« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013/06/29

大船遺跡

Photo函館・南茅部地区、縄文文化エリア第2弾scissorssign01縄文人さんたちが生活されてた跡地house。「カックウ」さんがいらっしゃるところから、車carで10分くらいの高台にあります。


ここは海waveが遠くまで見渡せるeyeところで、ここで生活していたヒトたちは山fujiや海waveと一体になって生活していたんだなぁ~というのが実感できる場所ですconfident。海や野山の様子を観察しながら、自分たちが生きていく上での術diamondを得ていったってことなんでしょーねぇ。

Photo_3 Photo_4 Photo_5


縄文文化交流センターでは、どんなものを食料restaurantとしていたか展示されており、野山の収穫物から鯨まで(どうやって捕鯨したんダロ…coldsweats02)、ありとあらゆるものが命の糧とされていることがわかります。面白いのは、日本全国の遺跡発掘物を分析すると食の傾向がわかるってやつflair。南茅部地区の人たちは、やはり魚介類fishの摂取が多かったようですね。血液サラサラ~happy01


ここの竪穴式住宅、特徴的なのは掘られた地面の深さupdownがスゴいってことらしく。これって雨水rainが入り易いんじゃないの?って思うんだけど、どうやら寒さsnowを防ぎ易い構造になるらしい。ナルホドconfident。北国の知恵shine。家屋が密集して建てられてたってのもそういう意味もあるのかもね~。

Photo_6 Photo_7


Photo_8ここには「大船遺跡埋蔵文化財展示館」なる建物があるんだけど、中は教育委員会による「世界遺産に登録されるまでガンバローpunch」的展示がメイン。あとは「カックウ」さんが発掘されたときや国宝に指定されたときの新聞記事などが掲示されてて、当時の興奮した様子が伝わってきてなかなか興味深シsmile

Photo_12 Photo_13


そしてなんとここにもジオラマッsign01遺跡を発掘している様子なんだけど、別にワザワザジオラマにする必要もないと思うんだけど、ほんと、函館のヒトたちってジオラマ好きねぇ~coldsweats01。わたくしも大好きだけどheart04。ウヒsmile

Photo_9 Photo_10 Photo_11


わたくし、今回の南茅部・縄文文化に触れる旅に出るまでは、「北海道・東北縄文文化エリア」を世界遺産crownに登録しようだなんてなんつーオコガマシいことよsweat02、とヒソカに思ってたんだけど、実は世界的にみても貴重なエリアshineだったんですねー。ハンセイいたしました。ハイpaper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/25

函館市縄文文化交流センター~Part2

「展示室3」は、縄文人の精神性diamondを表すものとして「足形付土版」や埋葬の副葬品の展示がなされてます。この「足形付土版」はこどもの手paperや足footを粘土板に押し付けたものなんだけど、どうやら幼くして亡くなった我が子の想い出の品として家の壁に掛けていたり、お墓に石剣とともに埋めて来世での加護を祈る、なんてゆー意味が込められていたようだ、と。カンドー的なお話ですねぇweep。んで、この「足形付土版」をテーマにあまさかゆうさんが童話bookを創作されていて、これがまたステキなお話なのよ~heart02。縄文人さんたちのイメージがイキイキと広がりますsun。この童話は、当りのカフェcafeで教えていただきましたgood

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4


Photo_5Photo_6そしてイヨイヨ「展示室4」flag。満を持してのご登場ッimpactsign03「カックウ」さんッsign01闇の中にぼうっと浮かぶ「カックウ」さんcrown。神々しくも素朴な味わいshine。ツヤツヤした飴色は頭上のライトを柔らかく反射して意外となめらかな質感。顔ツキは、「プー。モンクありマス。」ってカンジでなんか愛嬌あるのよねーsmile。背後に回ってみると背中にはくるりーん模様が。カワユイchick。作者さんも楽しんで作ってたんじゃないかしらね~happy01。しかし、まさか何千年も後の時代にこんな下へも置かない扱いfujiを受けるようになるなんて思わなかっただろうな~confident

Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10


CtPhoto_11国宝diamondともなると、CTスキャンにかけられちゃって内部が丸わかり状態にcoldsweats02。全体的に驚異的な薄さを誇っているそうだけど厚みを変えて割れ易い部分をわざと作っていたようです。土偶は、縄文人の死生観が表されているという説があって、本来壊されて副葬されたようだけど、そういうものにこれほどまでに手を掛けてたっていう事実に、縄文人さんたちの精神性の深さが感じられますwave

(続く~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/21

函館市縄文文化交流センター~Part1

PhotoPhoto_2いや~、「カックウ」さん、思ったよりダンゼンウツクシくてshineいらっしゃいましたね~happy01。現在のところ北海道唯一の国宝「中空土偶(通称・茅空~カックウ~)」さんに会いに行って参りました~cardash


函館市内から北東方面、車で1時間くらいで行ける南茅部地区。大昔、仕事で徘徊して以来、ものすごーく久しぶりに「漁村」fishにやってきましたsun。で、到着したのがお昼前で、あまりの空腹にとりあえず、地元で発見した「グルメマップ」に載ってたカフェcafeへ。ココ、よかったですヨーgood。落着いた店内にジャズnotesが流れるオサレなカフェで、どうやらこちらのマスターは、南茅部の町振興的な活動をされているようで、「国宝見にきましたー。」と言うと、「これどうぞ。」「あ、こんなのも。」「これは?」「あとこれも。」と次々にいろんなパンフレットを繰り出してくれて、国宝訪問の前に予習ができましたpencil。ありがとうございましたhappy01

Photo_3 Photo_4 Photo_5


さて、大型連休後の“国宝の館”はイイカンジでスキスキで観易かったワ~smile。「展示室1」では世界の古代と日本の縄文時代を年代軸で比較展示するコーナー。わたくしが七転八倒しつつsweat01習得に努めている横笛の最古のものが発見されてるのが中国なのねーjapanesetea。でもこのパネルを見てると北海道の縄文文化って世界的に見てもかなり古い時期から始まってるのねぇcoldsweats02。東北のエリアも含めて世界遺産にpunchsign01ってのもまぁアリなのかもねcatface。それにしても奈良や京都の都で華麗なる恋愛絵巻heart02が繰り広げられてる時、北海道では「擦文文化」なわけね…sweat02

Photo_6 Photo_7 

Photo_8 Photo_9 Photo_10 Photo_11 Photo_12 Photo_13


2「展示室2」は、南茅部エリアの縄文人たちがどんな生活をしてたか、遺跡からの発掘品をずらーりと並べて見渡せるようになってます。圧巻ですimpact。展示の仕方も工夫されていてちょっとラブリーだったりするのよねーheart04。やっぱりここでもジオラマッsign01楽しいッhappy02sign01しっかし、驚異的に手先の器用なヒトって古代からいたのねーconfident。ほんとーにスゴしdiamondきっとムラビトのソンケーのまなざしheart01を一身に集めてたんだろーなーsmile。「古代日本の超技術」でも言及されてた天然アスファルトの利用を最初に考えたflairヒトとか、ヒスイ(ここでも展示されてたけど、加工技術スバラシ~~shine。写真のはイマイチだけどホンモノの色はすっごくキレーshine)を加工したヒトとかfuji。説明文にあったアスファルト塊発見時のエピソードはスゴいワよーcoldsweats02。かたまりの上の方は指で押すと柔らかくて油分が滲み出てきたとか。生きてるぅ~~club

Photo_14 Photo_15 Photo_16
Photo_17 2_2 2_3 2_4 2_5 2_6

Photo_18 Photo_19 Photo_20


(続く~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/17

「ドキュメント カタラヅカいじめ裁判」

うーむthink。Amazonの評価にダマされたワ~bearing。フォトライター・山下教介氏著book


わたくし、約5年前に起こったこの事件自体全然知らなかったのでヘー、だったんだけど、Amazon内をクロールpcしてたときこの本を発見flairして、『前略)バックの阪急・阪神という巨大資本を前にして報道をひるむ在阪マスコミ……創立100周年を前にした宝塚歌劇のありようが問われた裁判の真実。』(「商品の説明」欄より)ってのを読み、ウム、これは社会派ダナ?なんつって「ショッピングカートに入れる」ボタンを押しちまったですよdown


