« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012/08/29

「毒婦」

コラムニスト、女性のアダルトグッズショップ代表である北原みのり氏著book。「婚活サギ女」木嶋香苗被告の裁判を傍聴した記録memoを連載した「週刊朝日」の記事などを加筆修正したもの。サブタイトル「木嶋佳苗100日裁判傍聴記」。


いや~、4人もの人が亡くなっている事件なので全くもって不謹慎なのは重々承知なんだけど、木嶋佳苗被告ってものすごくオモシロい。ある意味“女性の専門家”である著者も、今のところその実像を掴むまでには至っていないようだけれど、独特の柔軟性のある視点で描写された佳苗被告は、もーなんともシュールtyphoon。男性にはとても優しく思いやりがある反面、金をもらえないとわかると異常なまでに攻撃的になるbomb。でもこういう得体の知れない“毒婦”が生み出された理由を真摯に考え、多くの問題を提起する著者の、ニュートラルな姿勢は非常に好感が持てるものでしたgood。『佳苗のことを分かりたい、出会いたい、と思いながら100日間、佳苗に振り回されるように過ごした。分かるのは、佳苗こそが、徹底的に女目線、ナチュラルに、もうどうしようもなく、女目線の女である、ということだった。


佳苗被告が北海道の別海町から上京したのは、バブル崩壊の直後、「援助交際」が台頭して来た時期だったらしい。それまでの「一般的な」男女関係の価値観が変化した時期だ。『しかし、結局、あの世代の女の子たちがした援交は、この世界の何を変えたというのだろう。』鋭い指摘ですthunder。フェミニズムの権威・上野千鶴子氏曰く『援交世代から思想が生まれると思っていた。生んだのは木嶋佳苗だったのね。』「一般的な」男女間の価値観を決定的にぶっ壊したimpactという意味で彼女はひとつの到達点に達したんだろうと思う。『佳苗がこれまでにいなかった“毒婦”なのだとしたら、それは佳苗が、毒婦という言葉から、男性たちが多少なりとも感じていただろう甘美さのようなものを、嘲笑うようにそぎ落とした点だろう。男たちが女に求めた幻想そのものを、佳苗は殺したのだから。』これまでの女性たちの苦悩を思えば、これってかなり画期的なことだとは思う。でも、(もし佳苗被告が殺人を犯していたのだとしたら)ここまで残酷に「男というもの」に報復しても許されるものなんだろうか…?


それにしてもこの記録を読んでいると、木嶋佳苗という女は生まれながらの女優なんじゃないかと思えてくるのよね。全部お芝居。実体がない。ひょっとするとレプリカント。筆者は書く。『(男たちに語った自分自身のことについて)もちろん、全て、嘘ではある。が、「もしかしたら、そうであったかもしれないもうひとつの私の人生」は、佳苗にとって、諦められないものだったのかもしれない。佳苗はずーっと、ずーっと、現実の自分と、もしかしたらあったかもしれない別の人生の間で、引き裂かれていたのかもしれない。』わたくしには、こんなセンチメンタルな説明なんかで分かられたくなんかないって、ハナで笑う佳苗の姿が目に浮かぶ。


わたくし的には、佳苗被告って精神鑑定になってもおかくしくないくらいの異常性があると思うんだけど、これは「女の性にまつわる犯罪」は必ず、なんとしても罰しなければならないっていう、男チームの「懲罰意識」があるような気がするんだけど、どうでしょうthink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/26

「マリー・アントワネット 運命の24時間」

「怖い絵」シリーズのドイツ文学者、中野京子氏著book。「ヴァレンヌ逃亡事件」を自分なりに描き直してみたい、という動機により書かれたもの。サブタイトル「知られざるフランス革命、ヴァレンヌ逃亡」。


残念ながら、先年、佐藤賢一氏の「小説フランス革命・王の逃亡」を読んだ後だったので、「知られざる」部分がだいぶ損なわれちゃったdown。しかし大きな違いはやっぱりフェルゼンさんの捉え方ですね。佐藤さんの著作では、まぁ、王の視点で描かれてたので仕方ないんだけど、フェルゼンさんったらほんとおマヌケねぇ~chickってカンジでしたが、こちらはまさに「ベルばら」のイメージshine。ここまで緻密な段取りをよくやった、それなのに、それをぶちこわしたのはひとえに、ルイ16世の決断力のなさとノンキさであったとcoldsweats01


