« 安永徹&市野あゆみ 室内楽シリーズ 第4回 | トップページ | レディ・ベス »

2014/05/08

MAYUMIコンサートシリーズ2014 Vol.21

Img240 札幌交響楽団コンサートミストレス、大平まゆみさんのコンサートシリーズnote。わたくしは昨年の19回に続いて2度目scissorsの拝聴です。同じく札響首席フルーティストの高橋聖純さんがモーツァルトを演奏されるので、こりゃ聴かねばimpactpunch、ってことで行って参りましたーshoe


モーツァルト「フルート四重奏曲 第4番 イ長調」。高橋さんの期待に違わぬ美音shineshine。混じりもののない純水がサラサラサラサラ~~sign05って流れるようなとってもキュートcuteなモーツァルトconfident。わたくしのココロもサラサラサラサラ~~sign05って洗ってくれました~~wave。ピカピカ~~shine。高橋さんって、その容姿でも得してるって思うのよねーsmile。どどーんimpactとした堂々たるお身体で、めちゃ繊細でチョー美しい音diamondを発した瞬間、そのギャップで美音効果倍増ッsign01ってカンジで。あれ?褒めてない?おかしーなーthink。でも本プログラムでは、シューベルトの「セレナーデ(歌曲集「白鳥の歌」より)」の2曲しか登場されなくて、いえ、どちらも内面の充実を要求される難しい曲でしたが、ちょっとわたくし的には物足りなかったワweep。ソロリサイタル、拝聴したいデスーheart04


そして前回わたくし衝撃thunderを受けたヴィオラの青木晃一さん。今回、大平さんの相手役っぽいカンジで大活躍spade。でもなぜか前回ほどのインパクトはなかったよーな…despair。モーツァルト「ヴァイオリンとヴィオラの為の二重奏曲 第1番 ト長調」。古楽奏法なんでしょうか、ヴィヴラート少なめでちょっと小さくまとまったカンジがしましたwobbly。後半のシューベルト「ピアノ五重奏曲 イ長調 「ます」より 第4楽章 第5楽章」も、合奏のときはイキイキしてカッコイイhappy01のにカデンツァ部分ではなんかやっぱり若干固まってる印象なの。チヂムってゆーか…typhoon。むー、大平さんにちょっと遠慮してる?でも、この五重奏曲、良かったですねぇ~bell


さて今回の初物newは、札響コントラバス奏者、稲橋賢二さんsun。なんかー、すっごくカワイクてーchick。ドラマtv「のだめカンタービレ」のサエコ並に、コントラバスの横にいると中学生にしか見えないーhappy02pencil。アンコール曲の時やカーテンコールの時、稲橋さんの1.5倍はありそーな高橋さんにこっそり横でいぢられてるのがもーおかしくてーhappy02。初登場でキンチョーされていたのか、五重奏曲の冒頭はかなり浮いてましたがcoldsweats01、その後すぐに、しゅーっと修正されてました。サスガclub


ということで、今回もモーツァルトの「ヴァイオリン二重奏曲「鏡」」を演奏してくれたり、札響の若手を前に押し出してくれたり、大平さんのステキさheart02をまた再確認させていただきました。


しかし、わたくし、どーしても疑問に思ったことがありましてthink。今回、マチネーだったせいもあるのか、聴衆のレベルが低過ぎる。クラシック演奏会でのマナーを知らなさ過ぎです。楽章の間で拍手してしまうのはまだ許す。第1楽章なんかは最後盛り上がるから、気持ちも盛り上がってきゃーってなるのはわかる。しかし、曲の途中で拍手はあり得んでしょう。わたくしの隣に座ってたひとたちですけど。しかもどんな曲でどんな演奏でもフライング拍手とヒューってゆーマイケルみたいな裏声の掛け声。大平さんが大好きなのはわかるけど、大好きならなおさら、最低限のマナーくらい学ぶべきなのではないでしょうか?最近ある舞台俳優が「緊張したシーンでセキをするな」と言って物議を醸したけれど、まぁどうしても我慢できないセキは仕方がない。でもこれは“学ぶ”という姿勢があれば簡単にできることです。少なくとも500人以上の人間がいる場所では、他の人たちに不快感を与えないルールは必要なんです。こんなことでは真に音楽を聴きたいと思っている人は、このシリーズには足を運ばなくなるんじゃないでしょうか。


これが、「音楽の裾野を広げたい」と願っている大平さんの望むカタチなのでしょうか。これまでクラシック音楽に興味のなかった人たちが会場に来てくれるようになった、というのは大平さんの大きな功績だと思います。本当に素晴らしいと思います。でも、21回もやってこられて、この状態(本当にスミマセンweep)で満足していていいんでしょうか?そのあとが大事なんじゃないでしょうか?わたくしには残念に思えてなりません。


ってなことで、学んでみよーかなー、と思われる方にお勧めなのが、茂木大輔さんの「拍手のルール 秘伝クラシック鑑賞術」。面白いですよ~happy01

|

« 安永徹&市野あゆみ 室内楽シリーズ 第4回 | トップページ | レディ・ベス »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/59605868

この記事へのトラックバック一覧です: MAYUMIコンサートシリーズ2014 Vol.21:

« 安永徹&市野あゆみ 室内楽シリーズ 第4回 | トップページ | レディ・ベス »