« 「楽園のカンヴァス」 | トップページ | NHKスぺシャル(7月21日放映) »

2012/07/19

「拍手しすぎる日本人、行列してまで食べないフランス人」

舞踊研究家、芳賀直子氏の著作book。う~む、極めてあたりまえのことをお書きになっていて、書籍代838円は少々お高いのではないでしょうかthink


昔から音楽notesの分野でも、日本での来日公演(特に某超有名オーケストラあたり)は手ぇ抜きまくり、という話は聞いてたけど、バレエの世界でも同様なのねぇgawk。わたくし、東京にいた頃2~3回バレエの舞台を見たことはあって、確か来日公演も観たはずなんだけど、実はそれほど面白いとも思えなかったので、まぁ、理由はいろいろありますが、チケットticket代が高すぎる、ということもあり足を運ぶこともなくなっちゃいましたng


芳賀さんは、日本人は来日公演を観ると明らかに出来がよくなくても盛大に拍手をすることに苦言を呈しておられます。つまり極端に言えば、日本人は自分の意見もなければ、表明もしない芸術的民度の低い人種である、と。ただ、日本には歌舞伎などの伝統芸能の分野では「見巧者」がおり、観客が芸を育ててきた歴史があるとも言ってます。


ある意味その通りなんだけど、生の舞台を自分なりに評価するには、それなりの数を見なければ何とも言えないし、たとえば後からツラツラ思い返してるうちにジワジワ感動してくるspa、ってこともあるし、はたまたあまりの衝撃impactのため口から何も出てこない、なんて場合もあるんだから、しゃべりながら生まれてきたみたいなフランス人と一緒にされても困るわよね~think


芳賀さんがお手本のように言及されてる歌舞伎の観劇にしたところで、芸の奥深さもわかんないミーハー連中が、底の浅い芝居しか出来ない暴力歌舞伎役者をハート目になりながらキャーキャー持ち上げまくってるのが昨今のトレンドですよ。歌舞伎界こそ、言いたいことも言えないせまーい社会だと思いますが。


ついでにもひとつ、プロ野球baseballでも観客減を挽回するためにファンサービスに力を入れるのは本末転倒だ的ご発言もありますが、プロとしての野球の技術を見せようにも、球場に人がいなければ見せようがありませんよね。閑散としたスタジアムではそりゃ力も抜けまっせdespair


芳賀さんの欧米崇拝fujiはこれまでにもいろんな人がおっしゃって来たものとあまり変わりはありません。まぁ、それもいいでしょう。しかし世界で起こっている戦争のほとんどは、欧米諸国のエゴと非寛容によるものじゃないですか?創造性をはぐくむ教育ってヤツとこの現実との関係、どうご説明されるんですかねdown?いいかげんにせぇ、と言いたいワgawk

|

« 「楽園のカンヴァス」 | トップページ | NHKスぺシャル(7月21日放映) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/55233262

この記事へのトラックバック一覧です: 「拍手しすぎる日本人、行列してまで食べないフランス人」:

« 「楽園のカンヴァス」 | トップページ | NHKスぺシャル(7月21日放映) »