でも、中野さんもちゃんと書かれてるように、なんせルイ16世さんは正真正銘の「王様」crownですからねぇ。今のわたくしたちパンピーとは宇宙的に思考回路も違ってたでしょうから、簡単に「おめーのせーだannoy」、とも言えないでしょうしねぇ。中野版フェルゼンさんが失敗したとすれば、そのあたりの王様の思考回路を正確に把握することが出来なかったng、ってことだったかも知れませんねdown


この著作の中でひとつ、ビックリcoldsweats02したことがあったのよね。それは、現在のフランス国歌notesが、対外戦争のために集まったマルセイユ連盟兵への応援歌「ラ・マルセイエーズ」であるってことは知ってたけど、その中で名指しで非難されてるのが、王党派のブイエ将軍だということ。ブイエ氏は、革命推進派へ激烈な制裁bombを加えたこと(ナンシー事件)で有名で、この逃亡事件でも最後に王を警護する役目を担うはずだったおヒト。そのおヒトがいかに民衆からダカツの如くimpact嫌われていたか、王党派のなかでもただひとり、5番の歌詞に個人名が刻まれていることでわかるってことなんだけど、それから200年以上も歌われちゃうブイエさんって、なんかスゴいわよね~~~bearing。この事件のあと亡命したらしいけど、ご子孫の方々はもう二度とフランスの地は踏めないわねぇ~~~sweat01


それにしても、よーく考えてみると、一国の国王と王妃を処刑しちゃう国民ってのも、またスゴいwobbly。積年のウラミツラミだけじゃないような気がする。ついこないだまで「王は国の父だ」っつって何の疑問もなくとてつもない貧富の差を受け入れてたのに(身近な領主なんかに対しては思うところはあったのかも知れないけど)、「人間は(王も含めて)本来平等である」っていう思想があっという間にここまでの熱狂typhoonを巻き起こすって、どういう精神的活動によるものなんだろうthink??このあたりは佐藤さんの著作を待ちましょうかhappy01


さて中野さんが、「自分なり」にマリー・アントワネットを描いてみたい、と言ったその果実は、「ロココ」の繊細美の極致はアントワネットがその絶頂期に生きたからこそ生まれ得たものであるという見解に結ばれていますapple。それは『善悪を超え、永遠である。』と。確かにそうかもねー。ま、わたくはロココ、好みじゃないケドsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/23

「第六ポンプ」

アメリカ人作家、パオロ・バチガルビ氏の短編集book。海外の、というかSF自体チョー久しぶりだったけど、ちょっと衝撃impactを受けちゃったtyphoon


科学万能主義を押し進めた結果、「ナチュラル」が破壊され続けた世界ではどんなことが起こっているか、っていうのがバチガルピさんの主なテーマのようなんだけど、今の地球もこのまま行くと実際にホントーにそうなりそうで結構コワいshock。っていうか、もしかしてもーなってるのかも…coldsweats02


全部で10編が収録されてるんだけど、わたくし最も「おおおおーッhappy02」と思ったのが「フルーテッド・ガールズ」。“フルート化された少女”sign02なんじゃいな、そりゃsweat01sign02楽器として生体改造され、秘密のパーティでステージに立つ姉妹の物語。もともとは長編として構想していたもののうまくまとまらず、一部の要素を抜き出して作品化したものだそうです。その経緯から出来映えには自信がなかったといいますが、結果的にはスタージョン記念賞候補作品となり、三冊の年間ベスト・アンソロジーに収録。パオロ・バチガルビという発音しにくい名前の作家が注目される最初のきっかけになりました。』(訳者あとがきより)という作品。いや、とにかく、スゴ~fuji。わたくしの貧困な想像力をなめらかにしなやかに超えたところにある世界new。ブキミで哀しくて、エロティックkissmark。「フルート化された少女」っていうのが、具体的にいったいどーゆー姿になってんのか、は半分以上読者のイマジネーションに委ねられてるんだけど、ふたりが「演奏する」シーンnotesはちょっとありえないくらい、SFとして名シーンじゃないかしら~crown。いや~、才能のなせるワザだワネ~~shine


で、表題作。『食品添加物の化学物質を摂取しつづけたせいで、出生率が下がり、痴呆化が広く薄く浸透した近未来の人類。主人公はニューヨークの地下で下水処理システムの維持管理を担当する職員。危険な化学物質だらけの汚物を市街にあふれさせないように、故障しがちなポンプと格闘する。ローカス賞を受賞しています。』(同上)っていう作品。痴呆化した人類種「トログ」が街中にはびこって所かまわず楽しそうにエッチしまくる中、まだマシな人類が少し残ってて、主人公はその中のひとり。って書くと、ものすごく暗くて悲惨なものを想像するけど、確かに事態は深刻なんだけどその世界に生きる彼らはそれが当たり前だと思ってて、でも何とかもっと悪くならないよう気楽にガンバるnote、ってカンジの軽めのタッチ。次々と不具合を出すポンプは、2020年に製造されたもの。それがこれまで自己修復を繰り返しながら100年以上も働いてきたことに対する驚きと尊敬の念diamondを抱く主人公。現代に対する否定と肯定を合わせ持つ重層的な作品になってるのねgood


訳文が作風を忠実に再現しているのなら、軽~いポップsunな文体だけど、そのくせ読者に結構ふか~い思考clubも働かせる、なかなかにクセモンな作品群なのデシタwave

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/20

姥神大神宮渡御祭~Part3

前記事からの続き。

25_224_326夜の部まで少し時間があったので、中心街をふらふら~shoe。すると商店が立ち並ぶ一角になにやら巨大なテントが。たぶんこの中で山車が組み立てられるんじゃないかと思うんだけど、普段はどこに仕舞われているんでしょうか?


27さて、早めの夕食restaurantをとるべし、海の幸を食うべしwave、と入ったお寿司屋さんfish。今年初のウニ丼ッsign01っていうか、ここ十数年口にしていないウニ丼ッsign03大将曰く、禁漁になる直前のいっちばんウマい時期、だそうですhappy02。ハイ、溶けましたshine、ウニdelicious


28そして最終日の見せ場へ。先に御神輿が渡ります。午後8時くらいwatch。担ぎ手は高校生くらいの若人spade。休んでいる時のリラックスぶりが笑えますhappy01。たぶん神社の役員の方だと思いますが、露払い的に前を歩くじぃちゃんが、エラいヨレヨレしてるのに、沿道の2階の事務所から見下ろす人たちに、ハラから出るドスの効いた声で「神様を上から見ちゃダメngsign01」と意外な大声を出されていましたsmile。さすが、神職に携わる方は違いますgood


2930313233そして、山車の登場ッsign01おおーッsign03角を曲がって見せ場へ乗り込んでくる瞬間がまたチョーカッコイイーッhappy02sign03でも意外と弾けるカンジはなかったですね。お疲れ?たまたま見物していた場所に、地元のOBと思しきおにーさんがおり、「なんか、子どもと年寄りばっかだな。オレらんときなんかもースゴかったゼイgoodsign01」と話しているのを聞くにつけ、やはりここにも過疎の影響が、と日本の現状を憂うわたくしweep。実は見せ場では最後に13基の山車が勢ぞろいして最後の盛り上がりupがあるらしいんだけど、函館への帰路を思い午後10時に撤収いたしましたcar。最後まで観るにはやはり泊まらないとダメですなhotel



PAなんかを一切使わないナマの笛と太鼓、鉦のお囃子notesは、きっちりはっきり京の祇園祭に倣ったもので、今となっては本当に貴重な文化遺産ですねshine。経済的にも大変だろうと思いますが、ぜひとも後世へ引き継いで行っていただきたいものです。われわれよそ者は外貨yenを落とすべく町内で観覧料およびお土産をどっさり買わなきゃいけませんねcatface


さて、わたくしにとって初めての江差でしたが、やっぱ道南って由緒正しき歴史があってなんかうらやましいsun。北前船の影響で、姥神のお祭りを始めとして京・上方の文化が根付いた地域なんですねぇ。再訪してじっくり見て回りたい町ですwink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/08/18

姥神大神宮渡御祭~Part2

前記事からの続き。


181920空腹emptyに倒れそうになっていた友人Aが、有無を言わせぬ勢いdashで向いの横山家へ。こちらは北海道指定有形民俗文化財で、いわゆる「ニシン御殿」ですね。さりげなく山岡鐵舟の書なんかが掲げられておりますfuji。ニシン蕎麦、うましdelicious


ここではニシン漁全盛期の暮らしぶりが伺える資料館にもなっていて、高い天井までの一面のガラス窓や障子張りなんかがヒジョーにモダンでステキーshine。でも冬はチョー寒ソーsnow。帳場から奥へずずずぃーっと入っていくと蔵が4つ並んでます。土間になっていて涼しいのよ、コレがgood。生活道具が展示されていたり、江差追分の稽古場になっていたり、土地ならではの活用がなされているようですconfident。で、やっぱり北前船の影響で、江差は京の文化を色濃く反映した町なんだってことを実感bell。生魚fishを入れて届ける専用の箱が、風通しを良くして鮮度をなるべく落とさない工夫をしたものなんだけど、家紋を透かし彫りした粋な意匠shineだったりするのよ。オッシャレ~cute。で、展示物の中に役者絵artなんかがあって、どうやら、京へ戻る北前船に奥様が乗り込んで芝居見物にお出かけになったようなのねship。片道3ヶ月の旅。なんておセレブring


2122お腹を満たした後full、旧檜山爾志郡役所へshoe。明治の洋風建築で、平成10年に修復されてリニューアルオープンnewしたそうですが、なんかペンキ塗りたてで作り物クサイcoldsweats01。少し古色がついた頃がイイかもね~smile。前庭には「土方歳三嘆きの松」なるものが植わっており、幕末の戊辰戦争bombの残り香が漂う町なのでした…japanesetea


23そしてその土方を見つめていたかもしれない近くのあじさいcute。…んなワケないかbleah


夜の部へ続く…soon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/16

姥神大神宮渡御祭~Part1

先週の11日(日)、20年越しの念願だった江差の姥神大神宮渡御祭にッ、ついに観に行くことが出来ましたーッhappy02sign03いや~、なかなかに古式ゆかしい趣きのあるお祭りでしたね~good


姥神大神宮は、西暦1447年に創建されたとされる道南・江差町にある、北海道で一番古い神社です。そこで毎年8月9日~11日の3日間行われるのが、姥神大神宮渡御祭、もちろん北海道最古の歴史を誇るお祭りなのでございますcrown。詳しくはこちら


さて、歴史あるものに惹かれるlovelyわたくし、高校時代の友人Aを誘って行きましたcar。朝10時頃函館を出発し、途中道を間違えるも、友人Aが「こっちッsign01」と指令を出してくれたおかげで道草を食いながら無事、お昼の12時半頃に江差に到着しました(直接だと1時間半くらいで着きます)sun


かもめ島の駐車場parking、と言っても砂利の更地に車を停め中心街に向かって行くと、いきなり山車(ヤマ)の巡行に行き当たりましたdiamond。キラビやかshineなものが大好きなわたくし、激写cameraしまくりッsign012日目に巡行するエリアに含まれる「いにしえ街道」は数年前に整備され、歴史的景観として統一されています。お祭りということだと思いますが、それぞれの表がお祭りの幕が下げられていてカッコイーッspadesign01

1358139










それにしてもやっぱり歴史があるだけに、山車のつくり、人形のつくりがハンパないくらいリッパなのよ~up。解説を見ると京都の人形師やら織物店やらに作らせたものだったりするのよね~。そこらへんのイベントに登場するハリボテとはダンチfuji。巡行の途中で、姥神大神宮縁の折居社へ参拝したり民家に寄ったり、結構イロイロするんですね~。江差追分道場では2階へ上がって、唄が聞こえてきてましたnotes。北海道指定文化財でもある「松寶丸」には人形が乗らないかわりに船頭として子供が乗ってるんだけど、お昼時とあってか、大きな口をあけてなにやらパクパクrestaurant食べておりましたよcoldsweats02。祇園祭のお稚児さんとは違うのね~smile

1617山車の巡行を遡るようにしてウワサの姥神大神宮へshoe。ここには山車のミニチュアが飾られていて、これまた精巧なつくりにミニチュア好きのわたくし、激写ッcamerasign01


次回へ続く~~on

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/12

「フイヤン派の野望」

佐藤賢一さんの「小説フランス革命」の第6巻book、第一部の完結ですend。王の逃亡事件後、憲法が制定され立法議会が始まるところから、主にロベスピエールの目線で描かれていますpen


いや~、このロベスピエールさん、まッた魅力的に描かれてますねぇgood。すっごいマジメspadeなのに下宿を提供してくれた職人親方の娘さんvirgoのことを思い浮かべたとたん下半身を熱くしてkissmark、「イカン、イカンbearing」なんて思っちゃったりしてcatface。もーカワイイんだからぁ~chick。ほんと、革命の志士たちも佐藤さんの手にかかると、となりのお兄ちゃんみたいになっちゃうhappy02


この巻では、ジャコバン派の同志だった一部が分裂し意見を異にして対立していく様子が描かれ、解決しなければならない深刻な問題も、次第に単なる政争の具となっていくのは今も昔も変わらないのね、と思えてくるワgawk


そんな中、直球勝負baseball、正論を吐きまくるのがロベスピエールさん。わたくしはこういうタイプ好きだけど、往々にして世の中うまく生きていけないのよね~weep。熟考を重ねて持論を構築していく中、しばし滞在した故郷で出会った運命のヒト、サン・ジュスト君のカリスマ的crownな論述にヤラれちゃってthunder、後の恐怖政治の予兆が感じられますshock。サン・ジュスト君、めちゃヤバイ~impact


そして我らがデムーランくん、相変わらずグジグジしておりますsmile。今や時のヒトとなったかつての仲間、ブリソを告発する冊子の原稿pencilを書き終えていながら、発表するかしないかで悩みまくりtyphoon。おまけにそれに追い打ちをかけるように、妻の妊娠の告白。ここんところの描写も爆笑ものimpact。『もう三ヵ月も来てないの」「来てない?なにが?」「だから、あれが」仄めかしたきり、それ以上をリュシルは言葉にしなかった。はじめデムーランは本当にわからなかった。もう三ヵ月も来ないというのは、もしや新聞の購読料のことなのか。』デムーランくんは新聞を発行してるヒトなんだけど、そりゃないでしょ~coldsweats01。いいなぁ~、デムーランくんpenguin


さて、7巻からは第二部、いよいよ対外戦争の足音footも高まって不穏な空気が盛り上がって参りました。それぞれのキャラクターたちがどう立ち回っていくのか、わかっていてもチョーたのしみ~~note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/09

「子供の名前が危ない」

命名研究家、牧野恭仁雄氏著book。いや~、こんなタイトルの本で(シツレイbleah)ちょっと感動させられるなんて思いもよらなかったワ~coldsweats01


以前仕事で、4000人からの子供の名簿を作るハメに陥った時、読み合わせで困ったのが、この「危ない名前」がぜんぜん読めなかったってことcoldsweats02。いわゆるキラキラshineネームってヤツですな。幼稚園児から中学生くらいまではほとんどこれ。たまに「なになに子」ちゃんとか「なになに男」くんとか出てくると心底ホッdashとしたもんです。


んで、なんでこんな全ッ然読めないような名前を子供につけるのか、その親の深層心理に迫ったのがこの本。ところどころヒジョーにビミョーsweat02な表現があったりして、ちょっとどうかと思うような部分もなきにしもあらずだったけど、著者の長年の研究に裏打ちされた説得力と誠実なお人柄がにじむ本でしたdiamond


子供の名前が、その時代に生きる人々の欠乏感を顕著に表すものである、というところは統計なども使っていて、なるほど~、と納得。そして社会迷惑な“珍奇ネーム”は、親個人の欠乏感や無力感の代償行為としてのものである、と結論づけてます。10万人以上の名付け相談を受けてきた著者ならではの説得力です。『珍奇ネームにこだわる人の心の中には、「自分はこうありたかった」「自分にはこれがない」という無力感が働いています。その結果「世の中の常識なんかに左右されない」「自分の個性を発揮して名づけをしている」という逸脱した形をとることになるのです。』他人が読めないような名前をつけて悦に入ってる、なんて十分カッコ悪いと思うけどねdown


