« 貴婦人と一角獣展 | トップページ | 「文鳥様と私 1~2」 »

2013/05/05

「東京島」

桐野夏生さん著book。桐野さんの作品はわたくしあまり好みではないんだけどbearing、ベストセラーにもなったしってんで文庫になったのを買ったまま放置してあったのをやおら取り出してみました。これって、ブラック&シニカルコメディものとして読んでいいのよねsmile?筒井康隆氏ほどのドトーの突き抜け感dashは当然ないけど、まぁ傾向は近いっていう。


無人島に流れついた男drama31人の中に女rougeが1人っつー、どーしたってエロゲロkissmarkな展開を頭に浮かべてしまう設定なのにもかかわらず、桐野さん特有の乾燥した筆致が、今の日本人の無味乾燥で自分以外の人間には無関心なありようをうまく掬ってるカンジがするgood


聞くところによると、戦中に実際に起こった事件を下敷きにしてるそうで、現実では本当にひとりの女性を巡って男たちの中でガツガツ殺し合いthunderがあったとか。昔のウェットな日本人だとそういうことになるんだけど、現代のパサパサした日本人だとこーゆー風になるんじゃないか、と。なるほどーthink


しっかしトーカイムラに押し遣られたワタナベさん、ほんとーにケッサクでわたくし何度も大笑いしちゃったimpacthappy02。ま、知り合いにはなりたくないけどbleah。だけど「女の代表」が清子さんってのがどーにも…sweat02。桐野さんの好きそうなキャラだし、ひとり残された女が“40代のデブ”っていう設定にもイヂワルな目線とチャレンジングな精神があってオモシロいんだけどねーcoldsweats01。それともこれは、いわゆる「ポリティカル・コレクトネス」の一環ってことなのかしらねthink


これまで(ってかわたくしそんなに読んではいないけど)桐野作品は、重たいドシリアスなもの(「アウト」を読んだ時は衝撃的だったけど)が多くて、冒頭に書いたようにわたくしは好きじゃないんだけど、このシニカル&シュールなファンタジックコメディ調は好きかもhappy01。本人はそういうつもりで書いたんじゃないかも知れないけどね。今後は“女版筒井康隆”で新境地を開いていってほしいなぁ~ship

|

« 貴婦人と一角獣展 | トップページ | 「文鳥様と私 1~2」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/56973160

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京島」:

« 貴婦人と一角獣展 | トップページ | 「文鳥様と私 1~2」 »