« 「徳の政治」 | トップページ | ドアラピアス »

2013/11/17

八條美奈子フルート・サロン Vol.1

Img205もー、やっぱり八條先生のプログラム、ただの“サロンcafecakeのイメージ”では収まりきらない、先生の目的がグリッimpactと感じられる充実の逸品でございましたshine。はぉぉ~~dash。昨日、カムオンホールにて開かれた、八條美奈子先生のサロンコンサート、記念すべき第1回目note


プログラム前半は、フルート初心者や中級者も演奏することが出来る(けど、実は人間性や表現力が如実に現れてしまうムズいsad)曲たちでした。お手本notesを拝聴させていただく如く、わたくし、先生のほぼ斜め横から身体の使い方とか息遣いとかじっくり観察させていただきましたeye(イエ、変質者ではございませんことヨcatface)。のどの開け具合とか、おなかの支え具合とか自分はどうかしら~~と改めて省みるようなことがいっぱい。…ガンバロー……sweat02


ゆったりした曲でうっとりlovely、急なものでひゃーッcoldsweats02sign01ってカンジでバランスよく配された曲たちのうち、ほとんど聴く機会のない日本もの山田耕筰は染み入りましたconfident。やっぱシックリきますね、旋律が。わたくし、尺八の音にも慣れているので、音色の違いなどにも興味がありました。華やかcuteになりますね、やっぱり。若干湿気が抜けるというかclover。面白いです。沖縄民謡なんかになるとどうなるのかしら~~sign02


で、休憩時間に書いた先生への差し入れのメッセージには、「リラックスして聴かせていただきました」なんつーことを書いてしまったのですが、後半、全然リラックスして聴けないじゃーんッsign01つか、すごい「本気モードthunder」(えっと、前半が「本気」じゃなかったって言いたいワケではないデスsmile)。最後のドビュッシー、すんごい良かったですッshineshinesign01本当に夢ゴゴチheart01。ドビュッシーにインスパイアされたという、武満徹との比較も出来て、プログラムの作り方もスバラしーbell。武満さんの曲、ドビュッシーと並べて聴くと「実にタケミツだなぁ~」と思ってしまった。なんか、言葉では説明できないけどtyphoon


さて、特にフランス革命bomb前夜の「サロン」が果たしていた役割のひとつと同様、全体を通してそれぞれの曲たちに関するエピソードや先生ご自身の感ずるところなどをMCkaraokeしてくれるあたり、わたくしのように背景なんぞを知りたがる者にとっては、“啓蒙”的なニュアンスもあってものすごく有難いカタチでしたflair。ドビュッシーは、耳で聴いてるとベラボーに美しいなぁshineと思うんだけど、いざ自分でやってみようとすると、とてつもなくとりとめがなくなるってゆーかbearing、自分が迷子になってワタシどこmist?ってなるってゆーか、もーわたくしにはムリッngsign01ってカンジなんだけど、先生のMCkaraoke「楽譜を見ると非常に理知的」っていう言葉に、なにやら“どがッimpactsign01”と打たれたような気になりました。そんな風に理解できるなんて、やっぱりプロの音楽家ってスゴい…crown


今、緒方英子さんという方の「オーケストラが好きになる事典」という本bookを読んでいて、ハープのペダル操作が思っていた以上にエラい大変sweat01なものだということを知ってみると、昨日の鈴木さんの演奏もステキ~~heart04と尊敬のマナコで見てました。ドビュッシー、エクセレントです~~shine。弦もこんなに間近で拝見するのは初めてだったので、ボウイングとかめちゃ興味深かったup。遠藤さん、とてもお優しげな笑顔がチャーミングでございましたー(いつも札響定演で拝聴してますーhappy01clover


これまで弦と管の室内楽というのを聴いた経験がなかったので、その音楽の幅と奥行きの広がり方leftrightupdownにはまたビックリしましたcoldsweats02。なんかこー管だけのものにはない深みwaveというか渋みjapaneseteaみたいなものがありますね。たぶんビオラだったからだと思いますが。これがまた旋律パートのヴァイオリンとかだと違うんでしょうねー。みんなで「オレが、オレがimpactsign01」状態?それも面白そうだけどsmile。今後、第2回、3回と新しい気づきの種budをいただける演奏会を期待しておりますhappy01


サロン形式の第1回目で、先生にも期するところ大だったとお見受けしました。MCkaraokeにも緊張感thunderが漂っていたように感じましたが、お力添えをされた方々を順にご紹介されて(みなさん奥ゆかしくていらっしゃってラブリーpenguin)、ご立派でしたcrown。わたくしもイベント立ち上げの初回の大変さは実感するところなので、本当にお疲れさまでした、そしてご成功おめでとうございますfujisign01ケーキcakeもおいしかったでーすッhappy02sign01ありがとうございましたーッsign03

|

« 「徳の政治」 | トップページ | ドアラピアス »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/58591160

この記事へのトラックバック一覧です: 八條美奈子フルート・サロン Vol.1:

« 「徳の政治」 | トップページ | ドアラピアス »