« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014/07/27

PMF オープンリハーサル プログラムB ゲネプロ

う~ん、ちょっとビミョーなキモチcloudになったゲネプロ見学…despair。結局本番は聴いてないのでBプロそのものはどうだったのかはわかんないんだけど…sweat01


当初、ロリン・マゼールさんcrownが来札されるってことで、Bプロのチケットticketは購入してたんだけど、ピンチヒッターの方(ジョン・ネルソンさん)のお名前も聞いたことがなかったので(ていうか、わたくしほどんど知らないんだけどもcoldsweats01)早々に払い戻ししちゃってたのよねー。でももう休みも取っちゃったし、ってことで、おととい、PMF初のゲネプロ見学に行って参りましたshoe


公式サイトpcによると定員100人ということなので、「こりゃ争奪戦かッsign02死ぬほどニガテな早起きかッsign02」と不安になり、「バーンスタイン・メモリアル」の時、主催者の方にうかがってみたところ、そんなに早く来なくてもダイジョブgood、ってことだったので、当日は受付10分ほど前に到着subway。20人程の列が出来てましたがダイジョブgoodでしたhappy01


ゲネプロ開始の30分ほど前に2階CBブロック、前から2列目ド真ん中の席へon。アカデミー生さんchickたちが数人、舞台上でおさらいnote。1階客席でもおさらいnote。わたくし、この、たくさんの楽器が音出ししてる時間がすっごくスキなのよね~~notes。いやー、若者たちのパンパンに弾けるimpact若さがマブシーshine…ってゆーか、…若干お疲れモードcoldsweats02?アクビ連発…の弦もcoldsweats01。メンバーかスタッフさんのどなたかがお誕生日だったのか、トロンボーンさんたちによる「Happy Birthday to You」birthday吹奏。いいですね~happy01


時間clockが来て、指揮者、ジョン・ネルソンさん登場spade。上下黒でキメてカッコイーdrama。貫禄あります。まずはシベ2から。こちらはなんかオジサンがチラホラいるわ~と思ったらPMFアメリカの教授陣が混じっているのですね(シツレイsmile)。いきなり本番さながらの熱血演奏thunder。一度通した後に、ネルソンさん、結構細かいところまで修正されてました(響き過ぎてよく聞き取れなかったケドbearing)。ほんとに、ゲネプロであっても全力投球の教授陣&アカデミー生。教授陣は、ネルソンさんとちょっとやり取りした後、同じパートのアカデミー生たちに簡潔に指導。双眼鏡で観察eyeしてると、管パートの教授たちは、視線をあちこちにトバしてupwardleftupwardright、周りをよーく観察しているのがわかります。興味深いですね~~confident。休憩に入った後も、熱心に先生に教えを請うアカデミー生chickもいましたpencil


15分の休憩をはさんで再開されたベト7。こちらはアカデミー生だけになったようで、若々しさバリバリ全開impactってカンジでしたhappy01。ベト7では、時間の余裕がなくなったのか、途中で何度か演奏を止めながらの修正。これはこれでオモシロかったですね。こちらも全力投球の熱演thunder。聴き入ってしまいましたup。しかーし、ホルンパート、どーしたんだッsign02な出来ngdown。何より(ホルンの)一部(人)の奏者のフマジメな態度…annoy。音もまともに出てないのにヘラヘラと笑っていてgawk。いーのか?そんなんで?教授陣がいなくなったからなのか?もー、弦パートも木管パートも必死sweat01に指揮者の要望に応えようとしてるのにぃpout


と、ビミョーに不可解な部分typhoonはあったものの、ネルソンさんの「どうでした?」な問いかけ(これはオープンリハーサルならではですねーッhappy02sign01)には拍手、拍手impact。ほんとに、この1時間後には本番なのよね?って聞きたいくらい思いっきりゲネプロに取り組んでる(ホルンの一部以外の)アカデミー生chickたちには、力いっぱいの応援をしたいと思いましたよ。マジでhappy01


このあとオケの演奏会は、ピクニックコンサートcloverくらいしか聴きに行けないんだけど、その時にはホルンパートも素晴らしくなってることを祈りますワ…coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/22

PMF特別コンサートⅠ~バーンスタインメモリアル~

Img271ひゃ~、朝から晩までバーンスタインまみれ~~happy02wave。「ウェストサイド・ストーリー」が大スキなわたくし、チョーしあわせ~~heart04な1日デシタ~~sun。PMF25周年の特別プログラム&「バーンスタイン・メモリアル・フェスタ」。


午後2時からKitara大ホールで開催された特別プログラムは、PMF創設者レナード・バーンスタインへ敬意を表する、オマージュ企画。アカデミー生たちによるオケメンバーが入場した後、在りし日のバーンスタインさんのフィルムmovieが数分間流れたんだけど、オケを指導しながら咳き込むマエストロの姿に胸が痛みました…weep。72歳は早過ぎます…weep。マエストロの「音楽と人間が好き。どちらが1番とは言えない。そして感動を分かち合う人が必要。」まぁ、ここまではヨシ。しかし「私は映画もひとりでは行かない」というオコトバには、ガーンcoldsweats02impactsign01どこへでもひとりでドスドスdash行ってしまうわたくし…。


Img272…は、置いといてbleah。「ウェストサイド・ストーリー序曲」はもちろん盛り上がりupますし(マンボッsign03)、わたくしも一気にテンションアーップupupsign01ですが、その後の2曲も良かったーshine。わたくし、クラリネットのことはよくわかりませんが、ミュンヘン・フィルの首席、ラスロ・クティさんの登場姿のまたカッコイイことッdramashinesign01なんでこーカッコイイのかッsign02ベルリン・フィルのブラスセクションの時も思ったけど、身体全体から溢れかえる漲る自信diamondspadeがそーさせるんでしょーねぇーcatface。それが空(カラ)じゃないことが重要なんだけどもsmile。そして、「ハリル」。ミュンヘン・フィル首席、ヘルマン・ヴァン・コゲレンベルグさん、いやー、スバラシかったーッcrownsign01バーンスタインさんの「平和への祈り」のスピリットがバンバンimpact伝わってきて、胸が熱くなりましたheart02。胃の腑に届くような(アレ、例えがヘンsmile?)ピアニシモ。祈り、です。コンミスさんもナーイスgoodsign01歌心ありますね~notes。コゲレンベルクさん、めっちゃニッコリhappy01で、すっごくイイヒトそーcute。フルートの休みパートでは、ヨシヨシchickってカンジでオケを見渡して、頼れる先生感タップリ。ステキ~~heart04。こんなステキなセンセーに教わったら、わたくし目ぇハートlovelyでブッ倒れちゃうーcatface


後半は、「バーンスタイン・ミュージカル・スペシャル」。1曲目『「オン・ザ・タウン」から“3つのダンス・エピソード”』では、ラスロ・クティ先生がトラさんとして加わっていて、めちゃくちゃタノシそーでしたねーcherry。いやー、やっぱ盛り上がるぅ~up。この後歌手の方々が加わります。先日「ナクソス島のアリアドネ」で、オネェ舞踏教師kissmarkを演じた日浦さんと、ニンフ役だった九嶋香奈枝さんと今野沙知恵さんがご登場。面白かったのは、女性陣ふたりが感情タップリに日浦さんにラブラブ視線heart04を送ってるのに、日浦さんったらツーンspade。「アタシ、オンナにはキョーミないの」なのかしら?ププdelicious


それにしてもこーやってアカデミー生の演奏を聴かせていただいて、改めて、オーケストラって難しいものなのねーtyphoon、って思っちゃったthink。100人近くの演奏家がまとまってビシッthunderと曲をつくるって、当たり前のように思ってたけどそんな簡単なものじゃないんだわね…。ふぅsign05。それとちょっと違和感があったのが、スクリーン映像の使い方。マーラーの5番での曲紹介は不要なのでは?NHKの名曲アルバムみたいで、演奏に集中できなかったワgawk


