« 「モンスターズ・ユニバーシティ」 | トップページ | 「粛正の嵐」 »

2013/08/17

「後悔と真実の色」

貫井徳郎氏著book。う~む。やっぱりなんかカルすぎ…down。物理的には分厚いけど中身はペラリsign05


これまで貫井本は2冊(「新月譚」と「微笑む人」)読んでみたけど、やっぱダメだわ…ng。わたくしには合わないbearing。もう前半の伏線のところで2件目からの犯人はわかっちゃったし。わたくしなんぞに途中で犯人を当てられるなんて、ミステリーとしてはド失格だかんねーbleah


読んでてずーっと脳裏に浮かんでたのは、雫井脩介氏の「虚貌」。雫井さんの作品は始めから“エンターテインメントもの”と了解して読むから「あー、面白かったsign01」で済むんだけど、なぜか貫井本って、帯のコピーのせいなのか“社会派”的な印象から読み始めちゃうのが敗因なのかもね~wobbly。「どこらへんが社会派なんだよッannoysign01」ってなる。ただし、それはわたしの勝手な読み方だから、作者のせいじゃないんだろうけど。


人物描写も極端なのよね。一応、主人公らしい西條さんにしろ、彼に一方的な敵意を持つ綿引さんにしろ、個人的な背景を書き込んでその人物像を浮き彫りにしようとしているようなんだけど、それがいかにも作り物くさいsad。“これこれこーゆー行動をする人間にはこーゆー背後関係があるのだ”ってものすごく声高に説明されてるカンジpen。って書いててふと気づいたこと。「微笑む人」の疑惑のヒトshadowは、逆にまったく背景が説明されないヒトだった…。まぁ、それはそれで面白いし、うまくいけば傑作になると思うんだけどねー。


たぶん、同じような境遇の登場人物を描いたとしても、横山秀夫さんとか山崎豊子さんあたりだともっとズッシリした重厚感diamondが出るだろうから、表現力の問題なんだろーなーgawk


ってことで、手持ちの貫井本は全部なくなったので、これにて完全終了と致しますend

|

« 「モンスターズ・ユニバーシティ」 | トップページ | 「粛正の嵐」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/57989708

この記事へのトラックバック一覧です: 「後悔と真実の色」:

« 「モンスターズ・ユニバーシティ」 | トップページ | 「粛正の嵐」 »