小のイモムシみたいなのがビッシリくっついてるという、ものすごーくキモチワルい作品coldsweats01。しかもド・ショッキング・ピンクbomb。視神経がヤラレる色thunder。実際、この作品をマジマジ見つめたeyeあと周囲に目をやるとグルグルするぅ~typhoon、ってカンジsweat01。だけど、なんつーか、圧倒的に異様な迫力がもぎゅ~もぎゅ~っと襲ってくるのよねぇ…coldsweats02。草間さんに見えている世界って、こんなんなのかしら…。タイヘン…sweat02


そして大昔、絵画art鑑賞ってオモシロ~catfaceと思い始めた頃、簡単な美術史の本の中でフリーダを知り、多くの自画像に衝撃impactを受け、その壮絶な生き方にもグッと来てから、ずーっと気になる画家さんでした。ここでは「死の仮面を被った少女」という小品でしたが、終生「死」に纏わりつかれていた彼女の、息詰まるような凝縮された哀しみ、不安、諦念…あらゆる不穏なものが籠められているようで、わたくしも呼吸が浅くなってしまった…sad


それにしてもこの美術館とどういう関係があるのか知りませんが、メキシコ・コレクションは興味深いですね~up。メキシコのお国柄はよくは知りませんが、展示されていた絵画には、素朴ながら観る者の胸を打つあふるるエナジーthunderを感じましたconfident。わたくし、ダヴィッド・アルファロ・シケイロスの「カウテモックの肖像」からはなかなか目が離せませんでしたよ。16世紀初頭、スペイン軍に征服されたアステカ帝国の皇帝の肖像だそうですが、最後まで抵抗した若き皇帝の不屈の魂が、荒々しいタッチの中で神々しく輝きshineを放っています。傑作ですdiamond


Photo_2さて、この美術館の鑑賞サポートとして感心したこと。それは、展示室に置かれた各作品の解説が印刷された小さなシート。しかもこれが結構詳しいのよ。画家の簡単なバイオグラフィー付き。今まで多くの美術館を訪れましたがこういうのは初めて見たと思います。館の所蔵作品だからできることなんでしょうが、カサバラないので鑑賞者は自分の気に入った作品の解説シートを持って帰ることができて、自宅で復習できるpencil。ナイスです。気に入りましたgood


Dvc00005そして次回のナゴヤツアーでは、お向かいの科学館に行かなければpunchsign01なんせ世界最大(らしい)ドームのプラネタリウムがあるッnightsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/19

徳川美術館

ナゴヤシリーズ④デス。


Photo徳川美術館は、尾張徳川家に伝えられた「大名道具」や、国宝fuji「源氏物語絵巻」をはじめとする国宝9件などなど、まぁ、とにかく日本における美術・工芸の一級品が所蔵されている美術館なんだそうですshine


そんなスバラシいところだっつーのに、わたくしったら全ッ然時間がないもんでものすごい駆け足dash。今読んでいるマンガ「ギャラリー・フェイク」の中でも描かれてる美術品・工芸品がザッククザクwave展示されていて、今のわたくしにとってはとっても興味深かったんだけど、なんせ時間がないッweepsign01じっくり鑑賞はまたの機会ってことでpunch


有名な“千鳥の香炉”(石川五右衛門が秀吉の寝てるsleepyところに忍び入った時、この香炉が鳴いたthunderもんで御用になっちゃったってヤツですね)の実物が見られたのはラッキーheart04。13世紀、南宋の時代の青磁だそうですが、なんせ照明がだいぶ落とされた展示室なもんで色がよくわからナイdown。でも落ち着いた佇まいは十分感じられました。千鳥ちゃんはカワイかったしchick


奥様やお嬢様ribbonのお使いになったお道具は、それはそれはチマチマと超美しく超丁寧な細工shineで、ミニチュア好きのわたくし、ついついハナイキが荒くdashなってしまいましたワ。家光のお嬢様・千代姫ちゃんのお嫁入り道具のうち、お化粧品セットrouge(国宝)が展示されてたんだけど、もうとにかくキレイ~cutesign01保存状態もスバラシく良くて、蒔絵が当時のままなんじゃないかってくらいshine。大切に使われてたんでしょうね~catface。そして特別展示品、ご子息のための端午の節句もまたスバラシい出来bellで、時間があったら密着してナメるように鑑賞したいところeye


