« 「三國志 第三巻」 | トップページ | 「バカの壁」 »

2014/07/12

ベルリン・フィルハーモニー・ブラス・アンサンブル演奏会

Img265またまた大満足full、しあわせ~~heart04な夜nightを満喫させていただきました~~happy01。PMFのオープニング・プレコンサートとして一昨日の晩Kitara大ホールで行われた演奏会notes。もーとにかく、ステージに登場するその姿からしてチョーカッコ良くってshineshine、わたくしったらいきなり目がハート状態~~lovely


もーねー、「私は世界最高峰のベルリン・フィルのプレイヤーなのだよ」(ホルン奏者は女性boutiqueでしたケド)ってな神々しいfujiまでの自信に満ち満ちた余裕ブッかましdashの入場が、カッコ良過ぎんのよーッimpactsign01もうこれだけで、その演奏がスバラシいってのが確信される登場シーンsmile。そして、やっぱ燕尾dramaは欧米人のためにあるのよねーcatfaceな、その板についた着用姿。チクショーッbearingsign01なくらいステキ過ぎッheart02heart02sign01


Img266わたくし、金管のアンサンブルはいわゆるブラバンかビッグバンドくらいしか聴いたことがなかったんだけど、プログラム前半のヘンデルやバッハの演奏では、クラシックものでも金管ばかりだとほんとに華やかcrownでウキウキワクワクheart01するものになっちゃうのねーhappy02。金管のことはよくわかんないけど、ものすごいハイテクニックupが隠されてるんだろーなー、ってカンジがしました。金管のピアニシモってすごく難しいと思うんだけどdespair、彼らのなめらかなビロードみたいな弱音にはほんとにウットリlovely。フォルテでもノーブルさを決して失わない、オトナな音なんですねーspade。特に、たぶんコンマス的な役割のヒトなんだと思うけど、トランペットのオジサン(っつっちゃ怒られちゃうわねーbleah)、めっちゃウマかったーbell


プログラム後半の現代モノは、ほとんどウィニング・ランってカンジでしたがsmile、そこでの表現力にもただひたすら心地好く酔わせていただくのみwineベルリン・フィルで聴くグレン・ミラーって、なんたる贅沢ッcrownsign01会場も大盛り上がりでしたーfujihappy01


それにしてもPMF、スバラシいイベントですねぇconfident。わたくし、PMFが始まってから札幌に住んでた時期がほとんどなかったもんで、ちゃんと演奏会を聴かせていただくのは実は今回が初めてだったんだけど、その意義、この演奏会で一瞬にして悟りましたflair。PMFは世界中の若手演奏家chickを育てるために、世界の一流奏者shineが指導する教育イベントなんですけど、昨晩の演奏会も、本当はアカデミー生chickたちのために、教官でもあるトップアーティストshineがその演奏を聴かせる教育プログラムの一環なんですよねconfident。それに、わたくしたち札幌市民がお相伴bottleにあずかる、っていうのが正しい解釈なんだと思いますclover。札幌市民で良かった~~sun。いやー、ホントーに有難いことですよconfident


この演奏会を聴くまで、「ちぇッsign01ロリン・マゼール来ないのかーpout」とか「えー?スカラ座アンサンブルも中止だってかーsad」なんて思ってたけど、これからはPMFアカデミー生chickのアンサンブルやオケも出来るだけ聴きに行こーっとshoehappy01

|

« 「三國志 第三巻」 | トップページ | 「バカの壁」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/59968665

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリン・フィルハーモニー・ブラス・アンサンブル演奏会:

« 「三國志 第三巻」 | トップページ | 「バカの壁」 »