« 「文鳥様と私 1~2」 | トップページ | 「沈黙の街で」 »

2013/05/11

「落下する緑 永見緋太郎の事件簿」

田中啓文氏のミステリー連作集book。こちらがシリーズ第1弾。かるーく読めてオモシロいですhappy01


語り手は自らジャズクインテットを率いる唐島さんなんだけど、そのメンバー・永見緋太郎クンが「日常の謎」をサクサクっと解く探偵役search。この永見クンのキャラがサイコーにキュートchickなわけですよーhappy02。音楽以外全くなんにも知らないコドモみたいなニイチャンなんだけど、テナーを吹かせたら大天才shine、ってとこもイカすのよねーgood。唐島さんと永見クンのやり取りに毎回吹き出させていただいてますcatface


ジャズ演奏シーンnotesがほぼ毎回出てくるんだけど、わたくし、全く聞かないジャンルのフリージャズなのにもかかわらず、なんかもー文章を読んでるだけでワクワクしちゃうheart02。田中さん自身もテナー吹きらしいので、うれしたのしnote、のコーフンdashがイキイキと伝わってくるのねーhappy01。その演奏シーンが謎を直接解決する一編「砕けちる褐色」は名作~fuji


ちなみに、文庫版あとがきの山下洋輔さんの文章もウマいbell。山下さんの音楽はゼンゼンわかんないんだけどもcoldsweats01

|

« 「文鳥様と私 1~2」 | トップページ | 「沈黙の街で」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/57363060

この記事へのトラックバック一覧です: 「落下する緑 永見緋太郎の事件簿」:

« 「文鳥様と私 1~2」 | トップページ | 「沈黙の街で」 »