「源氏物語絵巻」は複製だったので、まぁ、なんとなく気が抜けるというか、見る方も気合が入らないというかgawk。原本crownはたまにちょっとだけ見せるらしいです。ま、そうだよねsad


Photo_3Photo_4今回は企画展示として「器といれもの -大名道具の用と美-」が開催されていました。いやー、ほんと、日本人って昔っから手先が器用なのねーってシミジミconfident。お花見用cherryblossomお弁当セットとか薬用の箪笥とか、ゴージャスなものから気ぃ狂いそうに細工の細かいもの、遊びゴコロ満載のもの、デコラティブなもの、まぁとにかく日本人、スゲーcoldsweats02。印籠やそれについてる根付とか、もっとジックリジックリ見たかった~~crying


と、ここは半日は時間watchが必要だ、とわかっただけでも今回はヨシとしよう。


しかしミュージアムショップpresentのアイテムは期待ハズレdownwobbly。歴女にはウケてるのかtyphoon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/16

クリエイターズショップ ループ

引き続きナゴヤシリーズhappy01


わたくし全然知りませんでしたが、名古屋って1989年に「デザイン都市宣言」なるものをして、ユネスコの「クリエイティブ・シティズ・ネットワーク(デザイン分野)」の認定都市でもあるそうですfuji。そうか~、だからドアラもパオロンも(ついでにシャオロンもsmile)見た目カワユいんだワ~~heart02


Loopで、ナゴヤドームbaseballに入りびたりで全然時間がなかったんだけど、中区栄にあるデザインセンタービルの、特にミュージアムショップpresent好きのわたくし、ここはゼッタイハズせないってなもんで、行ってきました。


JTBパブリッシングのガイドブックbookによると、『2011年11月にオープン。名古屋での創業と活動を志す若手クリエイターを半年ごとに公募選出。意欲的な製品を展示販売している』のがこのクリエイターズショップ「ループ」good。テーブルウェアやめちゃカッコイイバッグやシューズ、アクセサリーなどが並んでますshine


個人ではなかなかショップを開けないクリエーターさんを応援しようというスペースなので、ショップにいらっしゃるスタッフさんもとっても熱心ですsun。たまたまお話をして、「北海道から来た、ステキな作品が多い、「メ~ブツ」(後述)もすっごくオモシロいdiamond」などと感想を言ったら、もんのすごく喜んでましたhappy01


PhotoPhoto_2で、「メ~ブツ」とは、『地元では言わずと知れた、名古屋を意味する「メ~」と商品・お土産をさす「ブツ」の組み合わせによる造語です。(パンフより』。さすが、デザイナーさんたちのセンス発揮のしどころ、ものすごーく面白いんですよ~happy02。「きしめんピアス」には思わずニヤニヤ~catface。今後デビューを控えた作品の中に、「モリコロ」を連想させる2色の梵天付き耳かきearの写真があったんだけど、これ、発売されたらわたくしゼッタイ買うーッmoneybagsign03


ショップのスタッフさんには、ぜひ「ループ」としてWeb販売出来るようにしてください、とお願いしてきましたnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/14

ナゴヤドーム(おまけ)

Photo昨日、あまりのハイテンションupのため入れ忘れたショットcamera。午後9時半過ぎ、試合終了後に観客へごあいさつしに回ってくれるマスコットたちhappy01。エライッsign03

ドアラさんはみなさんにサインsign05を。わたくしの近くで色紙とサインペンを差し出していた女の子ribbonを見て、全然知らないオバサン(らしい)が、「ほれ、どあらッsign01この子にサインしてあげなさいッimpactsign01」オバサンの迫力に圧倒されて、ドアラさん、サインしてました。お疲れサマ~coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/13

ナゴヤドーム

ついにッsign01今年の新年の誓いを達成いたしましたッsign01ナマドアラさんを見にナゴヤドームbaseball行って参りましたッsign03おもしろかったーッimpacthappy02sign03


日本ハムファイターズとの交流戦2連戦、1日目はもーわたくし舞い上がりup過ぎまして、ほとんど記憶がないんでございますsweat02。初めて見るナマドアラさん、動きがめっちゃおっさんだったってことくらいしか…coldsweats01。ほんとに自由なおヒトでしたcoldsweats02。でもでも、やっぱり現地での体験はほんとにいろいろと発見があるもんですflairsign01


