« 「革命の終焉」 | トップページ | 「三國志 第一巻」 »

2014/01/10

「トロイメライ 唄う都は雨のち晴れ」

はぅー。せつないーweep。琉球王国crown末期の沖縄を舞台にした人情もの、池上永一さんの「トロイメライ」の続編book


今作もまた、琉球文化diamondにドップリとヒタらせてくれる連作短編。三線の名手notes、筑佐事(岡っ引き)の武太クン、相変わらずのドジっぷりがカワユイhappy02。でもちょぴり成長もしてるのよねーup。ホント、おかしくてカワイイキャラなのよ~~catface


全部で6話が収録されてるんだけど、前回と同様それぞれ琉球の社会問題をテーマに、「強気を挫き、弱きを助ける」心意気が痛快thunderだったり、ほっこりココロが温まったりspa。そして最後の第六夜「芭蕉布に織られた恋」が、もー何とも切ない余韻を残す悲恋ものweep。ここでもムタクン、ひとつヒトとして成長したことでしょうconfident


それにしても今回も、義賊・黒マンサージshadowの正体はわからないままtyphoon。どうやら「テンペスト」のヒロイン(ヒーロー?)、孫寧温に心を寄せる人物らしい…なおかつお互いにその正体を知っている…ってところまではわかったんだけど…sweat01。誰だろう。男性には違いないと思うんだけど、庶民の味方で、孫寧温にはそうしょっちゅう会えない、的な位置にいる…。気になるぅーbearing

|

« 「革命の終焉」 | トップページ | 「三國志 第一巻」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/58664417

この記事へのトラックバック一覧です: 「トロイメライ 唄う都は雨のち晴れ」:

« 「革命の終焉」 | トップページ | 「三國志 第一巻」 »