« 八條美奈子フルート・サロン Vol.2 | トップページ | 「叫びと祈り」 »

2014/02/26

ベルリン・バロック・ゾリステン with エマニュエル・パユ

Img226いや~、なんか、全てがパネェ~coldsweats02impactってカンジ~bell。でも、その本当に本当の真価shinediamondはわたくしなんぞには“ブタに真珠”pigring状態なのよね~、たぶんweep。昨夜、Kitara大ホールで開催されたコンサート、聴きに行って参りましたshoe


現在、古楽演奏では世界最高レベルfujiと言われるアンサンブル。これほどまでに明確なフレージングとアーティキュレーションは初めて聴くものだったけど、バッハの時代、音楽は言語的意味があるものだった、ということを考えると、よりそれを際立たせようという奏法なのかしら~とウスぼんやり思ってみたりthink。もっとベンキョーしなきゃだワー…sweat01bookpencil


今回のソリストも、エマニュエル・パユというバロック演奏もカンペキなアーティストなので、このスタイルが現在、バロック演奏の最先端ってことなんでしょーねーcrown。で、パユの音はすごーくマロヤかcute。モダン的なソリスト、というよりは、みんなほぼ対等な印象。ただ、聴いてる最中、実はずーっと気になってたんだけど、“古楽の小編成アンサンブルを大ホールでやるのはアリなのか”、って思うくらい音がよく聴こえなかったbearing。フツーにオーケストラを聴くにはバランスのいい2階席正面の真ん中だったんだけど、音色の微妙な変化があまり伝わってこなくて。少しモワっとコモったカンジtyphoon。それともわたくしの耳earが悪いのか…wobbly


Img227しかし、メンバーさんのワザはスバラシかったですーshineshine。「ブランデンブルク協奏曲 第5番」第1楽章のラスト、チェンバロのカデンツァ、スゴかったーッimpacthappy02heart04sign01曳いては寄せる大海の波waveのようにざばーッsign01ざばーッsign03超絶技巧で畳み掛けまくるツブ立った音のうねりsign05、でもその中からちゃんと美しい旋律が立ち上がってくるup…。これがジャズのライブだったら、指笛ヒューヒューthunder、大喝采bellの場面。ブラーヴォーッhappy02impactpunchsign01って叫びたいのをぐっとガマンbearing。もしかすると当時、バッハの超絶即興演奏でオーディエンスは大喝采したんじゃないかなぁ~、と勝手に想像したりしてcatface


それと緻密な美しさdiamondが際立ったのが、「音楽の捧げもの」より「6声のリチェルカーレ」。わたくし、対位法なるものについてほとんど知りませんがcoldsweats01、もーとにかく、よくもこんな構造でこんな美しい音楽が作れるワーマジスゲーcoldsweats02、な曲なのですよ。で、この6人が、お互いの信頼spadeをベースに語りかけながら美しい物語を紡いでいくnotes。この曲でもそうだけど、前半のパッヘルベルの「カノン」もミニマムの編成で、その緊密感は名人だらけのミニマムだからこそ生まれるプラチナの質感shine。スンバラしーデスconfident


アンコールはC.Ph.E.バッハの「フルート協奏曲二短調」第3楽章よりアレグロ・ディ・モルト。最後のここでパユさまのヴィルトゥオーソcrownぶりが思いっきり全開ッsign01フルート協奏曲だからねー、これまでの抑え目の演奏から一気にバクハツーッimpactsign01なカンジでしたねー。


でもわたくし、実は正直パユさまの良さがあんまりよくわからなくて…sweat02。だって、世界を見渡せばこれくらい吹ける演奏家って結構いると思うのに、何でこのヒトばっかキャーキャーribbon言われんの~?ってカンジで。やっぱイケメンclubだから?数年前に、当時の笛友達が“パユさまじゅて~むheart02”だったので、ソロ・リサイタルについて行ったことがあったんだけど、そん時もなんか“たましひ”に来るものがなかった。う~、なんでかしら~~despair?さらに“パユさまじゅて~むheart02”の友達を激怒annoyさせる発言をしちゃうと、パユさまのアタマのテッペン、うす~くなってましたdanger。そのうち2階席も3階席もクローズにしちゃうかもーsmile


それより、わたくしものすごーく気になったコトがflair。コントラバスのクラウス・シュトールさん。不機嫌な高木ブー。すごいヤル気なさげ。「カノン」も、まだチューニングしてんのかいな、と勘違いしたほどのヤル気なさげな入り。ビックリしたーcoldsweats02。演奏時のずり落ちた眼鏡eyeglass姿なんて、どー見てもそこいらへんの偏屈おやぢ。もーオモシロすぎてchick目が離せなかったワーsmile。ぎゃー、世界の一流演奏家になんてシツレイなコトをッhappy02sign01

|

« 八條美奈子フルート・サロン Vol.2 | トップページ | 「叫びと祈り」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/59201148

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリン・バロック・ゾリステン with エマニュエル・パユ:

« 八條美奈子フルート・サロン Vol.2 | トップページ | 「叫びと祈り」 »