試合がナイターnightの日、午後3時からの「D-STAGE」。ここはドームの外側の空きスペースを利用した舞台eventになっていて、入場チケットticketがなくても見られるショーなんですね。ドラゴンズのチアリーダー(チアドラ)ribbonたちとマスコットたちのミニステージで、2時間の間クイズタイムなどを除いて基本同じものを2回転させているようです。2日とも200人以上は観客がいたと思います。チアドラはかなり踊れるしgood(チアドラヲタがいっぱいcoldsweats01)マスコットも頑張ってる、ぶっちゃけカネyenを取らずにほんとによくやってると思います。エライッshinesign01プロ野球球団もほんと努力してますねぇdiamond


さてお目当てナマドアラさん。いっちばん最初にビックリcoldsweats02したのは、白いミミゲがチョーふさふさなことッsign011日目は天気が良くて暑かったんだけど風が結構吹いてて、白いミミゲが思いっきりなびいてるわけです。ふゎさ~。いや~さわりたい~~~paper。ほんと、おカオはカワイイのに首から下の動きがおっさんsweat02。そのギャップがたまらんのですワcatface。もひとつオカシかったのが、ステージのラスト、マスコット紹介のMCkaraoke。「そしてーぇ、ラストはこいつーぅ、みんなの人気者、どあらーぁ。」……“こいつ”って…。一番人気オトコなのに…。で、出てきたドアラ、ヨロヨロしながらステージ中央にやってきて、暑い日差しsunと自分を交互に指差しながら手でバツ印。暑くてムリってか。こら。ちゃんと仕事しろpunch


そんなドアラさんも球場内では、オープニングダンス中の“バク転”はカッコよかったですよ~up。3塁側からのB☆Bと合わせて伸身の宙返りをシンクロnote。美しくキメてナイスッshinesign01恒例の7回終了後の“バク転対決”では、ドラゴンズファンのおっさんの叫び声がimpact。「どあらーッsign01しっかりやれーッsign03」しかし、1日目に続いて2日目もデカイ頭から着地bearing。球場内全体から「あぁぁぁ~~~…」っていう盛大なため息dash。いやー、これすんごいプレッシャーだわー。頑張れッsign01ドアラッsign03


Bb少し冷静さを取り戻した2日目の「D-STAGE」。ゲストのB☆Bのライブタイムnotes。達者に「春よ来い」を演奏する姿に、わたくしの後ろにいたドラゴンズファンのお兄さんがぼそり。「すげぇ。うち(ドアラ)のと全然ちがう…。」笑ったsmile


Photo_2Photo_310秒を測るゲームsandclock。先行のB☆Bがタイムを大きくはずした時のドアラのリアクション。コドモか。




Photo_4人物あてクイズ。う○こ座りで考えるドアラ。



Photo_5Photo_6風船割ゲームではわたくしの目の前でB☆Bの風船が割れましたimpact。その後、負けじと風船を膨らますドアラangry。もう負けてっから。



そんなほんとに「自由」なドアラなんだけど、球場での動きを見てるとやっぱりちゃんと一線を引くところは引いている。チアドラには軽いケリを入れたりしてるけど、選手たちにはその手のことは絶対にしない。大切な選手たちだからまぁ当り前っちゃ当り前のことだけど、そういう気配がしっかり感じられるところがある意味球団マスコットとしてプロだなぁshine、と思うわけです。ヘンな動きが人気だけども、試合のイニング間に応援に出てくる時の走りはアスリートっぽい締まった動きだし、いやいやドアラ、なかなか奥深いキャラですわspade


Photo_7Photo_8そして、現地に行くまで全くのノーマークだったシャオロンとパオロン。実はわたくしにとって今回のナゴヤツアーで一番の衝撃impactは、「動くパオロンの激カワユさchick」だったのでした。とにかくかわいいッsign03「でらかわいいッsign01」ってやつwink?オープニングダンスの前に各マスコットがグラウンド内を思い思いに動きまわってるんだけど、2日目、マウンドの後ろの方でシャオロンの動きをパオロンがマネして遊んでるcherry。シャオが「これ」ってポーズするとパオが「こう?」。シャオが「じゃ、これ。」ってやるとパオが「こぉ?」ってカンジで延々やってるのが、もーかわいくてかわいくてッheart04sign03食べちゃいたいーッrestaurantsign03よく考えてみればわたくしのお気に入り要素、①ピンク色②もふもふ③ちっちゃい(実際はちっちゃくないケド)、をカンペキに備えているのでしたgood。わたくし、その時弁当をワシワシ食べてましたが、箸を持つ手が完全に止まっちまいましたよ。これも聖地ナゴヤドームに来なければ一生知らずに終わるところでしたcoldsweats02


