« 衝撃のバロック~知られざるフレンチバロックの世界~ | トップページ | Tres Dias Parto »

2014/01/31

札幌交響楽団 第566回 定期演奏会

Img223むおーdash、今夜のソリスト、ペク・ジュヤンさん、めっちゃくちゃ素晴らしかったですーッshineshinesign03


実は今回あんまり期待してなかったんだけど(ゴメンナサイイ~~bearing)、仕事が早く終われる日だったので、前売チケットticketを買って久しぶりに夜公演nightに行ってみましたshoe。ところがどっこいcoldsweats02。なんとも聴き終わってみれば、派手さはないけれど、おなかの底がほっこりしあわせ~spaheart04な、満足感(CSってヤツsmile?)めちゃ高な演奏会でした~~happy01


今回の指揮者は、マティアス・バーメルトさんnote。全然知らない方でしたが、ザルツブルク・モーツァルテウム管の首席オーボエ奏者から指揮者に転向なさったお方だそうで。この方もモーツァルトのプロですねbell。ピアニシモにすっごく特徴があって、マエストロ・尾高の毛細血管ぶっちぶちのキレまくりthunder、ってのとは違って、羽毛chickがフワっとするみたいな、かわゆい乙女ribbonがクスクスってするみたいな、とにかくもー幸せ感heart02満載なカンジのピアニシモ。わたくし、もーノックアウトimpactpunchhappy02でございました。


なので、プログラム最後のモーツァルト「セレナード第9番 ニ長調K.320「ポストホルン・セレナード」」は、最初から最後までわたくし超ニコニコモードhappy01happy01happy01。木管大活躍の第3楽章、第4楽章は、高橋さんと岩崎さんがミズミズしく絡み合って(えっと、フルートとオーボエの、音が美しく絡み合って、デス、念のためcoldsweats01)、もードキドキheart02。しあわせ~~heart01。やっぱ、特にモーツァルトには高橋聖純さんの美音shineですねッsign01そして福田さんのポスト・ホルン。もちろん初めて聴きましたが、あまりに素朴budな音色なのでちょっと別の意味でもドキドキしましたがsmile、福田さんだからダイジョブッgoodsign01ってなカンジで楽しませていただきましたpostoffice


んでもって、ペク・ジュヤンさんッnotessign01ブルッフ「ヴァイオリン協奏曲 第1番 ト短調op.26」。明るめのキレーな真っ赤なドレスheartでご登場。「あら、ちょっとふくよか…?」。演奏を始めた一瞬、腕から背中にかけてのお肉がぷるってしてるワって思ったんだけど、もー聴いてるうちにそんなの完全にどーでもよくなるくらい、スバラシいぃぃぃぃッshinediamondsign01大きな音ではないけれど、とにかく音色があったかいッsunsign01これってお人柄なんでしょうねぇconfident。演奏している最中もすっごく嬉しそうだしーhappy02。わたくし、ブルッフって名前しか知らなくて、曲を聴いたことなかったんだけど、すんごくカッコいいし美しいfuji。ビックリcoldsweats02。なんで今まで知らなかったんだろう…bearing。その美しい旋律も相まって、第2楽章のアダージョではわたくし、泣きましたweep。エクセレントすぎるweep。オケとお互いに共感し合ってるカンジもぶわーdashっと感じられてup。「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」cd見なくっちゃ、だわッpunchsign01


プログラム1曲目はハイドンの「交響曲 第55番 変ホ長調「校長先生」」。バーメルトさんご自身が、校長先生みたいでしたhappy01。しゅっとした立姿が美しくて、格調高くて、ノーブルでdrama。今夜は、この1曲目のヴァイオンの最初のフレーズ音noteがものすごく澄んでいて背筋がざわっとしたんだけど、これが今夜の大満足の予兆だったんだなー、と今となっては思うものですclover


で、今回の“わたくしの”助ちゃんコーナー。ごめん、あんま見てなかった。だってペクさんスゴいし、管ステキだしcatface。来月はゼッタイねっちょり観るわよッeyesmilesign01

|

« 衝撃のバロック~知られざるフレンチバロックの世界~ | トップページ | Tres Dias Parto »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/59046369

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌交響楽団 第566回 定期演奏会:

« 衝撃のバロック~知られざるフレンチバロックの世界~ | トップページ | Tres Dias Parto »