« 函館市縄文文化交流センター~Part1 | トップページ | 大船遺跡 »

2013/06/25

函館市縄文文化交流センター~Part2

「展示室3」は、縄文人の精神性diamondを表すものとして「足形付土版」や埋葬の副葬品の展示がなされてます。この「足形付土版」はこどもの手paperや足footを粘土板に押し付けたものなんだけど、どうやら幼くして亡くなった我が子の想い出の品として家の壁に掛けていたり、お墓に石剣とともに埋めて来世での加護を祈る、なんてゆー意味が込められていたようだ、と。カンドー的なお話ですねぇweep。んで、この「足形付土版」をテーマにあまさかゆうさんが童話bookを創作されていて、これがまたステキなお話なのよ~heart02。縄文人さんたちのイメージがイキイキと広がりますsun。この童話は、当りのカフェcafeで教えていただきましたgood

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4


Photo_5Photo_6そしてイヨイヨ「展示室4」flag。満を持してのご登場ッimpactsign03「カックウ」さんッsign01闇の中にぼうっと浮かぶ「カックウ」さんcrown。神々しくも素朴な味わいshine。ツヤツヤした飴色は頭上のライトを柔らかく反射して意外となめらかな質感。顔ツキは、「プー。モンクありマス。」ってカンジでなんか愛嬌あるのよねーsmile。背後に回ってみると背中にはくるりーん模様が。カワユイchick。作者さんも楽しんで作ってたんじゃないかしらね~happy01。しかし、まさか何千年も後の時代にこんな下へも置かない扱いfujiを受けるようになるなんて思わなかっただろうな~confident

Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10


CtPhoto_11国宝diamondともなると、CTスキャンにかけられちゃって内部が丸わかり状態にcoldsweats02。全体的に驚異的な薄さを誇っているそうだけど厚みを変えて割れ易い部分をわざと作っていたようです。土偶は、縄文人の死生観が表されているという説があって、本来壊されて副葬されたようだけど、そういうものにこれほどまでに手を掛けてたっていう事実に、縄文人さんたちの精神性の深さが感じられますwave

(続く~)

|

« 函館市縄文文化交流センター~Part1 | トップページ | 大船遺跡 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/57637717

この記事へのトラックバック一覧です: 函館市縄文文化交流センター~Part2:

« 函館市縄文文化交流センター~Part1 | トップページ | 大船遺跡 »