Photo_9で、ラスト、シャオロンさん。1日目の「D-STAGE」はシャオロンデーだったので、その時にも思ったんだけど、彼はダンサーですなーshine。MCkaraokeでも「今日もカッコイイダンスをありがとー」ってなことが言われてましたが、まったく、動きに踊れる要素を感じますgood。彼がスリムになったらもっとスゴいダンスができるでしょうfuji。ぜひ来年のシャオロンデーでは、夢の中でスリムになったシャオロンがバリッバリimpactに踊るステージを見せてほしいですnote


ってなことで、ドアラグッズを買い漁ったmoneybagわたくしの部屋は、まるでドラゴンズファンかと見紛うばかりの様相を呈しております(別にドラゴンズファンなわけではないです)coldsweats01。そして再び聖地ナゴヤドーム詣でをすることを誓いましたpunch。今回は試合結果は二の次でしたが、…でも、次は対ジャイアンツ戦にしなければangry。1塁側内野席、完全なアウェーはさすがに精神的にキツ過ぎた…sad。心の底からドラゴンズを応援出来る対戦相手の試合を選ぶことも、心に固く誓ったことデシタcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/08

海に浮かぶ靄の帯

昨日、大学時代の友人Tちゃんとお食事する前に少し時間があったので、函館漁港のあたりを車で案内してもらいましたcar。朝から靄っていましたが、お昼前から陽sunが射してきて、眼前に開けた景色は不思議なものでした。

Photo下から海~霧(靄?)~対岸の北斗市のどっかの山~ってカンジeye


Photo_2フェリーやら漁船やらタンカーやら、なにやら船がごちゃごちゃになっておりましたship。写真を撮っている立ち位置の背後が、外人墓地。望郷の想いで日本海を眺めているかも知れませんね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/06

「岸辺の唄」

今市子さんのファンタジー連作集pen。ダンサー・タラこさんtulipが貸してくれたものですが、「百鬼夜行抄」のひょ~ひょ~としたテイストからおちゃらけ味を引いた、独特の透明感と静謐さが漂うステキな作品デシタdiamond


中国風なような中央アジア風なような中近東風なような衣装をまとった人間たちと「鬼人」と呼ばれる異能を持ったヒトの姿をした者との、「水」をめぐる物語なのね。今市子さんの絵柄artの特徴でもあるんだけど、繊細な描線と色遣いの奥底には、誠実で強い信念を持つ美しい心がしっかりと横たわっていますshine


環境破壊、戦争と侵略、差別意識…人間の醜い欲望から生み出される非情な出来事とファンタジーとをからめて描く今さんの手腕は感心するしかないんだけど、その源泉はここにあったのかーと、あとがきを読んでわたくし、納得しましたconfident。子供のころから昔話とか民話とかお好きでよく読まれてたんですね~happy01。以前読んだ「幸福に驚く力」とか「いまファンタジーにできること」の成功例がここにあるッflairってカンジですねbell


やっぱ、ファンタジーは偉大だッsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/03

「浅田真央はメイクを変え、キム・ヨナは電卓をたたく」

スポーツジャーナリスト生島淳氏著book。サブタイトル「フィギュアスケートの裏側」。残念ながらたいしたことない内容coldsweats01


ここに書かれてるレベルだと、競技会のテレビtv中継でしゃべってる荒川静香さんの解説karaokeを聞いていればある程度わかることなんだナ~think


ただ、歴史的な部分とか新採点法を具体的に数字で見せてくれるところは、切り貼りhairsalonが得意なテレビではなかなかフォローできない部分なので良かったんじゃないでしょーかgood


この上は理論派・荒川静香さんに、電卓を片手に日本のジュニア選手たちを指導していただき、ガンガンimpact金メダリストを輩出していただきたいもんですscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »