« 「はるか南の海のかなたに愉快な本の大陸がある」 | トップページ | 「花嫁」 »

2012/11/02

「リアル・シンデレラ」

姫野カオルコさん著book。なかなか味わい深い小説ですねぇconfident


姫野さんは、わたくしが敬愛する評論家・斎藤美奈子さんがいつも好意的に取り上げる作家さんだったので、何か読んでみようと常々思ってましたhappy01


まず、“掴みrock”が魅力的note。小さな編集プロダクションで働く女性ライターが、童話を読みなおして翻案し大人向けのムック本を出版する企画のために「シンデレラ」を再読するところから始まるのね。で、このハナシ、全然主人公が目立たないっsign01ってところから始まって、そもそもこのシンデレラは幸せなのかっsign02ってなコトになって、本当に幸せな人生というのは、ある名もなき女性、倉島泉(くらしません)みたいな生き方なのだsign01という社長、矢作の思いつきにより、取材penが始まる…と。


倉島泉を取り巻く多くの人たちへのインタビューkaraokeと語りで、多方面から彼女を描き出していくっていう流れなんだけど、ある一方向へ流れていったかと思うと、ひとりのたったワンワード、ワンセンテンス、ワンフレーズで泉の印象がキラキラッshineと180度ひっくり変えるrecycle瞬間があって、その手並みの鮮やかthunderたるやタメイキものconfident。一気にシアワセ感満載heart04


斎藤さんが『語り手が随所で茶々を入れるのも姫野作品の特徴である。』と言及されている部分も、おおーこれかーhappy02、と堪能。それって人生の真理diamondだよな、ってつい苦笑しちゃうcoldsweats01鋭い批評精神が顔を出す。うん、確かにクセになるsmile


さて、童話のシンデレラは、意地悪な継母や義理の姉たちと実は価値観を同一にしている娘で、“仕返し”のお話だったけれど、倉島泉は“他人の幸せが自分の幸せheart02”と感じられるようにと妖精みたいなもんにお願いした、というお話でしたhappy01


しかし本筋とは別に、この泉さん、今年62歳におなりになるヒトなんだけど、娘ribbon時代のハナシとかなんだかものすごーく昔くさいカンジがするcoldsweats02。40~50年前の日本って、まだまだ貧しかったんですね…think

|

« 「はるか南の海のかなたに愉快な本の大陸がある」 | トップページ | 「花嫁」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/56027705

この記事へのトラックバック一覧です: 「リアル・シンデレラ」:

« 「はるか南の海のかなたに愉快な本の大陸がある」 | トップページ | 「花嫁」 »