« Sister Act ~天使にラブ・ソングを~ | トップページ | 「葬送」 »

2014/06/22

CELEBRATION 100! Takarazuka ~この愛よ永遠に~

Img259もぉー、懐かしすぎるぅぅぅーッhappy02dashsign01ちょうどわたくしが熱心に宝塚歌劇を観ていた10年くらい前のスターさんたちが、当時と全然お変わりのない姿で当時と同じ歌を歌い、踊るステージがまた観られることになろーとはッsign01生きててよかった…weep。オオゲサ…weep。6月8日まで、青山劇場で上演bell


これまで宝塚歌劇100周年のプレイベントを何度か拝見してきたけど、これまでは“女優”としてのOG公演だったのよね。それはそれでヒジョーに面白かったしhappy02、昔を知らないわたくしにとっては、往年(スンマセンsmile)のスターさんshineたちを拝見できたのはものすごく楽しかったけど、今回のステージは、まさに、“宝塚の男役・娘役”としてのOG公演、こんなこともできちゃう100周年、スゴーいッcrownsign01


Img260Img261まさに、わたくしの大スキheart04だったマリコ(麻路さき)さんがトップだったときの星組のスターさんたちが勢ぞろいlovely。2番手のノル(稔幸)さん、3番手のぶんちゃん(絵麻緒ゆうさん、C日程の特別ゲスト)、4番手のわたる(湖月わたる)さん、娘役トップのゆり(星奈優里)ちゃんがまた同じステージにいるのに、わたくし驚愕coldsweats02。マリコさんとノルさんとゆりちゃんのからみシーンがあって…crying。ただダンスシーンでは、ゆりちゃんには物足りなかったなぁ~typhoon。もっとバリッバリimpactにカッコよく踊ってほしいーッbearingsign01そしてマリコさんの変わらぬ温かい笑顔sunと変わらぬ歌唱力のイマイチさcoldsweats01。それすらも懐かしい…good。他の人とは異なるちょっとしたしぐさやポーズィングには、やっぱりマリコさんらしさが滲み出てましたclover。ノルさんの歌う「忍ぶの乱れ」。わたくし、「花の業平」ノルさんバージョンが、そりゃーもーものすごく好きhappy02で(柴田先生の日本もの、サイコーッfujisign03)、いやー、ゆりちゃんもいることだし、このままお芝居やっちゃってヨーッsign03ってカンジsmile


しかしわたくし、いっちばん嬉しかったシーンは、実はゆき(高嶺ふぶき)ちゃんの「ゴールデン・デイズ」のパフォーマンスでしたshine。もーナミダちょちょぎれるぅぅ~~weep。ゆきちゃんの、あの力入りまくりimpactpunchの歌声が当時と全く変わりなくて、ホントにウレシかったーッhappy02sign03しっかしあのゆきちゃんが、こんなにシットリ美人boutiqueになっちゃうなんて…。ずいぶん前に、わたくしの得意分野である2ドラtvに芸者さんの役で出ていらしたのを観たけど、もちろん芸は本格派だし、何よりその美しさshineshineにぶっ倒れました。でもこのステージでは一瞬にして、ガッツリ男役drama。スバラシーsign01


わたくしにとって新しい発見flairもあったりして。バックダンサーたちのひとり、ちょっとボーイッシュt-shirtで男役エキスの濃厚なコが目につきましたeye。調べてみたら、それもそのはず、去年まで現役だった蘭舞ゆうさんという方でした。シャープthunderでニュアンスの豊かなダンスをされる、わたくし好みのダンサーheart02。ちょっとこれから注意してみたい人ですね~。それから、現役トップだった頃、一切その舞台を観てなかったcoldsweats01かしげちゃん(貴城けいさん)、男役としての歌、うめーッimpactsign01ビックリしたーッsign01こりゃ、主演のDVD、改めて見てみなきゃcd


ゆりちゃんと同時にわたくしの中での不変のツートップscissors、ゆうこちゃん(風花舞さん)もますますダンスに磨きがかかってshineいるのはもちろん(わたるさんとのタンゴ、マーヴェラスでございましたdiamond)、「ダンクレ2」の時に気づいてたんだけど、歌、上手くなってますup。体全体を使って声を出すカンジが強力な安定感を生んでるんだワーbell。どこまでも進化していこうとするその努力と意志に心から敬意を表するものでございますconfident


現役時代、カワユさcuteも然ることながらその歌唱力と真心力heart01でお気に入りだったかなみんちゃん(彩乃かなみさん)。今回も尋常じゃなく心のこもった「千の風になって」。滂沱のナミダcrying。わたくし、かなみんちゃんの退団後初のCDcd、持ってますcatface。100回くらい聴いてマスcatface。ココロに沁み込みマスweep


Img262さて、C日程の出演者、高汐巴さんのナマパフォーマンスは初めて拝見しましたが、いやー、ものすごい説得力ですねcoldsweats02。現役時代もさぞかし重厚感が漂っていたのではないかと。トークもめちゃ面白くてhappy02。すごくステキなおねぃさまでしたlovely。こだま愛さん、感情の込め方がハンパなくて、なんか完全に別次元ワールドnight。「ミー・アンド・マイガール」の「あなたの心を一度なくすと」は、すごい熟女kissmarkバージョンに聴こえてちょっとコワいsmile。鋭い世間知を持つ若い娘サリーの歌なんだけど、なんだかもっとおくぶかーくてどろどろー、人生酸いも甘いも知ってるのよ、ぼうや、ゼッタイに逃がさないわよー…ってカンジに聴こえちゃって…sweat02。ま、そーゆーのもアリってことで、ひとつ。


コラージュ風のお衣裳もシャレててオモシロかった~good。かりんちょさん(杜けあきさん)も、相変わらずの歌唱力と表現力で、この素敵なドレス着用shine。でも「忠臣蔵」。めちゃ男らしい。わたくし内心ぎゃーッsign01ステキーッhappy02sign03って絶叫状態。でもエレガントな素敵ドレスboutiqueshinesmile


この日のスペシャルゲストだったブンちゃんは主にトーク担当(アレ?)karaoke。カーテンコールでのかりんちょさんとのやりとりに大爆笑happy02impact。わたるさんはちょっと呆れてたけどねsweat01


しかしこうやって聴いていると宝塚歌劇、イイ曲、たくさん歌われてきたんですね~。わたくしがリアルタイムで聴いてきた楽曲も、もっと昔から歌い継がれてきた楽曲にも素晴らしい歌詞のものがたくさんありました。ショーのシーンでも“名場面”と呼べるシークエンスがたくさんある。立派な財産ですね。そして、現役時代と同じ曲、同じダンス(アレンジしたものもあったようですが)をパフォーマンスすることによって、タカラヅカOGたちの、外の世界を経験し積み重ねてきたその成長の証がはっきりとわかりますconfident。舞台の世界での宝物、人材をも100年に亘って蓄積してきた宝塚歌劇、いや、ほんと、たいしたもんですfuji。この記念の年に巡り合わせられたラッキーに感謝デスconfident


さ、次はオールタカラヅカOGキャスト版「シカゴ」、行くわよーッpunchdashsign03

|

« Sister Act ~天使にラブ・ソングを~ | トップページ | 「葬送」 »

ステージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/59804975

この記事へのトラックバック一覧です: CELEBRATION 100! Takarazuka ~この愛よ永遠に~:

« Sister Act ~天使にラブ・ソングを~ | トップページ | 「葬送」 »