« 「感染広告」 | トップページ | 宝塚星組公演「誠の群像 -新撰組流亡記-」(’97) »

2013/03/13

「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」

辻村深月さんの2009年刊行の長編book。うーむ、たくさん女子ribbonが出てくるんだけど、ほとんど共感できるヒトがいなかったワー、な作品down


いわゆる「母の娘」ってやつですな。ひとりは何でも、それこそ合コンの詳細についてその場を抜け出して電話mobilephoneで母親に報告するようなべったり母娘。もうひとりは、虐待に近いくらいの躾をしながら精神的に娘を束縛する母娘。2つのタイプの娘たちはその後どう生きていくのか、ってのがテーマなんだけど、わたくしにはほとんど理解できなかったtyphoon。ので、ベッタリ娘が母を殺してしまう経過もほとんど理解不能despair


その背景に「地方」というものがあるらしく、立派な「地方」ではあるけれどやはりちょっと精神性がほかとは違うのかも知れない北海道育ちのわたくしには、そのあたりも、肝心のところでわかんなかったsad。娘が合コンで遊びまくってるのを知ってる母親が、結婚前に妊娠しているのを知ったとたん、娘を「傷物」呼ばわりするって…wobbly。「地方」だと、そうなのgawk


ことほど左様に、「へー、そーなのー…。」で終わってしまったわたくしですが、女のヤラシー感じは近作よりわかりやく出ていて全編イライラさせられっぱなしannoy。ヒジョーにストレスの溜まる一作ですが、これがビシッsign01とハマるヒトもいるんだろーなーgawk。ご愁傷様デスdanger

|

« 「感染広告」 | トップページ | 宝塚星組公演「誠の群像 -新撰組流亡記-」(’97) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/56948420

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」:

« 「感染広告」 | トップページ | 宝塚星組公演「誠の群像 -新撰組流亡記-」(’97) »