一読、まーとにかく文章がヒドいng。“てにをは”もオカシければ、主語はナニ?だし、慣用句も誤用頻出。編集者も校正しないのかヨーannoy。気持ちはわかるけどサー、それをもちっと理知的に伝えられるようお勉強schoolなさった方がよろしいのではないでしょうか。上から目線downwardrightで恐縮ですけどsmile


それと肝心の内容だけども、書籍中に再録されてる週刊誌の記事以上のものがないのよねーgawk。まぁ確かに出版当時、当事者は未成年が多かったのかも知れないけど、音楽学校への体当たり取材pencilもナシ、当事者である彼女らへのインタビューkaraokeもナシ、せめて原告側代理人の話を採録する、もナシで、裁判の記録をなぞっただけ。なので、問題解決への提言もナシの、単なるヅカファンのガールズトークribbonレベルで終わってる。「ねー、こんなんでいいのー?」「だめじゃんねー。」以上、終わりend。…カネ返せーweep


「タカラヅカいじめ事件」。昔から生徒たちの間のいじめ合戦impactはスゴい、これで根性が鍛えられる、とかいうウワサは聞いてたけど、やっぱ宝塚音楽学校もチマタの中高校と同じレベルだったのか…crying。“正式な教員免許を持たない指導者もいるから全人教育が出来ないとは言わせない”ってくらい、逆に、こんな世の中だからこそ、「宝塚の精神diamond」をビシッsign01と生徒たちにタタッコむthunder、くらいの心意気が音楽学校には欲しかったわねぇーsad


でも、「宝塚の精神diamond」とは何なのか、それが問題カモ~smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/14

市立函館博物館郷土資料館~Part2

(前の記事からの続き)

ここでも復元の様子がビデオtvで流されていて、保存されていた「杉板」や「レンガ壁」が見られます。「杉板」の復元したものは箱館奉行所で見られましたが、こちらが同様のものの原本。ボソボソsweat02

Photo


こちらの写真は、函館湾に面したところに建てられていた「勝田旅館」hotel。宿泊客も外国人が多いようです。函館では有名なソーセージ職人のカール・レイモンさんの奥様のご実家だったそうです。あぁ、ハイカラhappy01

Photo_2


こちらが、熊四郎さんが洋行の折イタリアで購入したスイス製のオルゴールnotes。1892年にご購入だそうですから製造から120年以上は経ってるってことですね~。スゴーcoldsweats02。入口すぐのセンターに鎮座していました。おじさん、早速回してくれますhappy02


函館は、船shipから街を観たとき外国人へのアピールのため、洋風に見えるよう1階は和風、2階は洋風に建築するよう揃えたようで、それは今でも元町界隈 に残っていて函館の街のイメージを決めていますgood。しかし現在に至るまで、函館市中は何度も大火に見舞われており、再建のたびこの和洋折衷様式は継承されていて、他の地域ではあまり例がない。それについては何故なのか、資料館のおじさんもわからないとおっしゃっていました。恐らくそれは、ハイカラの街・函館の 自負、というか誇り・心意気diamondの現われなんだと思いますshine


それにしても、こうやっていろんなシンドい目weepに遭いながらも逞しく生き抜くpunch函館の商人やその街並の写真を見ていて、フと思ったコト…。後世のわた くしたちが「ロマン」だなんだ、って言ってる函館戦争bombって、函館市民にとっては実はすんごいメーワクdangerなことだったんじゃないか、と。江戸幕府軍とそのクーデターの軍隊が京都や江戸でドンパチimpactやるのはまぁしょーがないと思うけど、当時の函館人としては、それがよもや函館に飛び火するとはッsign01ってカンジ だったんじゃないかしら~bearing。榎本さんが船に乗ってやって来て、蝦夷に共和国をおっ立てるなんつって函館に上陸したせいで、街に砲弾がドスドスthunder落ちることになっちゃったわけだからsweat02。まぁ、逞しい函館人はどこぞに避難してrunいたんでしょうけど、そーゆー市井の人たちからの視点eyeも忘れちゃいけないよナー、なんて思ったのでしたthink


なんて、殊勝なことを書きつつも、次は「土方歳三記念館」かーcatface?とミーハー丸出しのわたくしでしたsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/11

市立函館博物館郷土資料館~Part1

Photo_4  Photo_2 Photo_3

引き続き、“幕末函館シリーズ”flag。こちらは、厳密にいうと幕末というより明治初期。明治13年に建てられたハイカラ・函館を代表する「旧金森洋物店」の店舗を、平成10~11年に復元改修した建物。民間の文化をヴィヴィッドhorseに伝える建物として北海道の指定有形文化財となってます。趣たっぷりですね~~wink


入口入ってすぐ左に掲げられているのが、当時お店の販促用に作られたポスター。往時の賑わいが聞こえてくるようですnotes

Photo_5


ここにいらっしゃるおじさんが「ご説明しましょうか?」とおっしゃるので、カブリ気味に「はい、お願いしますsign01」。創業者の渡邉熊四郎さんはもともとは大分出身で船について学びpencil、北前船に乗って函館にやってきたship、と。で、函館戦争bomb時、函館山の頂上から街中を見下ろしたとき、港でたむろする外国人を見て、これじゃsign01と洋物専門の雑貨店を開く決意をしたそうな。そこからは商才を発揮しまくってthunder、どんどん商売の手を広げ、度重なる戦災と火事にもめげず函館の経済と文化の発展に貢献しまくったおひとデスsmile


おじさんの熱弁により、わたくし生まれて初めて、レンガの積み方に「イギリス式」と「フランス式」があることを知りましたflair。ま、知ってどうだ、ってことはないんだけど。カッチリした「イギリス式」は主にお堅い仕事を必要とする役所系建築物に使われ、経済性に優位な「フランス式」は民間系に多かったとか。この建物は折衷のようですね。

Photo_6


1階はお店の内部を再現してます。全部ホンモノですgood。半被と一緒に展示されてた手ぬぐいのデザインがカワイイ~chick。そして主人と番頭さんしか座れなかった帳場yen。一般人のわたくし、いまや図々しくも近寄っておりますcatface

Photo_7 Photo_8 Photo_9

そして2階は、ここにもうっひゃーッhappy02sign01のジオラマッsign01函館ってば、ジオラマ好きheart02。函館のインタナショナルな雰囲気が再現されてますnote

Photo_10 Photo_11 Photo_12

店の暗がりで密談するオトコふたりcoldsweats02

Photo_13


犬と戯れる丁稚さんdog

Photo_14


内部からの窓枠。モダン~~bell

Photo_15 Photo_16

(続く~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/08

洋琴庭ライヴ!第27回

Img167Img168あぁぁぁ~、このまま永遠に聴いていたいぃぃぃ~~heart04。ウットリ聴き入った1時間半。今年2月に初めておじゃましたチェンバロ奏者、森洋子さんの「洋琴庭ライヴ」note、昨日夜に行われた第27回を聴きに行ってまいりましたーcar


2月のお昼sunもとってもキモチのイイ演奏会でしたが、夜nightもまた雰囲気があってステキ~heart01。蛍光灯の明かりを消すとチェンバロの周囲だけほわーっと白熱灯の温かい光shineに包まれて、おぅ~ってカンジになるのですよhappy01


そして今回は、昨年春から始められたという“震災復興支援バッハ平均律第1巻全24曲の演奏”の最終回。いや~、わたくし、このシリーズ終盤とはいえ、間に合ってヨカッたーーーhappy02。もともとバロック音楽は好きだったのでよくCDcdは聴いていたし、自分でもバッハは(ムスコちゃんの作品も含めて)何曲か発表会で吹いたりしてましたが、前回の「洋琴庭ライヴ」を聴いてから、ますます掴まれrockちゃいました。バッハ、なんかスゲーッimpactsign01


