« 市立函館博物館郷土資料館~Part2 | トップページ | 函館市縄文文化交流センター~Part1 »

2013/06/17

「ドキュメント カタラヅカいじめ裁判」

うーむthink。Amazonの評価にダマされたワ~bearing。フォトライター・山下教介氏著book


わたくし、約5年前に起こったこの事件自体全然知らなかったのでヘー、だったんだけど、Amazon内をクロールpcしてたときこの本を発見flairして、『前略)バックの阪急・阪神という巨大資本を前にして報道をひるむ在阪マスコミ……創立100周年を前にした宝塚歌劇のありようが問われた裁判の真実。』(「商品の説明」欄より)ってのを読み、ウム、これは社会派ダナ?なんつって「ショッピングカートに入れる」ボタンを押しちまったですよdown


一読、まーとにかく文章がヒドいng。“てにをは”もオカシければ、主語はナニ?だし、慣用句も誤用頻出。編集者も校正しないのかヨーannoy。気持ちはわかるけどサー、それをもちっと理知的に伝えられるようお勉強schoolなさった方がよろしいのではないでしょうか。上から目線downwardrightで恐縮ですけどsmile


それと肝心の内容だけども、書籍中に再録されてる週刊誌の記事以上のものがないのよねーgawk。まぁ確かに出版当時、当事者は未成年が多かったのかも知れないけど、音楽学校への体当たり取材pencilもナシ、当事者である彼女らへのインタビューkaraokeもナシ、せめて原告側代理人の話を採録する、もナシで、裁判の記録をなぞっただけ。なので、問題解決への提言もナシの、単なるヅカファンのガールズトークribbonレベルで終わってる。「ねー、こんなんでいいのー?」「だめじゃんねー。」以上、終わりend。…カネ返せーweep


「タカラヅカいじめ事件」。昔から生徒たちの間のいじめ合戦impactはスゴい、これで根性が鍛えられる、とかいうウワサは聞いてたけど、やっぱ宝塚音楽学校もチマタの中高校と同じレベルだったのか…crying。“正式な教員免許を持たない指導者もいるから全人教育が出来ないとは言わせない”ってくらい、逆に、こんな世の中だからこそ、「宝塚の精神diamond」をビシッsign01と生徒たちにタタッコむthunder、くらいの心意気が音楽学校には欲しかったわねぇーsad


でも、「宝塚の精神diamond」とは何なのか、それが問題カモ~smile

|

« 市立函館博物館郷土資料館~Part2 | トップページ | 函館市縄文文化交流センター~Part1 »

タカラヅカ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/57449615

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドキュメント カタラヅカいじめ裁判」:

« 市立函館博物館郷土資料館~Part2 | トップページ | 函館市縄文文化交流センター~Part1 »