« 洋琴庭ライヴ!第26回 | トップページ | 「夜明けの雷鳴 医師 高松凌雲」 »

2013/02/20

「スピンク日記」

町田康氏著book。「スピンク合財帳」の前に書かれたもので、続編よりちょっと批評性が高いのと、主人・ポチの情けなさがよりクローズアップされてますcoldsweats01


ほんとに、ポチを語るスピンクの口調には大爆笑ッimpacthappy02sign01どうしても町田さんを脳裏に浮かべながら読んじゃうんだけど、その己を自虐的に客観視する目は大阪人らしくて、もー可笑しくてたまらんわけですfuji


こちらでは、町田さんとスピンクdog&キューティーdog(あとからもらわれてきたスピンクの兄弟)との写真cameraがたくさんあってほほえましかったり、プッdashってなったり、サービス満点の1冊sun


「我輩は猫であるcat」の犬版dog。ほっこりしますspa

|

« 洋琴庭ライヴ!第26回 | トップページ | 「夜明けの雷鳴 医師 高松凌雲」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/56586103

この記事へのトラックバック一覧です: 「スピンク日記」:

« 洋琴庭ライヴ!第26回 | トップページ | 「夜明けの雷鳴 医師 高松凌雲」 »