で、わたくしがちょっぴりカンドーheart01したのは、親の代償行為による名付けでヘンな名前をつけられ悩んでいる人だけでなく、将来自分の子供にヘンな名前をつけてしまいそうなくらい現在無力感を抱えている人に向かって書かれた言葉。『(なんでこんな親のもとに生まれてしまったのかという思いに)それは正しい考えかもしれません。しかし、どんな社会的なハンディがあろうとも、心にどんな痛みをかかえていようとも、親、またその親たちが必死で生きてきた事実、くじけないで最後まで生きぬいた事実が、まちがいなく今の自分という存在の一部なのです。』『自分と同じ痛みをかかえていた彼らを、何の理由もなく、無条件に肯定できるかどうかが肝要なのです。』なんか、ヘタなセラピストよりよっぽど効果ありそうだわよねconfident


“珍奇ネーム”があふれる今の日本は、「真の個性」というものをはき違えた欲求不満バクハツbombimpactの社会ってことなのね。あー、なんだかコワいワ~~shock


ってなわけで、今後、人の名前からその親御さんの欠乏感の中身がわかっちゃうかと思うとちょっとオモシロいかも~smile。なんて言うと牧野さんに「そういうコトに利用すんじゃないッpunchsign01」って怒られちゃいソーbleah

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/08/06

「アッティラ!」

籾山市太郎氏著、表題作が第4回小説宝石新人賞受賞作book。なかなかにスットボケた味わいのある、掘り出し物の中編集good


表題作だけを読むと、なにやらちょっと非日常感が漂う、ほんわかしたオトナの童話的cuteな雰囲気があるんだけど、ほかの2編が独特の味わいがあっておもしろいのよね~happy01


文体的には短いセンテンスを歯切れよく重ねて、ここちよいリズムが生み出されるカンジがわたくし好みnote。そのテンポのよさが飄々としたテイストを醸し出してるんだけど、それでいてちょっとハートウォーミングheart01で、ニヤニヤしつつもラストにはプハッっと笑えるオチもあるsmile。なんかこー、しょーもないダジャレを壮大な(ってほどでもないけど)ストーリー仕立てにしてみましたってカンジ。遊びゴコロがあるんだわね~penguin


でも遊んでいながら、ちゃんと、ヒトが生きるということの深いところでの共感っていうか、「人間ってステキだなぁ~」って思わせてくれるっていうか、そーゆー人生に対する肯定感が何ともいえずイイわけですdiamondshine


いや、でもほんと、「アッティラ」におけるアッティルカイラーたちの歌の詩といい、「ほもよろを」のコトバ遊びといい、「マルチャペル」のマレ島の村長の話といい、籾山さんのセンス、わたくしスキだわ~~chick

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/03

ピンクのねこじゃらし?

徒歩shoeで通勤を始めたら、季節ごとに見えるものが変わっていくのを発見してeye、これまた楽しいのよねぇ~happy01


Dvc00003_2Dvc00001数日前からカワイイ~heart04って気になってたピンクのねこじゃらしcute、みたいなもの。調べてみたところ、「唐糸草」という名のようです。近くで見るとカタそう…coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/02

「消失グラデーション」

長沢樹氏著book、第31回横溝正史ミステリ大賞、大賞受賞作crown。「横溝正史」っぽいといえばそうなのかな~とは思うけど、「驚愕の真相」なる部分はミステリとしてはなんだかズルいカンジがするthink


とはいえ、この作品では、セクシャリティとジェンダーの問題がヒトとしてのアイデンティティと深く結びついている、ということが重層的に底辺に横たわっていて、そのあたり、極めて現代的だなぁ~と思うのよね~。


で、その現代的テーマとミステリを組み合わせた物語の緻密な構築力は並ではないワgood。気の利いた会話も地の文もお見事でshine、わたくし高校生の時、こんなにカシコい会話できなかったわよー的レベルのオシャレ度smile。ミステリ要素がなかったとしても、青春スポーツドラマsunとしてかなり読ませる作品になってると思うし。


でも、ミステリはいつも何も考えずに読むわたくしにすら、主人公椎名康が「なんかオカしぃ~typhoon?」って途中で気づかれるようぢゃ、まだまだかな?…なんちってbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »