« 「三國志 第一巻」 | トップページ | 衝撃のバロック~知られざるフレンチバロックの世界~ »

2014/01/19

New Year Concert ~輝きへの扉~

Img2192014年一発目の音楽コンサートnoteポロゴのメンバーさん、大島さゆりさんがご出演されるということで、仕事もちょうど終わったしscissors、ということでご近所の時計台ホール、行ってきましたーhappy01


小品を並べて正味1時間余り、休憩時間には時計台の鐘の音bellも流れてきて、気分的にちょうどいいカンジでしたねーhappy01。お目当ての大島さんはギターとのデュオ、セナモン「三つの肖像」と、ピアノとのデュオ、ピアソラ「オブリヴィオン」「鮫」の3曲。どれも良かったですね~diamond。バリバリのクラシック演奏も聴かせていただいている大島さんなので、その確かなテクニックshineをベースに、ジャズ風やボサノバ風、タンゴ、楽勝goodってカンジでした。ピアソラはやっぱカッチョイーッheart04sign01お仕事なさってる演奏者さんには申し訳ないけど、このテの音楽はグラスwine片手に聴きたいですねー…って、わたくしほとんど飲まないケドbleah。アンコールの「チャルダッシュ」、去年出させていただいた発表会notesで、わたくしの後に吹いてたオジサマのを聴きましたが、笛歴4~5年なのにハンパない練習量のせいでめっちゃウマくて、ホエーcoldsweats02、っと思ったんだけど、やっぱプロは違いましたlovely。アタリマエだけどsmile


クラシックギターの単独の演奏はほとんど聴いたことがなかったけど、これまたあっと言う間にスペイン・アンダルシア地方(テキトーsmile)ってフンイキsunがぶわーっと襲ってきて、イイですねーhappy02。メルツ「ハンガリー幻想曲」、初めて聴きましたがステキな曲ですね~clover。中欧のテーマなのに、やっぱり音はスペインってカンジなのがまた面白くてcatface。竹形さんの帽子dramaもイケてましたgood。しかし、クラシックギターって音がちょっと控えめですなpenguin。ほかの楽器と合わせるとちょっと弱い。でもマイクkaraokeで拾わない方がいいんだろーなーban


で、一方ちょっと気になったのがピアノとヴァイオリン。ピアノはほかの楽器とのデュオの時はいいのに、連弾になるとなぜか乱暴っていうか、雑っていうか、ミョーに硬直したカンジになっちゃってた気がするんだけどdown。ピアノのせいなのか、ホールの響き方のせいなのか、そもそも連弾というのがそういうものなのか、わたくしにはよくわかりませんけどもtyphoon。ヴァイオリンも、そもそも音が不安定に聞こえちゃってbearing。その音で合ってます?って疑問がしばしば胸の内を去来してrecycle集中できなかった。まぁ、単に相性が悪いだけなんでしょう、きっとweep


というわけで、気軽に行けるshoedash時計台ホールコンサート、職場buildingのご近所なので今年はドシドシ行ってみたいと思いますpunchhappy01dash

|

« 「三國志 第一巻」 | トップページ | 衝撃のバロック~知られざるフレンチバロックの世界~ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/58972526

この記事へのトラックバック一覧です: New Year Concert ~輝きへの扉~:

« 「三國志 第一巻」 | トップページ | 衝撃のバロック~知られざるフレンチバロックの世界~ »