« 「三國志 第弐巻」 | トップページ | 「ユニコーン」 »

2014/04/26

樫本大進 ヴァイオリン・リサイタル

Img239 いや~、やっぱり“世界の一流diamond”は違いますねぇ~~confidentshine。超絶技巧を繰り出さなくても、その飛翔する音楽性で聴かせるcrown。静謐な感動がジワジワと来る価値ある2時間clock。昨晩、8割方席が埋まったKitara大ホール、行ってまいりました~shoe


数年前に、同じベルリン・フィルのコンマスでいらした安永徹さんの室内楽を聴いた時にもぶったまげcoldsweats02ましたが、樫本さんの音色はその安永さんとはまた全然違って、おそろしいまでに透徹しまくりなものでしたthunder。グァルネリをここまで繊細に澄み切った音で鳴らすのを聴いたのは初めてcoldsweats02。いやー、古い楽器ってシブいjapaneseteaのが特徴なのかと思ってたら、もーゼンゼン違うぢゃーん、ってカンジ。男性アーティストは見た目の楽しみがほとんどないので(シツレイ~~smile)、昨日もほとんど目を閉じて、ひたすら音だけearを追いかけてたんだけど、ずーっと聴いてると、奥が深い、というよりも、頭上に果てしなく広がる、ラファエロが描くような青い空をひゅぅぅぅーっとひたすら昇っていくイメージupup。ただの伸ばした単音のつながりなのに、これほどまでに開放的な、自由な、飛翔する印象を受けるって、なんかスゴすぎだワshineshine。弱音の重音も、思考力が奪われるほどに美しくてclovershine。わたくし、ヨダレたらしてたカモsweat02。いえ、寝てたわけではありませんsmile


樫本さんとピアノのリフシッツさんとで、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲演奏&録音プロジェクトを達成されたらしく、CDcdもすごく評価が高いようですが、昨日は、わたくし、ブラームスのソナタにヤラれましたlovely。ドバーッと下品に感情が溢れる一歩手前のリリカルさcute。ほんとーにステキでしたheart04。リフシッツさんのピアノもスバラシかった~~bell


そのリフシッツさん、すでに高い評価を得られてるようですが、なかなか個性的なお方のようですねwink。昨日はエラいリラックスしたカンジで(っていつもなのかしら?)、ブラームスの時には、ムゾーサに折りたたんだデッカイ模造紙ッcoldsweats02sign02ってカンジの楽譜をガシッimpactとワシヅカミで颯爽と舞台に現れ、横に置かれたイスに、弾き終わった楽譜をバッサバッサdashと投げていく。フツーの楽譜もその譜めくりのスバヤさたるや、石川五ェ門(@「ルパン三世」)の斬鉄剣捌きのごとしthunderthunder。カーテンコールも、リフシッツさんが先にさっさと袖に戻っちゃうdashもんだから、樫本さんが「あらsweat01」ってカンジでコケるシーンもあって、オモシロなコンビですね~~happy01


あー、ますます樫本さんがコンマスで出られるベルリン・フィルnotes、聴きたくなっちゃったわーhappy02。こりゃベルリンに行くしかないッairplanesign02

|

« 「三國志 第弐巻」 | トップページ | 「ユニコーン」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/59535022

この記事へのトラックバック一覧です: 樫本大進 ヴァイオリン・リサイタル:

« 「三國志 第弐巻」 | トップページ | 「ユニコーン」 »