Img273さてこの日は、ってゆーかこの3連休(チッsign01わたくしには全然カンケーないケドgawk)は、25回記念に建立されたレナード・バーンスタイン像を中心とする屋外のエリアで、フリーコンサートを楽しめるイベントflagがいろいろ行われたようで、わたくしは、師匠・八條美奈子先生がご出演されるパークホテルhotelロビーに行ってみました。パークホテルでは開業50周年の記念事業として、倉庫に放置されていたスタインウェイのピアノを修復して、この度そのお披露目を兼ねてのロビーコンサート、とのことでした。このスタインウェイのピアノ、なんとマリア・カラスcrownがその生涯最後のコンサートを札幌で行った時、宿泊した部屋に彼女のために入れたピアノなんだそうです。スゲーcoldsweats02。こちらでも、バーンスタインつながりのミュージカル曲を中心に、「ウェストサイド・ストーリー」を堪能させていただきましたhappy01。先生からは「お気軽に~」なんて言われましたけど、イエイエどーして、キモチの入った充実の演奏でしたbell。それもわたくしの大スキheart02なナンバーばかりhappy02、映画や舞台のシーンが脳裏に浮かんでジーン…confident。午前の部では、ちょうど「マリア」が演奏されてる時に、チャペルに向かうブライド&グルームbellが通り過ぎて、ミュージカルのラストを想ってちょっと切なくなったり…weep


しかし、ホテルのロビーってゆー、ザワザワtyphoonしたフンイキで(午前中は体育会系sportsのニィちゃんらもいて、やたら子音bombが響き渡ってたsweat02)、ピアノの石井ルカさんも全く集中力sagittariusを途切れさせずに演奏されて、やっぱプロってスゴいなーshineと思いましたconfident。石井さん、とってもカワイらしい方tulipでしたが、震災遺児支援のチャリコンなどと骨太な企画punchを続けていらっしゃる立派なお方なのでしたclover。12月18日、会場も職場から近いですし、行けたら伺います~happy01


というわけで、バーンスタインに浸りまくりの一日wave、これもPMFのお蔭ですねーconfident。ありがたや、ありがたや、はぁぁ~sun(急にバァさんにcoldsweats01)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/19

歌劇「ナクソス島のアリアドネ」

Img267むおーdash、オペラ歌手、スゴすぎーッhappy02sign03オペラの面白さがイマイチわかんなかったわたくし、ちょっとばかし開眼したカモsign02 昨晩、Kitara大ホールにて行われたPMF25回アニバーサリープログラム、R.シュトラウス生誕150年記念のステージオペラnotes。北海道初演の演目だそうです。


18世紀のウィーンで、ある大富豪が、「宴の余興に喜劇芝居と悲劇オペラを同時に上演せよ」と執事に命じる。彼の気まぐれに作曲家は憤慨、歌手勢も顔色を変えるが、洒落気の強い演劇人は乗り気になり、「捨てられた王女アリアドネ」の筋立てに、コメディアンが堂々と絡むことに…』(公演リーフレットより)っていう筋書きなんだけど、この悲劇と喜劇の絡み合いrecycleが、それぞれの持ち味をお互いにより際立たせるっていうすごく巧みな構成diamond


Img268とにかく、コメディ組女優のツェルビネッタちゃんribbonのアリアがものすごいッsign01チョー難曲ッtyphoonsign01しかも長いッsign04sign01「歌えるもんなら歌ってみろや~punch」な曲を、天羽明惠さんがつるつるつる~~~sign05ってカロヤか~~~cloverに歌っちゃう。ホント、スゲー…coldsweats02なのよ。しかも、寝っころがりながらって、どんだけ腹筋鍛えてんのーッimpactsign02このヒトはーッsweat01sign02しかもゼッタイに音をハズしてない(と思う、たぶんsmile)。ものすごい技術だわよッshinesign01これはッsign03なのに、見た目可憐virgo。このツェルビネッタちゃん、あけっぴろげですっごくチャーミングcuteな女のコなのよねーribbon。天羽さんにビッタシなカンジでしたhappy01


Img269一方、シリアス組のヒロインboutique、王女アリアドネさん役の大村博美さんも良かったワーbell。わたくし、ドラマティコ系のソプラノはあんまり好みじゃないんだけど、大村さんはイイ~heart01。低音も弱音もしっかりと芯が通っててものすごく綺麗shine。役柄上、しどころがないっちゃーないんだけど、アリアドネさんのパートはギリシア神話ベースの悲劇なので、音楽が荘厳で神秘的でドラマティックでわたくし、めちゃ気に入りましたgood。2幕冒頭、アリアドネさんが捨てられちゃった孤島でのニンフたちの歌のシーン、それに続くアリアドネさんの絶望の歌、モロわたくし好みheart04。大村さんの、シンプルながらキラキラshineがちりばめられたふわっとしたドレス姿もとってもステキでした~heart


Img270で、その悲劇の王女さまにコメディ組が絡むシーンがこれまた傑作なのhappy02。PMFのロゴ入りTシャツt-shirtを着た、ツェルビネッタちゃんの取り巻き4人衆denimが、コミカルなダンスや歌で励まそうとするんだけど、王女さまは自分の絶望の淵にどっぷりつかってるwaveもんだから彼らを完全シカトsmile。ふんわりドレスでヨヨ…downとくず折れる周りで4人衆が歌い踊るシーンは、ギリシア悲劇を相対化してチャカした面白い場面ですねsmile。この時の大村さんの、ことさら「はぁぁぁぁ~ヨヨ…downdown」って芝居もナイスcatface


あとオモシロかったのは、舞踏教師さん。オネェkissmarkなのね~~smile。日浦眞矩さんという方でしたが、おみ足もウツクシくsmile、動きもナヨっとしてまさにオネェ舞踏教師note。お声もステキでした。ちなみに字幕のセリフも、コメディシーンでは特に、気の利いたナイスなものでしたねーhappy01。ラストに登場のバッカス、水口聡さんも堂々としたバッカスぶりwine。やっぱ美しいテノールshineはタマリません~~lovely


そして肝心のオケ。完全にわたくし歌い手さんに気を取られてeye、あんまりオケに集中できなかったんだけど、逆にそれだけ、芝居と一体化してたってことなんでしょーねーcoldsweats01。それでも2幕冒頭のヴァイオリンのソロから始まる音noteにはハッflairとさせられました。ウィーン・フィルのライナー・キュッヒル先生、サスガ、ですcrown。37人の小編成のオケですが、なんとまぁキラビヤかshineなことか。R.シュトラウスの音楽の成せるワザなのよねーspade


しかし、そのキラビヤかな大音響diamondをさらに凌駕upするのがオペラ歌手なのですよfuji。しかもふたりのヒロインは、全編に渡って歌いまくり。もー、わたくし、ひれ伏すのみpenguin。スゴすぎーcoldsweats02。(で、冒頭に戻るrecycle。)こんだけの大アリアを書いてpen、それを見事に歌いこなす歌手がいてnotes、ゴージャスな舞台が出来て…event、なんつったら、もしかしてオペラ作曲って一度ハマったらやめらんないもんなのかも知れないわねーcatface


いやー、つひにわたくしも、買うだけ買ってたオペラDVDcd、紐解く日来たのかも知れないわ~soon。ぎゃ~、ますます時間watchが足りない~~ぃッsweat01sign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/16

「バカの壁」

ほぼ10年前の大ベストセラー。養老孟司氏著book。これまた積読になってた1冊。いやー、なんでこんな本がベストセラーなんかになったのか全ッ然わかんな~いbearingtyphoon


まず文章がおかしいのよng。養老さんの独白を新潮社の編集部が文章化したもんだから、ですます体であるが混在していて読みにくいdown。ところどころ、主語が抜けてたりするから、すんごくデリケートな内容のところで何回読んでも何を言いたいんだか正確なところがつかめないのよねーgawk。一応校正とかしたのよねpencil?それでこれ?まぁ、わたくしバカだから理解できないだけなのかも知んないけどtyphoon


物事はいろんな面から見なければならない、ってゆー主旨には賛同するし、わたくしも日常心がけてるけども、そーゆってる著者自身の思い込み&言い切りの姿勢はどーなのー?ってカンジだしdespair。だいいち、サラリーマンやったことないヒトに、『サラリーマンというのは、給料の出所に忠実な人であって、仕事に忠実なのではない。』なんて断言されたくないワー。これこそが「バカの壁」。あッflairsign01もしかして、身を以て教えてくれてんのかしらッsign02深ッsign02


で、これが大ベストセラーになって10年余。日本の社会は変わったのかってーと、むしろ悪化してるわねー。なんせ時の首相が、バカの壁が服着て歩いてるようなもんだもんねーsmile


それにしても、ところどころイイこと、スルドいことはおっしゃってますが、『日本の場合)国境がなかったし、民族同士の殺し合いもしていないし、戦場になっていない。』って発言で全部台無しbomb


いくら新書とはいえ、ってか新書ならばこそ、「単なる印象でダラダラしゃべってるー」感を与えない構成にしていただきたかったわね。もー、わたくしたち読者、ナメられてるわよ、完全にdowndown

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/12

ベルリン・フィルハーモニー・ブラス・アンサンブル演奏会

Img265またまた大満足full、しあわせ~~heart04な夜nightを満喫させていただきました~~happy01。PMFのオープニング・プレコンサートとして一昨日の晩Kitara大ホールで行われた演奏会notes。もーとにかく、ステージに登場するその姿からしてチョーカッコ良くってshineshine、わたくしったらいきなり目がハート状態~~lovely


もーねー、「私は世界最高峰のベルリン・フィルのプレイヤーなのだよ」(ホルン奏者は女性boutiqueでしたケド)ってな神々しいfujiまでの自信に満ち満ちた余裕ブッかましdashの入場が、カッコ良過ぎんのよーッimpactsign01もうこれだけで、その演奏がスバラシいってのが確信される登場シーンsmile。そして、やっぱ燕尾dramaは欧米人のためにあるのよねーcatfaceな、その板についた着用姿。チクショーッbearingsign01なくらいステキ過ぎッheart02heart02sign01


Img266わたくし、金管のアンサンブルはいわゆるブラバンかビッグバンドくらいしか聴いたことがなかったんだけど、プログラム前半のヘンデルやバッハの演奏では、クラシックものでも金管ばかりだとほんとに華やかcrownでウキウキワクワクheart01するものになっちゃうのねーhappy02。金管のことはよくわかんないけど、ものすごいハイテクニックupが隠されてるんだろーなー、ってカンジがしました。金管のピアニシモってすごく難しいと思うんだけどdespair、彼らのなめらかなビロードみたいな弱音にはほんとにウットリlovely。フォルテでもノーブルさを決して失わない、オトナな音なんですねーspade。特に、たぶんコンマス的な役割のヒトなんだと思うけど、トランペットのオジサン(っつっちゃ怒られちゃうわねーbleah)、めっちゃウマかったーbell


プログラム後半の現代モノは、ほとんどウィニング・ランってカンジでしたがsmile、そこでの表現力にもただひたすら心地好く酔わせていただくのみwineベルリン・フィルで聴くグレン・ミラーって、なんたる贅沢ッcrownsign01会場も大盛り上がりでしたーfujihappy01


それにしてもPMF、スバラシいイベントですねぇconfident。わたくし、PMFが始まってから札幌に住んでた時期がほとんどなかったもんで、ちゃんと演奏会を聴かせていただくのは実は今回が初めてだったんだけど、その意義、この演奏会で一瞬にして悟りましたflair。PMFは世界中の若手演奏家chickを育てるために、世界の一流奏者shineが指導する教育イベントなんですけど、昨晩の演奏会も、本当はアカデミー生chickたちのために、教官でもあるトップアーティストshineがその演奏を聴かせる教育プログラムの一環なんですよねconfident。それに、わたくしたち札幌市民がお相伴bottleにあずかる、っていうのが正しい解釈なんだと思いますclover。札幌市民で良かった~~sun。いやー、ホントーに有難いことですよconfident


この演奏会を聴くまで、「ちぇッsign01ロリン・マゼール来ないのかーpout」とか「えー?スカラ座アンサンブルも中止だってかーsad」なんて思ってたけど、これからはPMFアカデミー生chickのアンサンブルやオケも出来るだけ聴きに行こーっとshoehappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/07

「三國志 第三巻」

宮城谷昌光さん著。三巻目に突入~dash


この巻、徐々に曹操や劉備が出てくるんだけど、とにかく劉備の人物像が第二巻に輪ぁかけてヒドいーbearing。うっそーんcrying、ってカンジ。わたくし内の劉備像、木っ端ミジン~~~impactbombsign01


とにかく劣等感がその根底にあるために、ヒトとしてエラく未熟であるなんてことが何度も言われちゃってもーボッコボコ状態sweat01。“仁義の人”として地元中国でもスゴい人気の関羽ですら、妻子を置いて故郷を出奔せざるを得ない後ろ暗さnewmoonがあるヒトだそうで、主従揃って、倫理的にくらいところがある、なんて書かれた日にゃ、なーんか、人間の奥深さなんてものを逆に感じちゃったりするわねーcoldsweats01。だけど、その劉備に関しては、宮城谷さんの、愛情に基づいた“いじり”みたいなものが感じられてほほえましかったりもsmile


宮城谷さんの文体は、ヒジョーに難しい漢字が頻出して、よく意味がわからないtyphoonところがあるんだけど、とりあえず、漢字の意味から類推するっていう、英文を読む時みたいな調子で読みすすめてるの。だけど、ところどころ、正直すぎてカワイイchick表現が出てきて、思わずプッdashてなるのよ~~happy01。『袁紹は、決断力のとぼしさ、予見力の低さ、洞察力の弱さがそろって、とても英雄とはよべない男であるが、(後略)』イヨッbellsign01三拍子揃ったぼんぼんッsign01とか、『訃報に接した公孫瓚は、袁紹の謝辞をしりぞけ、袁紹への復讎戦を展開した。こういうときに腕の長い、耳の大きな男が公孫瓚に面会を求めた。』って、それ、劉備じゃん。プッhappy02dashsign01


あと三兄弟に関して興味深いのは、趙雲と初めて出会うシーン。劉備に惹かれheart04た趙雲が、関羽と張飛が猛犬注意dogdangerってなかんじで劉備にビッタリ付従っているために、彼ら以上に優秀な人間が近寄れない、ってことに気づくのねflair。だけど後に彼は劉備の臣下になるし(だけど、関羽&張飛とは若干毛色が違うカンジ)、諸葛孔明が「三顧の礼」で迎えられるわけだから、その時、三人の間で展開されるドラマがどんな風に描かれるのか楽しみだわ~notes


さて、とりあえずここまで出てきたキャラの中でわたくしの一番のお気に入りは、孫堅さんspade。後に呉の国を建てた孫権ちゃん(マギラワしぃーtyphoon)のお父さん。南の方の人なので、ラテン的な明るさsunが小気味よくってーnote。戦場でも、大将なのにどしどし先陣を切っちゃうとこもステキlovely。しかも負け知らず。カックイーッfujisign01


「演義」バージョンにすっかり慣らされてる目には、ウロコパラパラfishの”宮城谷版三國志”、ニューワールドnewをバンバン見せてくださいーッgoodsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »