« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014/03/29

「日本人には二種類いる」

「で?」「だから?」……大手広告会社を経て、現在キューピー(株)顧問とかいう岩村暢子氏著book。サブタイトル「1960年の断層」。


すごい仰々しいタイトルだから、む?ってカンジで読みはじめてみたんだけど、要は日本人のうち1960年生まれの前と後とでは、生まれた育った環境にピッキリthunder違いがあって、その世界観に違いがあるってことを言ってるだけgawk。具体的な統計や資料をひたすらズラズラと並べてるので説得力はあるけど、既に感覚としてわかってるから別にいーです、ってカンジdown


で、この本の意味のなさはあとがきにハッキリ現れてて、わたくし笑ったワー。『ここに示した35項目が、「60年型」の感覚や背景の価値観を「旧型」が知る一つの手がかりになれば有り難い。また、「60年型」の人々にとっては自らの「当たり前」や「普通」がなぜ「旧型」に通用しないか、見つめ直すヒントになればと思う。』『『人口統計』(総務省統計局、2012年10月発表)によれば、「60年型」は既に日本人全体の約6割(59%)を占め、「旧型」は4割(41%)と少数派になっている。これからますます「60年型」の感覚と価値観がものごとを動かす時代になっていくことは、間違いない。』がはーっimpactsign01爆笑ーッthundersign01あったりまえのことをこんなモットモらしく語っちゃって、恥ずかしくないのかしらーcoldsweats01


そもそも「60年型」の生活環境を変えて来たのは「旧型」の方々でしょう?彼らこそ生き字引みたいなものなのに、そういう人たちにむかって「こーゆーことがあったのよ。だから理解しなさいね。」って…sweat02。バカにしてんのか、コラannoy


一応「60年型」に属するわたくしの感覚としては、社会生活上いろいろ学びながら曲がりなりにも「旧型」の方々とはウマくやってきてるつもりなので、いまさら「見つめ直す」気はないデスsmile。まぁ、岩村さんもおっしゃってるようにますます「60年型」の時代になるわけだし。しかし、このあとがきの文章、“マーケティング臭”が如実に漂ってて、すっごいヤなカンジーぃbearing


そして何よりも致命的にモンダイなのは、もはや1960年の前後で区切って分けるのは古いってコトだわねーng。今後「60年型」がほとんどになっていく時代、一番の断層は「デジタル・ネイティブ」かどうかってところでしょ?岩村さんはずーっと日本の食卓restaurantについて調査してきた方だから、おそらくこのあたりの発想はお持ちじゃないんでしょうdown。あるいは、マーケティング市場ではボリュームゾーンじゃない「90年型」は相手にしないってコトかしら~wobbly


でも、わたくし初めて知ったこともありましたflair。戦後、日本の食生活が激変した背景に政治的なものがあったということ。単に「欧米文化が流入した」ってだけでは片づけられないこと。アメリカの小麦などの「余り」を日本に押しつける、って法律があったんですね。アメリカの政策上有利なことを日本に押しつけるっつー、今も綿々と続いている状況がここにもあったか、と。まぁ敗戦国だから仕方ないけど。んで、今「脂肪の取りすぎはカラダによくないから控えましょう」ってかgawk


当時の運動の様子が書かれてるんだけど、いやー、スゴいですよ、その実際は。アメリカの資金援助による栄養指導車「キッチンカー」busが日本全国を回って、主婦たちに欧米の食生活を教え込む。厚生省(当時)も動物性タンパク質の摂取を強力に薦める。マスメディアも日本の食(和食)がいかにダメか訴える。『粉食は栄養を運ぶ。米は死を運ぶ」とか「めしの食べ過ぎは短命のもと。白米を食べ過ぎると頭の働きがわるくなるどころか、早死にする」などと書かれた慶応大学の林髞(ペンネームは木々高太郎)が書いた『頭脳』(光文社’58年)がベストセラーになったのも、この頃である。』えーと今や「和食」が文化遺産だっけかgawk


あ、ちなみに著者は「旧型」だそうですwheelchair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/23

札幌フルート協会 第7回スペシャルコンサート「情景」

Img232 札幌内外でご活躍の若手フルーティストさんたちを中心とした、札幌フルート協会主催のスペッシャルshineなコンサート、いろんなテイストを持つ演奏notesをいっぺんに聴けて、お得な演奏会、行って参りましたーhappy01


