« クリエイターズショップ ループ | トップページ | 名古屋市美術館 »

2012/06/19

徳川美術館

ナゴヤシリーズ④デス。


Photo徳川美術館は、尾張徳川家に伝えられた「大名道具」や、国宝fuji「源氏物語絵巻」をはじめとする国宝9件などなど、まぁ、とにかく日本における美術・工芸の一級品が所蔵されている美術館なんだそうですshine


そんなスバラシいところだっつーのに、わたくしったら全ッ然時間がないもんでものすごい駆け足dash。今読んでいるマンガ「ギャラリー・フェイク」の中でも描かれてる美術品・工芸品がザッククザクwave展示されていて、今のわたくしにとってはとっても興味深かったんだけど、なんせ時間がないッweepsign01じっくり鑑賞はまたの機会ってことでpunch


有名な“千鳥の香炉”(石川五右衛門が秀吉の寝てるsleepyところに忍び入った時、この香炉が鳴いたthunderもんで御用になっちゃったってヤツですね)の実物が見られたのはラッキーheart04。13世紀、南宋の時代の青磁だそうですが、なんせ照明がだいぶ落とされた展示室なもんで色がよくわからナイdown。でも落ち着いた佇まいは十分感じられました。千鳥ちゃんはカワイかったしchick


奥様やお嬢様ribbonのお使いになったお道具は、それはそれはチマチマと超美しく超丁寧な細工shineで、ミニチュア好きのわたくし、ついついハナイキが荒くdashなってしまいましたワ。家光のお嬢様・千代姫ちゃんのお嫁入り道具のうち、お化粧品セットrouge(国宝)が展示されてたんだけど、もうとにかくキレイ~cutesign01保存状態もスバラシく良くて、蒔絵が当時のままなんじゃないかってくらいshine。大切に使われてたんでしょうね~catface。そして特別展示品、ご子息のための端午の節句もまたスバラシい出来bellで、時間があったら密着してナメるように鑑賞したいところeye


「源氏物語絵巻」は複製だったので、まぁ、なんとなく気が抜けるというか、見る方も気合が入らないというかgawk。原本crownはたまにちょっとだけ見せるらしいです。ま、そうだよねsad


Photo_3Photo_4今回は企画展示として「器といれもの -大名道具の用と美-」が開催されていました。いやー、ほんと、日本人って昔っから手先が器用なのねーってシミジミconfident。お花見用cherryblossomお弁当セットとか薬用の箪笥とか、ゴージャスなものから気ぃ狂いそうに細工の細かいもの、遊びゴコロ満載のもの、デコラティブなもの、まぁとにかく日本人、スゲーcoldsweats02。印籠やそれについてる根付とか、もっとジックリジックリ見たかった~~crying


と、ここは半日は時間watchが必要だ、とわかっただけでも今回はヨシとしよう。


しかしミュージアムショップpresentのアイテムは期待ハズレdownwobbly。歴女にはウケてるのかtyphoon

|

« クリエイターズショップ ループ | トップページ | 名古屋市美術館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/55006532

この記事へのトラックバック一覧です: 徳川美術館:

« クリエイターズショップ ループ | トップページ | 名古屋市美術館 »