« 箱館奉行所~Part2 | トップページ | 「イタリア人と日本人、どっちがバカ?」 »

2013/04/18

「ソロモンの偽証 第Ⅱ部 決意」

宮部みゆきさん著book。相変わらずブ厚い単行本でもスルスル読める驚異的リーダビリティgood。「起承転結」でいえば「承」の部なので、表面的なダイナミズムには乏しいかなーdespair


第2部では、第1部で起きた事件についてヒロインribbon・藤野涼子を中心に「学校内裁判」をすることになり、他校の生徒・神原和彦も加わって調査を進めていく過程が描かれてます。自分のことを思い起こせば、こんな賢い中学生いねーよannoy、ってカンジだけど、「こども」という種族がその目線で「おとな」並の知性で社会を見たらこうなるのでは、っていう宮部さんの試みとして読むといいのかな~think


宮部さんの、人間賛歌notesっていうか、人間の底力spadeを信じて肯定するっていうテイストがこの作品でも色濃く出ていて、たとえば中学生たちが「自分自身のために真実を見つけよう」と奮闘する姿を嬉しそうに見守って力添えをしようとするオトナたちの描き方がイイのよね~confident。津崎元校長とか探偵事務所の河野所長とか、あと変則だけど北尾先生とか。彼らが登場するシーンは思わずニンマリしちゃうcatface。まぁちょっとわかり易すぎるけど、わたくしはスキheart01


さて謎解きパートでは、死んだ柏木君に当日、何度も違う場所の公衆電話から電話している人物がキーkeyになって来ていて、それはおそらく神原君であると読者には見当がつくflairんだけど、それが柏木君が唯一尊敬してたっぽい塾の先生と絡んで、事件全体をどう解きほぐしていくのか、ってところが第3部の読みどころですね。うーむ、例によってわたくし、ゼンゼンわかりませんcoldsweats01


さて、わたくしイチオシのモリリンこと森内先生rouge、第1部で着せられた濡れ衣の真相が関係者の知るところとなりました。これからいかに逆襲するのかッimpactpunchsign01ってところにわたくし大注目してるんだけど、まだ自分のことでイッパイイッパイsweat01、ってカンジでわたくしの期待には応えてくれてないのよねーdown。ただ第2部のラストで何者かによって大怪我をさせられる事件が起きたので、「転結」でいよいよ彼女が真の姿を現すッsign01ってのを待っております。けど、期待しすぎsweat02

|

« 箱館奉行所~Part2 | トップページ | 「イタリア人と日本人、どっちがバカ?」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/56965196

この記事へのトラックバック一覧です: 「ソロモンの偽証 第Ⅱ部 決意」:

» シャープはどこで目のつけどころを誤ったのだろう? [読後充実度 84ppm のお話]
 日曜日は新得町で行なわれた“新得新そば祭り”に行ってきた。 開会は10時からで [続きを読む]

受信: 2013/04/24 05時45分

« 箱館奉行所~Part2 | トップページ | 「イタリア人と日本人、どっちがバカ?」 »