« Good Again ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロで紡ぐ音楽 | トップページ | 札幌交響楽団 第563回 定期演奏会 »

2013/10/04

MAYUMIコンサートシリーズ2013 Vol.19

Img198面白かったですね~happy02。おとといの夜night、Kitara小ホールにて開催された札幌交響楽団コンマス、大平まゆみさんのコンサートシリーズnotes。曲目がアメリカもの中心だったので、急に行く気になったんだけど、大平さんのこのシリーズ、なかなか楽しいですねーcherry。“わたくしの”助ちゃんもご出演だしッcatfacesign01


この日のメインは札響打楽器奏者の大家和樹さんfuji。札響の定演ではほとんど目立たない大家さんですけど、ナイスでしたね~good。こういう若手を表舞台に引っ張り出して、その技と個性を世に知らしめる大平さん、ほんとにステキなヒトですね~shine。ファンがたくさんついているスターさんにしか出来ないことです。


プログラム前半は深いブルーとグリーンのロングドレスでご登場ですboutique。ガーシュウィンの「サマータイム」。大平さんの解説karaokeで、わたくし唄の意味を初めて知りましたpencil。そうやって中身がわかってみると、この曲調と黒人が歌う、ということのニュアンスが理解できてなんとも言えない切ない気持ちになっちゃいました…weep。また大平さんが情感たっぷりに演奏してくれてheart02


その後、大家さんが加わったジョーンズ「リーガル・ハイ」より“ミスター・コーヒー”。マリンバの低音の豊かな響きにビックリッcoldsweats02sign01マリンバの音自体はわたくしすごく好きheart04で、三村奈々恵さんのCDcdなんかはよく聴いてるけど、ナマ音、しかも5オクターブ半のはまぁスゴい迫力impact。ちょっとエスニックなフンイキも漂うのよねーsun。それにしても曲の方はとにかくリズムが複雑で、聴くのも難しかったけどwobbly、大家さん、涼しいおカオでスルスル~ッと踊るようにマレットを捌いてましたーnote


前半ラストは、わたくし大好きなバーンスタインさんの「ウェスト・サイド・ストーリー」から“シンフォニック・ダンス”。最後、マリアちゃんが運ばれてくシーンを思い出してナミダ…weep。ヴァイオリン、ピアノ、パーカッション、コントラバス(助ちゃん登場ッcatfacesign01)というミニマムの編成にも関わらず、「ウェスト・サイド」の世界観が充分に描かれてたと思いマスdiamond


プログラム後半のアンダーソンの曲たちは、ほんとによく耳earにするけどナマは初めて。オモシロかったーhappy02。ここで大家さんの芝居ゴコロ全開ッfujisign01「タイプライター」は特にケッサクッhappy02sign01芝居がコマカイッgoodsign03大平さんのお衣裳もモンドリアン風で雰囲気バッチシでしたーscissors


ラストはラヴェル「ボレロ」。パーカッションのウデの見せ所spade。この曲、パーカスがオカシいと気になって気になってしょーがなくなるtyphoon曲なんだけど、さすが大家さん、全く気にならない、ってゆーのもヘンだけど、お見事でしたshine。ここでのヴィオラ、青木晃一さん(札響副主席)、スバラしかったーッshinesign01尋常ならざる情感と艶感、ワンフレーズ目でわたくし、ハッflairといたしましたよup。弦だけなのでやっぱりちょっと金管のパンチimpactpunchが欲しいところでしたけど、作品の緊張感はちゃんと伝わってきたと思います。


そしてアンコール、最後の最後、これまたわたくしの大好きなガーシュウィン「アイ・ガット・リズム」、今夜のコンサートのサブタイトルですね、待ってましたわよ~heart01。助ちゃんの「明るいキャラ」出ましたーッhappy02sign01そーいえば、今回わたくし初めてそのお声を聞きましたが、意外と高めupwardright。コントラバスのヒトって低音downwardrightのミリョクかと勝手に思ってて、あれ?なsmile。楽器を逆さrecycleにして後ろから抱きかかえてヨチヨチchickと舞台に登場。前に回したカワイイおテテで(楽器がデカいので相対的にそー見える)パチパチ手拍子。新しい癒しキャラかと思ったわーbleah。助ちゃんてば、他の曲でもメンバーとにっこりアイコンタクトeyeしてるかと思えば、自分のパートが始まる前にはきりっとスルドいthunder目線を大平さんにトバして、息を合わせて演奏を始めちゃったりするあたり、そのハゲしいギャップupdownに、わたくしまたもやズキューンッbombsign01カッコイーッhappy02sign03


ってなことで、この日のコンサートは、アンコールの途中でマイクkaraokeを渡された大家さんがおっしゃったおコトバ通り、「とってもたのしいでーすnote。」。ほんと、大平まゆみさん、いろんな意味で素敵な方ですねdiamondshine

|

« Good Again ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロで紡ぐ音楽 | トップページ | 札幌交響楽団 第563回 定期演奏会 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/58321000

この記事へのトラックバック一覧です: MAYUMIコンサートシリーズ2013 Vol.19:

« Good Again ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロで紡ぐ音楽 | トップページ | 札幌交響楽団 第563回 定期演奏会 »