森さんのチェンバロは、音noteのひとつひとつが明瞭にピカッshineと光っていて、たくさんの音があるときでも旋律が瑞々しく浮かび上がって来ますdiamond。この明確さは森さんのお人柄なのかも知れませんねclover。聴いていてすっごくキモチイイんですfuji。音が多いときはもちろん音が少ないときも特に、バッハの音楽にはムダな音がひとつもない、ということをはっきりと解らせてくれますbell。普段ニッコニコの森さんがチェンバロに向かうと、「うしッsign01」と眼光スルドくthunderなる姿にもシビレますlovely。やっぱ、演奏家にそんな気合を注入するバッハッsign01あぁー、なんてカッコいいのーッsign02


…と叫んだところで、昨日のゲストはヴァイオリニストの烏野慶太さん。演奏時の横顔はちょっと横尾忠則氏似smile。正面から拝見すると全然違うのに。ドイツの音楽大学をご卒業後、ドイツのオーケストラで演奏活動をされて昨年帰国されたそうですairplane


わたくし、ヴァイオリンのことはよくわからないので、初め、その素朴な音色chickに「もしかして古楽器なのかしら~?」(昔の津軽三味線を聴いた影響かsign02)って思ったんだけど、アンコールの「G線上のアリア」では艶っぽい音kissmarkも聞かせてくれて、「ん??」だったのデシタ。で、演奏会後にお話を伺うと、現代ものだそう。スゴいですねーcoldsweats02。弾き方ひとつでこんなにも全然違う音色を作り出せるものだとは全く知りませんでした。バッハの時代のヴァイオリンは弦も弱く、弓も全体的に軟らかいものだったのでこんなカンジだったのでは、とのことでした。なるほどーconfident。それにしても烏野さん、お話なさる時、相手の目をその大きな丸い目でまーっすぐにヒタとご覧になる方で、日本人には珍しいなぁーと思いました。でも指導者ならこのメヂカラeyethunder、すっごく説得力ありそうcatface


バッハの時代の演奏を再現しながらのソナタ。ほとんどノンビブラートで、ふぅわりとした中に微妙な陰影があります。現代の盛り勝ちな音色や演奏に慣れている耳には、前回のフルート同様新鮮な印象を受けましたconfident。第2楽章はあまりの美しさにナミダ…weep。「G線」はオモシロかったですー。装飾がバリバリ入って若干演歌ギミsmile。フルートの工藤重典さんが、バッハは演奏家が多少アドリブや装飾を入れたところで全くビクともしない、と書かれてたのを思い出しました。なんつー包容力wave。かくありたし。


演奏会後は、今回はオードブルrestaurantとお飲み物cafewineつき歓談会delicious。前回のデザートcakeも美味でしたがオードブルもおいしかったですぅ~happy01。特にキッシュheart02。ほんとに、サポーターの方々には敬礼でございますdiamond。ありがとうございましたsign01


12月にはわたくしの師匠、H先生がご登場shinesign01ぜひ「洋琴庭」で拝聴したいですッsign01(伺う気マンマンッdashsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/05

「ソロモンの偽証 第Ⅲ部 法廷」

いや~、柏木君、とんでもないワルだったワーtyphoon。もーいくら「中二」だって気分ワルすぎぃdown。それにしても直球baseballど真ん中、ちょっと青臭かったかナ~~~smile。宮部みゆきさん渾身の長編、最終巻book


もうここまで来ると、中学生たちが主人公だと思わない方がいいんだろうけど、表向き、考えの浅いコドモたちの世界で起こった事件を、コドモたち自身が、そのまっすぐな目線eyeで「裁判」を通して判断するっていう舞台装置を通して、その実、同様に思慮に欠けるバカなオトナたちをも断罪するthunderって趣向だったのね、とわたくしは解釈するものでございますconfident


わけのわからない自意識過剰思考からくる周囲への根拠なき蔑視や嫉妬、暴力やいじめ、見て見ぬふりで放置される不公正、不確かな情報を元にした思い込み、およそ「知性・理性」(「ソロモン」の象徴ね)からは程遠い人間たちのふるまいが次々と裁判によって白日の下に晒されていき、そのたびにコドモたちはいろいろ考えるわけです。そして神原くんの血を吐くような証言によって「ソロモンの知性と理性」に気づいた三宅樹里が、ラスト、心の底から叫んだ「偽証」が、「知性・理性」を充分に踏まえた上でのものであった、ってところにこの作品のキモdiamondがあるってことかな~。


相変わらず、緻密に重ねられるエピソードの数々や感情の動きの細かい描写penは、スミズミにまで目配りが行き届いてて、サスガ~good。藤野涼子ちゃんとお父さんのやりとり、判事・井上康夫とその姉との関係あたりの描写は特にイイッhappy02sign01ほかにも、弁護側の証人として出廷するホンモノの弁護士の今野氏drama。コドモたちの思考を正しく導くお手本のひとりspade、ステキなオトナとして登場してますshine


ってなことで、いろいろ考えさせられながら読了したわたくしですが、がッsign01どうした森内恵美子ッsign01復活どころか尻すぼみぢゃないのッpoutsign03最後にチョコッと貢献はしたけども、こんなことぢゃダメじゃんッngsign01第Ⅰ部での勢いはどーしたッsign02コイツも「中二病」患者だったのかッannoysign01


宮部さんにはぜひ、森内恵美子教諭ribbonを主人公とした、超選民思想による教育schoolをテーマとした作品を書いていただきたいものです。フハハsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/06/02

「カラマーゾフの妹」

巷で評判だった本作、ウワサに違わず面白かった~happy02。高野史緒さん著book。第58回江戸川乱歩賞受賞作crown


最近「カラマーゾフの兄弟」のドラマtvを観て、「あぁ~、積読になってる原作も読まなきゃ~~sweat01。」と思いつつ、あまりの長大さにヘナチョコヘタレのわたくし、「こっちを先に読んじゃおー。」ってなことで「妹」です。本編原作を読んでなくても、とりあえず高野さんの“親切な”ガイダンスにより「本家」との繋がりが推測できて、「なるほど、こーゆーふーな読み解きもできるわけなのねー、フンフンdash。」と、わかったような気になれる作品となってますgood


本編原作では長大であるがゆえに曖昧に残されている要素を手繰って、矛盾なく謎解きに導いていく描写も密度大&緊張感があるしdiamond、その犯罪の背景にある精神的な領域の問題も、今となっては使い古されたものであるにも関わらず、本編原作を、その時代性と相俟って合理的に解釈できる、っていう説得力のあるものになってるってのが、ミソなのねbell


選評を読むと、既作を底本にしたものを公募賞に応募することについて賛否が分かれたようだけど、ここまでのレベルのものはそう簡単には描けないでしょ~up。面白かったのは、それに関して選者の京極夏彦さんと今野敏さんが正反対leftrightのコトをおっしゃってて。京極さん『パスティーシュでもなくオマージュでもなく、世界観を継承したオリジナル作品として構築されている』、今野さん『もちろん、パロディでありオマージュであることは認める』ってなカンジsmile。もちろんわたくしは、京極さんの観方に与するものでありますspade


ドストエフスキーさんは、わたくしも多感なお年頃ribbonに「罪と罰」ほか何冊か読んだけど、信仰の問題が底辺にあって、よく理解できなかったもんですweep。今でも理解できないけど、知識として学んできたこともあるので、もしかするとちょっとは違う解釈ができるようになってるかも知れないなーと思ったりもしてconfident。高野さんご自身の信仰はどうなのかわかりませんが、この作品でのアリョーシャの動機は、異端的で極めて現代的に解釈できるもの。三浦綾子さんの「氷点」よりはしっくり来るカンジでした、わたくし的にはsmile。ヨシヨシchick


ってなことで、どーしても読んでる最中、ドラマのキャストが頭に浮かんで来ちゃったんだけど、本作でも実にシックリくるナイスなキャスティングでしたhappy01。…って、最後は違う作品tvの感想になっちゃったワ…sweat02

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »