« 「ソロモンの偽証 第1部 事件」 | トップページ | 「古代日本の超技術 改訂版」 »

2013/03/28

「幻月楼奇譚」

いいなぁ~「若旦那」heart04。わたくしも「若旦那」になりたいぃぃぃーッhappy02sign01。今市子さんのコミックス。ダンサー・タラこさんが貸してくれたもの。


鶴来升一郎(つるぎしょういちろう)は、老舗の高級味噌屋の若旦那。名だたる「道楽息子」で器用貧乏の変わり者。そんな彼のご贔屓は、怪談にしか能がな く、金次第でなんでもする曲者の幇間(たいこもち)・与三郎(よさぶろう)。嘘か真実か若旦那、与三郎に言い寄って!?吉原の料亭「幻月楼(げんげつろ う)」の座敷を夜ごと彩るのは、人の世の欲望とあやかしが織りなす不思議語り。』(コミックス裏表紙より)って内容デスcatface


コミックスはカラーページがほとんどないんだけど、とにかく昭和初期の和服と洋服が入り混じったBL的オトコふたりの佇まいがマジ美しいのよーheart01。特に和服は花柳界が舞台だから、ちょっと崩れたカンジがまた色っぽくてkissmark。このシリーズのオールカラー画集artの発刊、超熱烈希望ッsign03


のほほん升ちゃんspaもいいけど、与三郎さんがまたイイ味出してんですよね~good。かつて痴情のもつれから半殺しの目thunderにあってて、片足棺桶に突っ込んだ経験が彼のキャラクターを作ってるんですconfident。だもんで普段は飄々としてるんだけど、彼の根底にはくらーい虚無感mistが漂っていて、それがまた何ともいえないノワール的魅力nightを醸し出してるわけです(第二巻・其ノ八)lovely


今市子さんの作風は、誰がしゃべっているのかすぐにはわからない伏線が張ってあったり(似たキャラだと区別がつかない場合もある…sweat02)なんかして、一読では理解できないのに加えて、ミステリーでもあるのですっごく面白いつくりになってるnotes。わたくし3回、しかも行きつ戻りつ読んでrecycle、やっと「おおー。そーゆーことだったかー。ウマいなぁーcatface。」


升ちゃんと与三郎さんの間がこれからどうなっていくのかタノシミ~~note。ムフフ~chick

|

« 「ソロモンの偽証 第1部 事件」 | トップページ | 「古代日本の超技術 改訂版」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/56823216

この記事へのトラックバック一覧です: 「幻月楼奇譚」:

« 「ソロモンの偽証 第1部 事件」 | トップページ | 「古代日本の超技術 改訂版」 »