« 「鍵のない夢を見る」 | トップページ | 「スピンク日記」 »

2013/02/17

洋琴庭ライヴ!第26回

Img142Img141ひゃ~、一気に18世紀のヨーロッパに連れてかれちゃいました~~notes


昨日お昼に行われた、函館ご在住のチェンバロ奏者、森洋子さんの演奏会event。札幌時代のわたくしの笛の師匠・H先生からお勧めを頂き、早速ウェブpc検索してみたところ、ちょうどバシッimpactとスケジュールが合う演奏会を発見eyesign01早速拝聴しに参りましたcar


今回は、「震災復興支援バッハシリーズ」の第6回目だそうで、ご自身へのチャレンジの意味も込めてバッハ作品のプログラムシリーズを、震災後から続けていらっしゃるそうです。もちろん、収益の一部は復興のために寄付をされているとのこと。スバラシいですshine


で、バッハは「平均律クラヴィーア曲集第1巻」第17番から20番までの4曲。…チェンバロで聴くバッハサイコーッhappy02impactsign03チェンバロの生音は初めてではありませんが、なんせ3~4メートルの距離で聴く音は、ほんとに弦を弾いてるんだな~と実感できるシズル感がありましたhappy01。わたくしは単なる音楽好きなので、技術や学術的なことはわかりませんが、ほんと、バッハの音楽の美しさはヒトが“美しい”と感じる根底に横たわるもののように思いますshinediamondshine。特に昨日の中では第20番が圧巻でしたthunder。もー、宇宙。コスモnight


「リサイタル」とはよく言ったもので、当時と全く同じというわけではない楽器とはいえ、こうして18世紀のバッハの音楽を「リサイト」して今まさに眼前で再構築してもらえるって、しかも、この函館でッsign01めちゃシアワセなことでございますheart02。ありがとうございますぅconfident


そしてこの日のゲストは、函館でご活躍のフルート奏者・池田桂子さん。わたくしが今まで教えをいただいてきているのは(偶然ですが)フランスで学んで来られた先生方ですし、自然とフレンチスクール系フルーティストの演奏を聴くことが多かったので、今回は新鮮な感じがしましたnew。プロフィールを拝見すると、池田さんがドイツで学ばれた方だからなのかも知れません。最初は少し硬かったように思いましたがだんだんと本来の音になられたようで、なんだかもー、ほんとにほっこりする暖かい音色でしたsun。フルートって木管だったのよね~bud、って改めて思い出させられる素朴な味わいspa。よかったです~~bell。アンコールの「G線上のアリア」もしっとりした深みがあって、最近チャラチャラ装飾してばっかりのわたくし、反省いたしましたweep


さて、「洋琴庭」というのは、演奏会場として使われている森さんのご自宅の一部。観葉植物cloverと床の木目に癒されるステキな空間でしたhappy01。いや~、アコガレますねぇ~shine。森さんは元々は九州のご出身のようですが、縁あって函館に本拠地を移されたそうです。音楽大学schoolでバリバリ教鞭を執られていらっしゃったようですので、バッハのスバラシさの秘密secretをアカデミックに解説karaokeしてくれるような機会があったらいいなぁ~なんて思いました。ただしッsign01わたくしのサル並みの理解力でも大丈夫なレベルでッsign01…って、やっぱムリですか…weep


正味1時間弱の音楽会でしたが、お天気のいい昼下がりsun、なんだかこれくらいが今のわたくしにはちょうどいいかもwink。手作りのお茶菓子cakecafeもおいしかったですしcatface、サポーターの方々にも感謝heart01、です。ごちそうさまでした&ありがとうございました~note

|

« 「鍵のない夢を見る」 | トップページ | 「スピンク日記」 »

ステージ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらにもオジャマします。
バッハのレクチャーは私なんぞでよろしければ、いつでも致します。「そこが聞きたいっ」「ここがワカラン」等たくさんお題を投げてみてください。打率3割くらい返せるか…な?三振じゃない、お三味線やっていらっしゃるのですか?私は在京時代、長唄三味線のお稽古しておりました。いろいろお喋り出来そうな予感(がぶり寄り)。ゆっくりまた♪

投稿: よこよこ | 2013/02/17 23時47分

よこよこさまsun

コメントありがとうございますッhappy02sign01
光栄ですshinesign01

バッハのレクチャー、していただけるんですかsign02私の理解力は破壊的impactですが大丈夫でしょうか・・・sweat02。現在のところは何から質問したらいいかわからないくらい混沌typhoonとしているので、少し自習してから「いい質問」させてくださいpencil

三味線は、大学時代のサークルで初めて触れてその奥深さに驚いたのですが、社会人になって大阪に住んでいたとき、本場・上方の地唄を先生について少し勉強し直しました。大阪を離れてからはもっぱら笛になっちゃいましたが、もっと年寄りになったらまた始めたいなぁと思っていますsmile

はい、いつかゆっくりお話させていただけたら嬉しいですhappy01sign01

投稿: かまど姫 | 2013/02/18 20時43分

私もお邪魔します!お二人のキューピッド?になれて嬉しいです。それと同時に、どうしてもっと早くかまど姫サマに洋琴庭ライブのご案内しなかったのかしら、と反省しきり。今度三人でお会いできる機会があれば楽しそう!それでは失礼いたします。

投稿: はち | 2013/02/18 21時43分

はちせんせいtulip

コメントありがとうございますーッhappy02sign01

ほんとうに~、もっと早く教えて下さっていればもっと森さんの音楽会に行けたのにぃ~pout。ってウソですbleah。いえ、後半はほんとですsmile

お二人とご一緒にお話できたらめちゃ楽しそう~happy02。次回おふたりのデュオなどの時には、ゼッタイ教えてくださいね。もうスゴい勢いで押し掛けますからーdash

投稿: かまど姫 | 2013/02/19 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/56778568

この記事へのトラックバック一覧です: 洋琴庭ライヴ!第26回:

» 洋琴庭ライヴ!vol.26〜バッハシリーズ第5回終了 [もりもり@函館「洋琴庭」]
今回はフルート池田桂子さんがゲスト。テレマンの無伴奏 ファンタジーからイ短調とニ長調の2曲、そして、ヘンデル のハレ・ソナタ イ短調を共演いただきました。 私のソロは平均律 ... [続きを読む]

受信: 2013/02/17 23時51分

« 「鍵のない夢を見る」 | トップページ | 「スピンク日記」 »