« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014/02/26

ベルリン・バロック・ゾリステン with エマニュエル・パユ

Img226いや~、なんか、全てがパネェ~coldsweats02impactってカンジ~bell。でも、その本当に本当の真価shinediamondはわたくしなんぞには“ブタに真珠”pigring状態なのよね~、たぶんweep。昨夜、Kitara大ホールで開催されたコンサート、聴きに行って参りましたshoe


現在、古楽演奏では世界最高レベルfujiと言われるアンサンブル。これほどまでに明確なフレージングとアーティキュレーションは初めて聴くものだったけど、バッハの時代、音楽は言語的意味があるものだった、ということを考えると、よりそれを際立たせようという奏法なのかしら~とウスぼんやり思ってみたりthink。もっとベンキョーしなきゃだワー…sweat01bookpencil


今回のソリストも、エマニュエル・パユというバロック演奏もカンペキなアーティストなので、このスタイルが現在、バロック演奏の最先端ってことなんでしょーねーcrown。で、パユの音はすごーくマロヤかcute。モダン的なソリスト、というよりは、みんなほぼ対等な印象。ただ、聴いてる最中、実はずーっと気になってたんだけど、“古楽の小編成アンサンブルを大ホールでやるのはアリなのか”、って思うくらい音がよく聴こえなかったbearing。フツーにオーケストラを聴くにはバランスのいい2階席正面の真ん中だったんだけど、音色の微妙な変化があまり伝わってこなくて。少しモワっとコモったカンジtyphoon。それともわたくしの耳earが悪いのか…wobbly


Img227しかし、メンバーさんのワザはスバラシかったですーshineshine。「ブランデンブルク協奏曲 第5番」第1楽章のラスト、チェンバロのカデンツァ、スゴかったーッimpacthappy02heart04sign01曳いては寄せる大海の波waveのようにざばーッsign01ざばーッsign03超絶技巧で畳み掛けまくるツブ立った音のうねりsign05、でもその中からちゃんと美しい旋律が立ち上がってくるup…。これがジャズのライブだったら、指笛ヒューヒューthunder、大喝采bellの場面。ブラーヴォーッhappy02impactpunchsign01って叫びたいのをぐっとガマンbearing。もしかすると当時、バッハの超絶即興演奏でオーディエンスは大喝采したんじゃないかなぁ~、と勝手に想像したりしてcatface


それと緻密な美しさdiamondが際立ったのが、「音楽の捧げもの」より「6声のリチェルカーレ」。わたくし、対位法なるものについてほとんど知りませんがcoldsweats01、もーとにかく、よくもこんな構造でこんな美しい音楽が作れるワーマジスゲーcoldsweats02、な曲なのですよ。で、この6人が、お互いの信頼spadeをベースに語りかけながら美しい物語を紡いでいくnotes。この曲でもそうだけど、前半のパッヘルベルの「カノン」もミニマムの編成で、その緊密感は名人だらけのミニマムだからこそ生まれるプラチナの質感shine。スンバラしーデスconfident


アンコールはC.Ph.E.バッハの「フルート協奏曲二短調」第3楽章よりアレグロ・ディ・モルト。最後のここでパユさまのヴィルトゥオーソcrownぶりが思いっきり全開ッsign01フルート協奏曲だからねー、これまでの抑え目の演奏から一気にバクハツーッimpactsign01なカンジでしたねー。


でもわたくし、実は正直パユさまの良さがあんまりよくわからなくて…sweat02。だって、世界を見渡せばこれくらい吹ける演奏家って結構いると思うのに、何でこのヒトばっかキャーキャーribbon言われんの~?ってカンジで。やっぱイケメンclubだから?数年前に、当時の笛友達が“パユさまじゅて~むheart02”だったので、ソロ・リサイタルについて行ったことがあったんだけど、そん時もなんか“たましひ”に来るものがなかった。う~、なんでかしら~~despair?さらに“パユさまじゅて~むheart02”の友達を激怒annoyさせる発言をしちゃうと、パユさまのアタマのテッペン、うす~くなってましたdanger。そのうち2階席も3階席もクローズにしちゃうかもーsmile


それより、わたくしものすごーく気になったコトがflair。コントラバスのクラウス・シュトールさん。不機嫌な高木ブー。すごいヤル気なさげ。「カノン」も、まだチューニングしてんのかいな、と勘違いしたほどのヤル気なさげな入り。ビックリしたーcoldsweats02。演奏時のずり落ちた眼鏡eyeglass姿なんて、どー見てもそこいらへんの偏屈おやぢ。もーオモシロすぎてchick目が離せなかったワーsmile。ぎゃー、世界の一流演奏家になんてシツレイなコトをッhappy02sign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/23

八條美奈子フルート・サロン Vol.2

Img205 ひゃ~happy02、楽しみに待ってました八條美奈子先生のサロン第2弾scissors、昨日つひに挙行ッsign01ものすごーく楽しソーに演奏されるお二人の“タノシー光線”thunderがビュンビュン出て、拝聴しているわたくしたちにもブッスブスsagittarius刺さる楽しい演奏会でしたnotes。アレ、なんか表現ヘンッsign02


チェンバロ森洋子さんと八條先生とのデュエットは、どちらも存じ上げている演奏家さんなので、おふたりが協同作業をされるとどんな風になるのかなぁー、といろいろ想像していましたnote。わたくし思うに、やっぱし、クラシックにあるまじき(もちろんイイ意味のsmile)アグレッシヴdashさがバンバンimpact噴出してましたimpactpunch


Img225_2 プログラム前半は、バロックのうちフランスものとドイツものの対比leftrightが明確に出ていました。フレンチ・バロックの繊細な美しさvirgoと、バッハの堅牢な美しさfuji。ブラヴェはロココ趣味の直前のルイ15世時代の作曲家だそうですが、大バッハ様と比べて聴いてみるとやっぱカレンcuteなカンジがしますね。それにしてもバロックってホントーに旋律がウツクしくてそれに伴う何ともいえない独特のニュアンスがありますよねーconfident。わたくしすっごくスキheart04ですー。昨日の演奏でも特にバッハの第3楽章はチェンバロの天上的な旋律と共にちょっとウルッと来ましたweep。この時代の音って、シンプル・ビューティーshineよねーcatface。かくありたしwink


このバッハのソナタは、わたくしランパル盤cdを愛聴earいたしておりまして、中でもいっちばんカッケーッlovelysign03って思ってたのがこの曲なのでした。んで、ムボーにも当時教えていただいていた先生に「コレッsign01やりたいですッsign03」と挑戦したはいいけど、全楽章、ソレって倍近いテンポだよね、なフンイキになってしまったという黒歴史が…crying。一応ヨレヨレしつつ最後まで行きましたが、やっぱりテンポってダイジだsweat02、と深く胸に刻んだことでしたweep


と、わたくしの黒歴史などはどーでもよくて、美味しいシフォンケーキcakecafeをいただいたdelicious後、後半スタート。ジョン・ターナーは、これまで耳にしたことのない名前でしたが、4つの楽章がそれぞれ全く別の色artに塗り分けられていてオモシロかったです…が、1回聴いただけではよくわかんなかったtyphoonので、もいっかい聴きたいカンジcoldsweats01


そしてラストのピアソラ「タンゴの歴史」。第1楽章から第3楽章までは、聴いているとエバ・ペロンをどうしても思い浮かべてしまったわたくしsmile。別にこの曲の標題とぴったり重なる人生を歩んだわけではないけど、なんとなーくイメージ的に「エビータ」kissmark。第4楽章では、先生がMCkaraokeでおっしゃった「和声が現代」っていうの、すごくよくわかりましたflair。いや、でもピアソラのタンゴはホント、カッコイイ~~lovely


チェンバロの森さん、バロック以外の演奏を聴かせていただいたのは初めてでしたが、とてもチェンバロに向かっているとは思えないほどのノリノリっぷりnotescatface。ピアソラの曲のオリジナルはギターだそうですが、ギターのでっかい版smile、チェンバロの面目躍如up。ギターの胴を叩くところでは鍵盤の下を叩けば、そのように、ギターの弦をばしっと手で押さえるところでは、そのように、チェンバロっていろんな奏で方ができるんですね~。でもギターとは似て非なるワールド、やっぱりちょっぴり典雅なカオリが漂いますhappy01。チェンバロのグリッサンドっていうのも初めて見ましたcoldsweats02。指、めちゃイタソー…impactbearing。しかし、森さんの演奏スタイルではなんとなーくチェンバロではモノ足りなさそうなカンジ。大きなお世話ですねsweat02。スイマセンsmile


さて、昨年の記念すべき第1回目のキンチョー感bombから解き放たれた2回目の今回は、先生のお人柄全開sunのMCkaraokeで、トチると共演者からすかさずツッコミが入るthunder、という和気アイアイとしたフンイキでしたsmile。まるでわたくしが大阪在住時代よく通った「なんばグランド花月」の吉本新喜劇並みのインタラクティブさon。お客さんのリアクションのいいこと、いいことhappy02。……でも。「サロン」の名に相応しくアット・ホームhouseなカンジはいいと思いますが、このまま内輪ウケで終わっていただきたくない、というか、終わらせるべきではない、と思うので、今後、意図せざるものだとしても排他的な雰囲気にならないようであって欲しいと思います。なかなか難しいことではありますけども。


あとは先生、体調管理ですよねsad。次回はぜひ、ベストコンディションgoodでの演奏を聴かせてくださいませ~happy01


それと今回もボランティアのみなさんの“お・も・て・な・し”catface、ありがとうございました~~heart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/19

「僕はいかにして指揮者になったのか」

いやー、なんか、恐ろしく尋常じゃないバイタリティimpactに、読んでると、すっごくオモシロいんだけどツカレてくる1冊coldsweats01。まぁこーじゃないと世界的コンダクターにはなれないんでしょーねぇ…wobbly。しかしこの過剰感waveは、宮本亜門さんの「波乱万丈」(っていうテレビ番組tvが昔あった)を見た時以来カモsmile。オーケストラ指揮者・佐渡裕さん著book


確か、2011年のベルリンフィルへの客演が決まったころ世間では大騒ぎになって、書店の平台にこの文庫本がワッサリfuji載っていた記憶があるのよねー。そのときはあんま興味がなかったからスルーしてたんだけど、その後の「新潮文庫の100冊」キャンペーンで、2冊買わないとパンダブックカバーがもらえなかったので、ムリクリ買ったのがコレcoldsweats01


わたくし、佐渡さんの指揮は聴いたことがないので何とも言えないんだけど、その文章からは“クラシックの、タカビーなイメージをワザとバンカラ的にブッ壊して、敷居を低くしよう”的気負いがスゴ過ぎてtyphoon却ってクラシックを聴かないヒトは引いちゃいソーなのよねぇ…despair


でも、レナード・バーンスタインの最後の愛弟子と言われるだけあって、バーンスタインさんの晩年のエピソードが読めて、バーンスタインさん大スキheart04なわたくしにとってはウレシーhappy02。会話は全部関西弁sweat02。マエストロも関西弁catface。マエストロが亡くなる直前1990年に札幌でPMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)が始まった年、五嶋みどりさんと共演されたバーンスタインさんの演奏会notesを函館から聴きに行ったcardashことは、こんなに忘れっぽいわたくしでもよーく覚えてマス。あの頃、本当に具合が悪かったんですね…weep


それにしても佐渡さんの、ベルリン・フィルでの客演の評価ってどうだったんダロthink?日本ではあの震災でそれどころではなくなってしまったケドも。「野茂英雄」を読んで以来、日本人の海外での活動に関する国内のマスメディアの報道はほとんど信用できないワ~と思っちゃってgawk。で、ど~なの~??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/13

「コンクールでお会いしましょう」

いやー、めちゃ勉強になるワーconfident。2003年中村紘子さんがNHKtv「人間講座」で講演したものを加筆改訂して出版したものbook。サブタイトル「名演に飽きた時代の原点」。今世間を騒がせている“ゴーストライター事件”にも繋がってくる内容で、なにやら感慨深いものがあるワ~think


タイトルが示す通り、コンクールの成り立ちや意義などを中心にクラシック音楽の演奏について深く思索したものなのね。中村さん、文章penでの表現力もスバラシいですshine。ユーモアもバッチシgood。人間としての総合的なチカラも一級品ですね~diamondshine


この本では、クラシック音楽のあり方が、時の政治・経済・社会と切っても切れない、というか常にその影響を受けてきた、ということが簡潔に説明されてます。ピアノが力強い音で鳴らせるようになったのも産業革命の鉄鋼生産技術の進歩の影響、なんて聞かされれば改めてハッflairとさせられるワ。


フランス革命や産業革命によって市民階級が台頭upwardrightしてくると、それまで王侯貴族crownのものだった音楽が市民のものになってくる。で、音楽家たちが経済的に自立できるようになると作曲家と演奏家の分業がおこり、双方共に質が上がってくるup。豊かな響きを獲得したピアノは市民階級のステータスシンボルとなって、市民自ら演奏するようになると、「プロ」は名人芸を競うようになる。初期は楽譜からどんどん遠ざかる曲芸のような演奏がもてはやされたけれど、作曲と演奏の分業が進みお互いの権利が重視されるようになると(ここでも産業革命の影響があるのね、権利の確保っつー。)、作曲家のオリジナリティを尊重し、厳格に演奏されるようになる。これがコンクールの原型なのでは、ということですね。


近代における最初の本格的国際ピアノコンクールは1890年。調べてみたら日本では明治23年、東京音楽学校が出来た年なのねー。文化的に西欧に遅れを取っていたロシアが国家政策として音楽に力を入れた結果、20世紀のコンクールの優勝者はロシア人だらけになったと。ちなみにアメリカのジュリアード音楽院って、ロシア革命の時亡命してきたロシア人がつくった学校だったのね。初めて知りました。


そして政治と切り離せないって部分で印象的だったのは、ショパンコンクールについて書かれたところ。第一次世界大戦bombとロシア革命impactによって大混乱typhoonとなった後、1927年、ポーランドのワルシャワで「ショパン・コンクール」が誕生したんだけど、苦難の歴史を歩んできたポーランドの人々の想いを、音楽家であり独立運動の指導者でもあったパデレフスキーと絡めて言及している部分にはわたくし、なんだかすごく胸を打たれましたcrying。『永い間列強の支配下で被征服民族として苦しんできたポーランドの国民の前に、同じ民族でアポロのように輝かしくしかも国際的な大スターとして現れたパデレフスキーの姿は、ポーランド人の愛国心を奥底から揺さぶり、民族の誇り、民族の魂に炎を投げ込んだに違いありません。そしてその民族の熱狂のなかから、再びショパンが蘇ってきたのです。』『念のため付け加えるなら、その頃まで、ショパンとその音楽はフランスに奪い取られていたといっても過言ではありませんでした。(中略)そのショパンを、今こそ名実共にポーランドの我々の手に取り戻そう。ショパン・コンクール誕生の背景には、そんなワルシャワの人々の悲願も込められていた、と私は想います。』ナミダ…weep


ロシア革命の影響は、社会主義が資本主義に勝っているというPRをするためにソ連が全力を挙げた結果、スポーツではオリンピックでのメダル量産、音楽コンクールでは優勝者の量産という結果に。わたくしも幼い頃、オリンピックを観戦していて、「またソ連かーgawk。」なんていささかウンザリした記憶があったんだけど、そーゆーことだったわけねthink。一方この頃の技術革新の影響は、ラジオとレコードの発明。それによって、ミスのないクリアな演奏が好まれるようになったと。この“新しい音楽鑑賞の仕方”が、コンクールの基本的な基準をいろいろなレベルでつくりやすくなり、そしてそういうコンクールの増加が、新しい形で専門化した演奏スタイルに拍車をかけるdashことになったと。いやー、繋がってますねーrecycle


また、経済的豊かさdollarとの関連も書かれています。チャイコフスキー・コンクールの優勝者、ヴァン・クライバーンの件。ソ連の社会主義国家の威信をかけて開催されたコンクールで、これまでダメダメngだったアメリカの中からひとりの青年が優勝してしまった。わたくし全然知らなかったんだけど、当時、世界では「クライバーン現象」とでも言うべき一大熱狂旋風typhoonが吹き荒れたのねー。この熱狂ぶりはひとりのクラシック演奏家が起こしたものとしては20世紀最大だったのではないか、と中村さんは書いています。それは当時の冷戦体制という社会的状況、メディアの力なくしては起こり得なかった。で、そのスーパースターはその後どうなったかってーと、ピアニストとしては結果としてダメだったdown。ソコヂカラとしての実力が伴わないまま大衆の人気だけがスゴかったので、次第にバケの皮が剥がれてきた。気の毒な人ではありますdespair。内気な人だったようだしね。中村さんの筆致はとても優しいです。1993年当時、中村さんはコンクールの審査員として招待され、クライバーン氏のお屋敷に200人の客とともにディナーrestaurantに招かれたそう。その豪華で裕福crownな暮らしぶりに接し、『ヴァン・クライバーンが、その素晴らしい資質と幸運なスタートに恵まれながら芸術家として成熟することなく終わってしまったのは、結局アメリカのこの豊かさ、「豊かな社会」の楽しい生活に原因があったのではないか、と。』これは、「クライバーン・コンクール」の優勝者が、その後成功していない、という事実にも共通するものがあるのではないかと中村さんは言っています。このコンクールの優勝者には、世界中で演奏活動を行える契約がついていて、その何百という演奏会を行っているうちに燃え尽きてしまうのではないか、と。コンクールの主催は、裕福なアメリカの中でも特に石油生産によって巨万の富dollardollarを得ているテキサス州の都市。金にモノを言わせて、まぁ良かれと思ってやってんでしょうが、ものすごい副賞をつけたせいで本当の芸術家を育てることを阻害してんじゃないかってことねcoldsweats02


これは面白い事実にも繋がっていて、クラシック音楽を生んだ西欧諸国の人々はだんだん鑑賞する側に回っていき、演奏するのは「周辺国」のソ連東欧に移り、さらに日本、韓国、中国などの「辺境」に移りつつある。大昔、ローマの市民が寝っ転がって飲み食いwinedeliciousしながら奴隷たちの闘いを鑑賞していたように…。中村さんのご指摘、スルドーthunder


後半は、コンクールの審査などその内情をいろいろ教えてくれています。ちょっと下世話になるところもナイスですーsmile。ポーランド人審査員が「この演奏はショパン的ではない」とかドイツ人が「ベートーヴェン的でない」とかフランス人が「あれはフォーレじゃない」などと言い出して収集がつかない、とかcoldsweats01


そして、“チャレンジド”の演奏家にまつわる「プラスアルファ」の問題にも言及されています。「ただの名演」に飽きたわたくしたちは「人間のドラマ」、感動を呼ぶ「人生」そのものを「プラスアルファ」として求めているのではないかと。確かに音楽的にたいしたことがないにも関わらずもてはやされる演奏家はいるかも知れない。熱心なクラシックファンは否定しがちだけれど、中村さんは深いお言葉を発しておられます。『折りにふれなば何事かこころ動かざらん」。感動というものは基本的に大変複雑で多様なものなので、単純にホンモノニセモノなどと言うべきものではありません。とくにこの21世紀の豊かな社会では、さまざまなメディアの力によって、芸術の世界でも多彩な「プラスアルファ」の演出が行われ、その感動も多様化しています。ここで、その音楽的素養や知識によって音楽的感動のホンモノニセモノなどといった差別をするのは、特にクラシック音楽ファン独特の「オゴリ」とでもいいましょうか、例の教養主義的な独善となる危険をはらんでいるのではないでしょうか。』はぁ~、反省します。


しかし、こんな中村さんの深い想いwaveを裏切るような今回の“ゴーストライター事件”が、もし“チャレンジド”を装った「金儲けyen活動」だったならば、言語道断angry、論外annoy、ではあるけれど、心ある人たちが言っているように、曲には罪はないわけで、「楽曲そのものがいいと思った」なら、「騙された」と怒る方がおかしい。喧伝しておきながら「詐欺だった」と書き立てるマスコミもシロートよね~。あー、恥ずかしい~angry


そして中村さんのスバラシいshineところは、そんな飽きられてきた「ただの名演」のために膨大なエネルギーを費やす若い演奏家の卵たちchickのモチベーションを維持させるupために必要なものについても考えを及ぼしているところなのよね~。そのひとつはやはりコンクールなのだろうと。コンクールの意義のひとつが、彼らが世に出るきっかけを与えることだろうと。『しかし、ここではっきりと確認しておくべきことがあります。新しい商品が「大量消費社会」のなかでたちまち消費され、次々と現れる新しい商品にとって代わられるように、「プラスアルファ」の刺激に支えられた音楽的感動は長続きはしません。それに対して、私たちの愛するクラシック音楽そのもののもたらす音楽的感動は、決して変わることがない。今日、音楽コンクールが増え続けているのは、「豊かな社会」における音楽の多様な普及に対するものであると同時に、その根底において、この音楽の「プラスアルファ」による「商品化」の流れに抗して、クラシック音楽そのものの感動を守ろうとする動きでもあるのです。


さて、中村さんのオチャメribbonな文のうち、わたくし特に印象的だったところ。「美人はどうする?」笑いましたーhappy02。『ところでこの時ある審査員がジョークまじりに、美人はどうする、と小声で言ってみんなをわかせました。改めて言うまでもありませんが、コンクールに参加するピアニストのなかには、すごい美人やセクシィな少女も登場します。彼女たちは、コンクールの審査においてもすごく有利なのではないか?ここでも結論を言えば、あまり関係はありません。(中略)これについて思い出されるのは、15年ほど前スペインでのコンクールで日本人のかわいい女の子が登場したときのことです。たまたまそのコンクールに参加した女性ピアニストたちが、見た目にも「男勝り」の猛者(?)が多かったためもあるのでしょうが、「まるでプペ(お人形)みたいだ」と男の審査員たちがいっせいにはしゃぎました。そこで審査の席でどうなるかと思っていたところ、彼女はあっさり第一次予選で落ちてしまいました。回ってきた採点表をみたところ、はしゃいでいた男性の審査員たちのなかには、なんと零点をつけた人たちもいたのです。「プペ」ちゃんへの期待が裏切られたせいだったのか、もしかすると美人にも公正にのぞもうという意識過剰だったのか…。


およそ「芸術的ではない」という批判もあるコンクールだけど、その点も歴史的な流れの中で踏まえつつ、しかしそれでもなお、若い演奏家の卵たちchickに飛躍fujiのきっかけを与えるものとして機能するコンクールの意義を深いところで捉える中村さん、クラシック音楽を人間のあり方との関係の中で思索し愛する、本当にスバラシいshinediamond音楽家だと思いますconfident


中村さんがお勧めする、浜松国際ピアノコンクールの第一次予選、いつか聴きに行ってみたいワ~note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/06

Tres Dias Parto

Img224 ちっちゃいライヴハウスはものすごーく久しぶりだったけど、面白かったワ~happy01。またまたポロゴメンバーの大島さんがご出演されるということで、2月3日夜、西28丁目にあるJAMUSICAに行って参りました~shoe


“Tres Dias Parto”とは「3日生まれ」birthday、メンバーさんがみなさんそうなのだそうです。略して「トレパル」。フルートとピアノ、カホン(キーボードも)の3人でイージーリスニング系の音楽を演奏されるんですね。主にラテン系がお得意のようですnote


まずちょービックリしたのが、カホンの音色の多彩さッsign01あの箱いっこで、ドラムセット全部の音を出してるカンジッsign01前にカホンの音は聴いたことがあったはずなのに、まるで初めて聴くみたい~~coldsweats02。ライヴが終わった後に、演奏されていた佐藤裕一さんとちょっとお話させていただくと、やっぱり演奏法がオリジナルだったんですねー。スバラシいです~bell。もちろん演奏もマーヴェラスだったですしーshine。「手ぇ、痛くないですか?」とウルトラシロート質問をさせていただいたところ、「痛くないです。」とキッパリthunder。カッケーッlovelysign01でも最初の頃は指先に血が溜まってそれが痛くて痛くて…って、聞くからに痛ソー…bearing。連れたちは「あれ、イスchairにもなるし踏み台にもなるし、欲しい~~heart04」って……sweat02。楽器ですからsweat02。佐藤さん、MCkaraokeもワビサビ味japaneseteaがあって良かったです~happy01


そしてピアノの橘田由希乃さんboutique。初めて聴かせていただきましたが、演奏スタイル、わたくしすごくスキかもーheart02。硬軟のニュアンスがとってもステキheart02。わたくしの席からは“魔法の指shine”が見えて、その手の動きから繰り出される様々な色合いの音たちに、ほぉぉぉ~~catface


フルートの大島さんはこれまでも聴かせていただいているので安心して音楽に浸れましたgood。でも今回はラテンものが多かったのでいつもとはちょっと違うフンイキがありましたねー。編曲ものの「エリーゼのために」なんかはちょいエロkissmarkなカンジ~~smile。始めの方は若干硬めでしたが、後半はすごーくイイ音で鳴ってましたーnote


おそらく大島さんの選曲だと思われるクラシックの編曲ものが数曲と、残りは佐藤さんのオリジナル曲で、これがまた心地好い調べなのよね~notes。久石譲さんを想い起こさせるような、何ともキャッチーsunな、人心を酔わすようなwine、コレコレってカンジの旋律でした。CDcd出してくれたらわたくし買っちゃうワ~~moneybag


そして、ちょっとマジメコーナーでは、佐藤さんが東日本大震災の被災地を訪問した際に浮かんだ曲「青と空」の歌詞がプリントされたものが配られたんだけど、その一節がわたくしのココロを直撃…。『海が見える丘 きつく抱く写真』。あまりにもイメージが脳裏に浮かびすぎてweep。で、余計なヒトコト。歌は…………ない(歌わない)方がいいカモ………bleah。これはわたくしの連れたちもつぶやいており………sweat01。佐藤さんの「だいたいこんなカンジの曲」「ス○ップの○居くんよりちょっとマシ」には笑いマシタcoldsweats01。ホントダsmile


最近はバリバリクラッシックの演奏会にしか行ってなかったけど、こんな落着いたオトナなライブbarならまた行きたいワ~happy01。来月は北の方なので行きやすいしぃ~subway。(冒頭の画像は来月の宣伝smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »