« 札幌交響楽団 第563回 定期演奏会 | トップページ | DREAM, A DREAM »

2013/10/19

FLUTE REVOLUTION

Img200いや~、フルートってすっごく自由に扱って(?)いいもんなんですね~(って、基礎がシッカリあってのハナシですケドsweat01happy01。この公演をプロデュースなさった多久潤一郎氏のあふれまくってジャブジャブwaveの才能shineと札幌フルートティストの第一人者の方々のパフォーマンス力の高さupwardrightにわたくし、押し倒されたimpactpunch1日でした~happy02。本日モエレ沼公園、ガラスのピラミッドにて行われたコンサート。


多久さんプロデュースの「フルートレボリューション」はわたくし全然知りませんでしたが、昨年に続いて2回目なんですね(去年はわたくし、札幌市民ぢゃなかったしwobbly)。チラシのコピーに『札幌のフルート界を震撼させたコンサートが再び』なんてあって、「またまたぁ…coldsweats01」と思ってましたが、わたくしの師匠spade、八條先生が熱心にチケットticketを売り付けるpunchもんですから、つい買ってしまひました(ウソbleah)。チラリと伺った昨年の様子や、八條先生が作曲notesにも挑戦されるとか、コントもされる(sign02)とか小出しの情報を聞くpaperearにつけ、「おおッsign02」とか、「ハイ…typhoon??」ってなカンジでいったいどんなことになってるのやら、と半ば疑いの眼で行ってみれば、いやー、色んなイミでオモシロかったですーgoodcatface


多久さんの曲を聴いたのは初めてですが、どれも一筋縄では行かないカンジですねーwink。前半は美しくコジャレた雰囲気cuteの曲だな~って聴いているうちに「なにッsign02八條先生怒ってるッsign02」(「Highland Park」で途中から足でダンッsign01って音を出しながら演奏し始めた時)「うまく合わないって怒ってannoyるッsign02」ってビックリしますcoldsweats02。この曲もそうですけど、ものすごくスルドいthunderリズム感覚notesが必要ですね~。しかしみなさんスゴいですcoldsweats02。ものすごい勢いdashでタップimpactしながらものすごい速さdashでリズムを刻んでブロウッsign01これ、ものすごく体力も必要sweat01。若くないと出来ないsmile


このプログラム前半を聴いていて、わたくし、こんなスゴい先生shineがわたくしのおっしょーさまなのかと思うと畏れ多くも誇らしい気持ちupにすらなりましたでございますshine(ただしわたくし自身は恐るべきヘナチョコ弟子ですが…down)。なんと言いますか、この飽くなき探究心search・向上心up・チャレンジングスピリットpunchとでも申しましょうか(スンマセン、ナマイキ書いておりマスcoldsweats01)。はぁ~、スピリットだけでも見習いたい…(技術はムリなので)confident


わたくしにとって後半の目玉eyeは八條先生の作品notes。「Cheerful Morning!」ほんとに先生らしいチアフーで楽しい曲でしたnote。ハーモニーもすっごく美しくてheart02。朝陽が木立の新緑cloverを輝かせ、小鳥たちがさえずる川辺のコテージで迎える朝sun、ってイメージでしたよ、わたくしの脳裏に浮かんだのは。先生ご自身が説明されたイメージとはだいぶ違ってますけど、りぼんはわたくしも愛読しておりましたので、それもわかるーhappy01


後半3曲目の「ヴェニスの謝肉祭による大変奏曲」、特にオモシロかったですflair。多久さんのパフォーマンスは全然「大変そう」には見えませんでしたがsmile。ローカルな曲調を巧みに織り込んで「グローカル化」させていく手腕を堪能させていただきましたfuji。大倉さんのジャズ奏法、ステキですね~heart04


そしてウワサのコントッsign01作者の大倉さんと八條先生の冒頭のMCsearchも、わたくし個人的にはウケましたhappy02。本編のオープニングは「栗コーダー」テイストで、これまたわたくし大ウケhappy02。好きです、こーゆー脱力系catface。高殿さんの通訳氏boutique、すっごくお似合いでしたね~shine。もっとすっとぼけた味が出る役柄になるとより生きますね。ヒロインの八條先生、完全ナリキリ女優rougeでスバラシかったです(“畏れ多くも誇らしい気持ち”が一瞬ウッスラしましたが(ウソbleah)。)sign01願わくば、ヒーロー・立花さんももっと没入onしていただけたら更に傑作diamondになったのではないかと思いますbell。次回もこのテイストでひとつ、寸劇をお願いしたいところです。って、みなさん芸人じゃないっつーの、でしたね。シツレイしましたsmile


それと女性陣のコスチューム・ジュエリーring、わたくし、目を奪われちゃいました~happy02。近くで拝見したわけではないですが、これ、すっごく手の込んだビーズ刺繍shineですよね?サイケ風でアジアンテイスト、今日のパフォーマンスにジャストgood、なカンジでしたね。メイクもちょっと普段のステージの先生とは違う印象で、とても新鮮でしたbell


しかし今日のオーディエンス、ちょっとフシギな層だなーと思ったのは、わたくしの勘違いでしょうかsmile?多久さんのMCとパフォーマンスにやたら元気にウケまくるimpacthappy02おばさまたちがいらっしゃって、オッカケさん、ですかcoldsweats02?「あっはっはっはッsign01あ~ぁ。」って…sweat02


全体的に、わたくしが想像してたのよりはアバンギャルドではなかったのでスナオに楽しめましたhappy01。全然わかんなかったらどーしよーtyphoon、と思っていたので。それとコントラバスフルートですか?その「頼れるオトコッdramagoodsign01」的な低音、一気に音楽が引き締まりますねhorse。フルートオケの時はあんまり印象に残ってなかったですが(アレsweat02?)、このミニマムの編成で聴くとどえらく効果的です。カッチョイイheart04。主に演奏されていた住吉さんもカワイかったしぃ~chick


今回はすっごく残念ながら、アトリウムでの後夜祭を聴くことができなかったので、次回を楽しみにしたいと思います~~happy01。コントのブラッシュアップup、よろしくお願いします~~~(だから芸人じゃないっつーのsmile)。

|

« 札幌交響楽団 第563回 定期演奏会 | トップページ | DREAM, A DREAM »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/58417060

この記事へのトラックバック一覧です: FLUTE REVOLUTION:

« 札幌交響楽団 第563回 定期演奏会 | トップページ | DREAM, A DREAM »