前半は、アンサンブルとソロ、それぞれの演奏家さんたちのガチimpactなパフォーマンスが堪能できるプログラム。最初の2曲のアンサンブルは初めて聴く曲でした。どちらもまさしくタイトルが表す「情景」が思い浮かぶ曲ですね~confident。2曲目、大島さんと高殿さんのショッカー、良かったです~bell。深みのある美音で第2楽章の「ラッパ水仙」、ウットリlovelyさせていただきました。いつまでも聴いていたい…clover。3曲目の大崎さん、わたくし、大変シツレイながら、なんだか“武士”のような魂を感じてしまひましたcoldsweats01。もちろんポジティブdiamondな意味でですけど、諸行無常ってゆーか、オカシなこだわりのない流麗感ってゆーか、スッパリした潔さを感じましたconfident。そーゆーことにカンケーあるかどーかわかりませんが、演奏する姿が尺八プレイヤーに似てる、ってゆーかcoldsweats01。“首振り3年ころ8年”ってゆーコトバを久々に思い出しちゃいました。大崎さんは、他の曲もぜひ聴いてみたいですねnote。そして按田さん、お名前はフライヤーか何かで拝見したことがあるような気がしますが、演奏を拝聴したのは初めてでした。一音一音、心を込めた丁寧な演奏、美しかったです~heart01


後半は、北海道作曲家協会所属の2人の作曲家さんによるフルートオーケストラ作品の演奏と、モーツァルトとグリーグのお馴染みの2曲。白岩氏による「BIRTH 0(ZERO) Ⅱ」は、わたくしの師匠でもいらっしゃる八條先生に捧げられた曲だそうですが、む、むずかすぃーーsweat01sweat01。しかーしsign01現代曲にだんだん慣れてきたわたくし、オモシロさもちびっとわかってきましたヨーcatface。白岩さんのお話では「ドとシ(だったかと…)の間の微分音を研究している」とのことで、その不安な音がフルートならではの特質を際立たせて、協和音から不協和音への移り変わりrecycleがなんともキモチワルくてナーイスッgoodsign01しかし、そのオケの音に耳earが引き付けられるあまり、オケとソロとの聞き分けが難しかったですsweat01。ともあれ、八條先生、お疲れさまでしたwink。それにしても、こんな難しい曲(ってゆーかワケのわからない曲smile)、よくまとめられますね…sweat02。指揮・阿部先生にも労いの拍手をspa。その点、熊谷さんの「雪月花」第2楽章「月」は美しかった~~shine。安心してヒタれました。これ、全曲通しで聴きたいです。たぶんものすごーくわたくし好みな予感がするのよねーcatface。どこかで聴かせてくださいッsign01


そしてモーツァルトとグリーグ。オリジナルを知ってるだけに、そのアレンジも楽しめました。やっぱイイわ~catface、アマデウス~~heart02。ウキウキ~~notes。去年「フルート・レボリューション」で拝聴した住吉さんは、前半に譜めくりもされてたし、今回は降り番なのかしらーと思っていたら、なんと「ペール・ギュント」で打楽器奏者としてご登場spade。いや~、プロの打楽器奏者ってやっぱスゴいshineもんなのね~と再認識いたしました(住吉さん、スイマセン…coldsweats01)。それにしても、オーケストラで聴いても、高殿さんの美音shineはハンパないですねーcoldsweats02。お隣のピッコロ持ち換えの方(お名前分りませんが)もステキでしたup


さて、札幌フルート協会のスペシャルコンサートはわたくし初めて聴きましたが、すごく王道crown且つめちゃチャレンジングthunderなコンサートだったんですねfull。今わたくしがお金を出して聴きに行くのはもっぱらクラシックの演奏会ですが、協会メンバーさんの中にはジャズ系がお得意の方もいらっしゃるでしょうから、今後はそちら方面のカッコイイdiamondパフォーマンスもちょこっと聴いてみたい気もします。軟派過ぎかしらbleah?もしかすると違った分野のお客さんも足を運んでくれるかも知れないなー、なんて思いますデスhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/19

「オーケストラが好きになる事典」

緒方英子氏著book。これまで読んだことのある楽器とその演奏家についての解説書とはまた一味違った見方が出来る事典happy01。演奏家さんたちへのカジュアルな雰囲気のインタビューkaraokeが充実しているのが特徴かな~。プロの演奏家さんが身近に感じられる1冊notes


緒方さんは、演奏家としてご活躍している方ではないようだけど、藝大でサックスについて演奏や作曲などを学んだ専門家としてこのテの楽器解説書を何冊か出版されているよう。なので、登場する演奏家さんたちとの距離も近いし、登場する演奏家さんたちも実際にオケでご活躍されている方たちで、それがこの本のクオリティを高めている要因ですねup。特にわたくし、ピアノの項目で横山幸雄さんがご登場していて「おおッsign01」。結構スキなピアニストさんなのでheart02。日常生活も垣間見えるインタビューが興味深かったワーcatface


毎月、地元オーケストラの演奏を聴きには行くけれど、自分が演奏できるもの以外、よくわからなかった楽器についてのざくっとした知識を得るにはピッタシ~pencil

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/14

「バイオリニストは目が赤い」

激オモシローッsign01元NHK交響楽団で第一バイオリン奏者としてご活躍されていた鶴我裕子さん著book。鶴我さんの著作は初めて~happy01


趣味でヨレヨレ&ヘナチョコweepな演奏を楽しんでいるわたくしから見れば、藝大出身、プロオケの奏者さんなんてことになると、もーとんでもなく雲cloudの上の存在なわけだけど、鶴我さんのゴーカイimpactな書きっぷりはそんなシモジモの者にもなんとなく、雲の上の動きをイキイキと想像させてくれるチカラがあるのよね~smile。プロの世界を熟知した演奏家で、地面にへばりついてるわたくしとを結びつけてくれる筆力penを持った鶴我さんのような方はほんとうに貴重diamondだワー。音楽の表現力と、文章の表現力と、たまに複数の才能を持ったヒトshineっていらっしゃるのよねーcatface


わたくしよく存じ上げない海外の指揮者のエピソードがバンバン出てくるんだけど、そういう指揮者とオケの結構シビアな関係、ここまでぶっちゃけ書いちゃっていーの?ってカンジなんだけど、面白いhappy02。やっぱオーケストラって「いきもの」なのねーwave。確固たるひとつの意志があって、指揮者と丁々発止impactやる、なんてゾクゾクするワーthunder


で、すごーく親近感を持ったのは“譜読み”のハナシ。だいたいフツーは頭からやり始めるので、1ページ目は何度もさらってすごく出来るのに、だんだんチカラ尽きてきてdown後ろのページまでたどり着けないなんて書かれていて、「あぁぁー、プロのヒトも一緒なのねーッcoldsweats02sign01」ってめちゃ勇気付けられたりして…って、安心してる場合ぢゃないッpunchsign01しかも曲のレベルも違うッpunchsign01で、鶴我さんはその状態から脱するために、後ろのページから譜読みを始めるそう。で、最後に1ページ目に戻って「やったーッsign03」って。コレ、使えるッcatfacesign01わたくしも今度“鶴我メソッド”やってみるワッpunchsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/09

第6回 木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴ定期公演

Img231いや~、なんだか近頃すっかり“貫禄crown”のようなものが出てきたんぢゃないですか~catface?あッsign01シマッタッsign03カワユイ女性チームに“貫禄”はシツレイでしたわねッsweat01sign01つまりなんていうかこー、“自信diamond”的なものが演奏にも現れてきているというかconfident。昨晩、ザ・ルーテルホールにて行われた定期公演、聴きに行って参りました~note


わたくし、昨年の定演は諸事情により行けなくて、テーマがアメリカだったし、もーホントに痛恨の極みだったのにcrying、さらにその公演が札幌市民芸術祭の奨励賞を受賞spadeされたと伺い、ジダンダを踏んだのでした…dashって、わたくしのクヤシーッbearingsign01がモンダイなんぢゃなくて、ポロゴちゃんのこれまでの地道な活動と演奏が評価されてshine今後の活動も期待されてるっていうヒジョーに喜ばしい事実におめでとうございます~happy02、を言わせていただきたかったのでした。パチパチ~~fujibell


さて、今回は色彩感豊かなフランスものairplane。木管の音色のステキなところが生かされる曲たちですね~notes。みなさんのお衣裳も、きらっきらshineふわっふわribbonのスウィーツみたいですんごくカワイかったワ~~cute。印象派のドガの絵画artに出てくるバレリーナちゃんたちみたいでしたhappy01。そーいえば、ドビュッシーの小組曲の中に「バレエ」がありましたねー。ははぁ~、それですナーconfident


Img230プログラム前半のドビュッシーでは、立ち上がりのせいか、ちょっと音が固めでバラケたカンジがしたけど、それは印象派の音楽だからそう聴こえたのかしら~despair?しかし、その後のプログラムでは、ますます息の合った一体感ある演奏を聴かせてくれましたnote


今回もオーボエ・岡本さんが何度も「マイナー曲」と紹介karaokeされていたボザの「自由な主題による変奏曲」や木管アンサンブルとしては最大級に長大waveなタファネル「木管五重奏曲」に挑戦するあたり、相変わらず「攻め姿勢」punchimpactのポロゴちゃんです。ボザは、冒頭、ホルンの力強い響きthunderから始まってかなりカッコイイ曲でしたーlovely。「マイナー曲」ということでメンバーさんみんなで考えながらの解釈だったそうですが、なんかめちゃ良かったのでは~bell?ファゴット・濱田さんの低音の支えもバッチシgood。濱田さんといえば、フランセ「ディヴェルティスマン」の曲紹介もウイウイしくchick、演奏し終わった後の「はぁぁぁ~、出来た~dash」ってカンジがまたすっごくホホエマしくて~happy01。トリオ・ダンシュ、よくもまー、こんな難しい曲をシュルシュルッとcoldsweats02


これまで何回かポロゴちゃんの演奏を聴かせていただいてきていますが、プログラム後半の3曲(フランセ、ボザ、タファネル)のように技巧を要する難曲typhoonでの緻密なアンサンブルにはいつも胸が躍りますheart02。軽い足取りでキラキラshine疾走していく爽快感cloverに満たされるカンジ。木管ならでは、なのかも知れませんねnote


最後のMCは、寿退団によりこれが最後の定演ご出演になったホルン・長岡さん。なーんか、すごーくカワイイvirgoポロゴちゃんのメンバーさんらしいMCでしたね~~happy01。ほんわかした口調で、「ポロゴは本当に人に恵まれて、みなさんに育てていただいた。」なんて、わたくしじぃぃ~ん…weepといたしました。創立からのメンバーだった長岡さん、ステキな演奏をありがとうございましたheart01。末永くお幸せに~~~heart04


というわけで、わたくし、タカラヅカを見るような感覚でsmile、また新メンバーを迎える新生ポロゴ、楽しみにしてますねーhappy02sign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/06

南加奈子 フルート・リサイタル

Img228 南先生、Kitara小ホールdiamond、初のソロ・リサイタルshine、ものすんごく頑張っていらっしゃいましたーfuji。そんなフンイキがバッシバシimpact伝わってきたステージ。文化庁&日本演奏連盟主催の新進演奏家育成プロジェクト リサイタル・シリーズSAPPOROの6回目の公演で、わたくしの旭川時代の笛の先生、南加奈子先生が登場されましたnote


いやー、もー、とにかくプログラムがスゴいimpactcoldsweats02。息抜くところがない~~bearing、ってくらい超絶技巧thunderを駆使した、フルート曲らしい華麗でキラビヤかshineな曲目がズラリ。そしてそれを、先生らしく、すっごい勢いdashで走り抜けてくrun、ってカンジでしたねーhappy01。先生の意気込みが伝わってきました。でも、後半2曲目のフォーレ「夢のあとで」や、アンコールのプーランク「即興曲15番 エディット・ピアフ讃歌」(でしたか…)の、シットリ曲もとっても良かったhappy01ので、本プログラムにもう1曲、それ系のものを入れてくれたら、一般のオーディエンスとしてはゆったりできたカモ、ですねconfident


Img229 そしてピアノの長崎麻里香さん、めちゃカッコよかったですーhappy02。長崎さんの伴奏を聴かせていただくのは、4年前に旭川で拝聴した工藤重典さんと南先生のデュエットや、アンサンブルの公演以来でしたが、更に素敵になっていらっしゃってup。要所で投げかける南先生への視線eyeや指先のタッチに想いの温かさsunが溢れていて、こちらまでホッコリspaしちゃうカンジ。ソリストをリードしたりフォローしたり、共演者ってこーゆー風にあるものなのねーってハッキリわかる演奏だったと思いますclover。それと、女優の洞口依子さん似の横顔でピアノを弾くフォルムが美しいッshinesign01カタチから入るわたくし、ウットリ~lovely。くらもちふさこさんのマンガみたい~(←完全ミーハーbleah)。


演奏後のおふたりの笑顔もとってもステキtulipで、一緒に聴きに行ったアンサンブル仲間たちにも好評でした。超絶技巧にほえー、シットリ曲にほうー。「よかったー」「刺激になったー」「練習するー」と、レベルは全然違うけどcoldsweats01、意欲を燃やしてましたimpactpunch


しかし南先生、演奏中、ド真剣なのはわかりますけど、カオがコワいです…coldsweats01sweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/04

「ユーミンの罪」

エッセイスト、酒井順子さん著book。すごく酒井さんらしい内容だけど、言ってることにはそれほど新鮮味はないかもーbearing


わたくし、酒井さんとほぼ同年代なもんで、確かによくユーミンは聴いてたワ~earnotes。当時からイラストartなんぞ趣味で描いてたりしてたので、BGMcdはたいがいユーミンhappy01。ユーミンの歌は、特有の無機質な声質とそのメロディによってどんな曲であってもイマジネーションを掻き立ててくれるってゆーか、たぶん、ここで酒井さんが主張している、歌詞がその場面を生き生きと脳裏に描かせる作用があったからなんじゃないか、と思い当たるのよねconfident。聴く者のクリエイティビティを刺激するっていうかthunder


ただ、わたくしの場合は北海道の田舎cloverで青春時代を送ったもんだから、さすがにユーミンの魔法shineのような歌詞も実際には全く効果が及ばなかった。全ッ然違う世界のハナシ~、ってなカンジで、ユーミンが高校のセンパイとかいう酒井さんが感じたリアリティはひとっつもなかったのでしたcoldsweats01。少なくともわたくしには酒井さんがおっしゃるような深刻な影響は皆無、ってことだわねfree


このように、住む地域によって受け止められ方も違ってたんじゃないかと思うんだけど、たとえば「サーフ天国、スキー天国」では『本物のサーファーやスキーヤーが歌を作ったら、おそらくサーフィンやスキーの精神性を語り出すのです。しかしユーミンはイメージ上のサーフィンやスキーの格好よさを表現したからこそ、一般人にも理解ができた。(中略)このように「憧れる力」が、時に本物の力よりも勢いを持ち、輝いていたのが80年代という時代でした。』とある。ここは酒井さんの慧眼が光る一文diamondだけど、まさにご幼少の頃から雪まみれsnow、ハナミズまみれsweat01でスキーskiしてたわたくしから見れば、「チャラチャラしてんぢゃねーよッangry、ザケンなーannoypunch」なカンジでしたわねsmile


でも、田舎といえどもマスメディアには接するわけで、『バブルの頃、ユーミンのアルバムは一つのイベントでした。「今回はこんなアルバム」というコンセプトは、様々な雑誌に掲載されるユーミンのインタビューで周知され、それを読んだ私たちは「はぁ~っ!」と、ひれ伏すような感動するような気持ちとなった。ユーミンブームとバブルが重なり、あの頃のユーミンの言葉には「ご託宣」に近い響きがあったものです。』っていう記述はまさにそのとーりだったなぁとthink。ま、カッペのわたくしは、「ふ~ん、そーなんだー。」だったケドgawk


しかし今回、これを読んで改めてユーミンを聴いてみると、歌詞はともかく(つか、わたくし元々歌詞をあんまりよく吟味しない方なのでした…bleah)、楽曲のアレンジセンスの良さにビックリしますねーnote。全然古くない。正隆さんスバラシーgood。ちなみにわたくしは、荒井由美も松任谷由美もどっちも大好きデス~heart04happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/01

「叫びと祈り」

ミステリー!新人賞受賞作「砂漠を走る船の道」を含む梓崎優氏のデビュー作book。本格もののミステリーというよりは、テイスト的にはファンタジーに近いhappy01


この作品を読んでいて、常にわたくしの脳裏に浮かんでいたのは、アンドレイ・タルコフスキーの映像movie。色彩あふれる国が舞台であっても、なぜか静謐なモノクロームnight。詩的な文章がそういう独特のテイストを醸し出してるのねーconfident。たぶん、近頃ハヤリの、ってわたくしも好きでよく読むけど、ライト系エンターテインメント小説に慣れた読者には読みづらいかもねng。手触り的には、萩尾望都だったりあるいはジブリアニメってカンジ?わたくしはスキですheart04、こういう文体&フンイキ。特に「凍れるルーシー」は良かったワ~catface。ロシア正教の聖歌のCDcdをBGMnotesにしたら、もードップリ~mist


一応ミステリーではあるんだけど、バリッバリの謎解きがメインなのではない。事件を起こす人間たちの背後にあるもの、それを解き明かした末の人間ドラマがメインなのではないかとconfident。だから最終章の斉木のモノローグ『どれだけ彼は、僕のために手を尽くしてくれたのだろう。どれだけの人が僕のために祈ってくれたのだろう。』が切実に胸に迫ってくるのよweep


でも、そーいったカンジで物語の語り口はとってもイイgoodんだけど、「白い巨人」の謎には、わたくし、伝説のバカミス「六枚のとんかつ」の中の一篇を思い出してしまった…sweat02。トリック(とも言えないようなもんだけど)的には同じ。すごいスキだけどね~smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »